クーラーボックスを改造!100均のアルミシートで保冷力をアップする!

スポンサーリンク

夏になると、キャンプやBBQ、釣りなどにクーラーボックスが大活躍です。

クーラーボックスはホームセンター等で安価なものも販売されていますが、保冷力は価格なりです。

安くても保冷力の高いクーラーボックスはないものか?

ないならば、作ってしまえ!

実はこのクーラーボックス、改造して保冷力を高めることができます。

今回は、クーラーボックスの改造の仕方を紹介します。

保冷力をアップする方法

保冷力をアップするために、クーラーボックスの内側にアルミシートを貼り付けます。

アルミシートは100円ショップで購入できます。

作業手順は次の通りです。

  1. 内箱を取り出す。
    クーラーボックスは二重構造になっているので、内箱と外箱を分離します。
  2. アルミシートを貼り付ける。
    内箱の外側に、アルミシートを貼り付けます。
    このとき、アルミシートの光ってる面が外側になるようにします。
    アルミシートの固定には、アルミテープを使います。アルミテープも100円ショップで入手できます。
  3. 内箱を外箱に戻す。
    貼り付けたアルミシートの厚さの分、外箱に入りにくくなります。
    どうしても入らない場合、部分的にアルミシートを切り取ります。
  4. 所要時間は、約2時間です。

では、クーラーボックス改造の動画をどうぞ。

さらに保冷力をアップする・・・ウレタン注入!

さらに保冷力をアップするために、内箱と外箱との間に発泡ウレタンを注入する方法もあります。発泡ウレタンは1000円前後で入手できます。

これをやると保冷力は格段に向上します。

しかし、この作業はちょっと難しい。
上級者コースです。

なぜなら、発泡ウレタンの扱いが、慣れないと難しいからです。

  • ウレタン材が手につくと、なかなか落ちません。
  • ウレタン材を注入するために、外箱にドリルなどで何か所も穴を開けないとなりません。
  • ウレタン材を均等に注入する必要があります。場所によっては、ウレタン材がなかなか固まらず、ムラになりがちです。
  • 注入量が多すぎると、外箱が膨らんで変形したりします。微妙な変形でも蓋が閉まらなくなったりします。

チャレンジャーな先人の方たちが、大変苦労されています。
ネットで探せば、ウレタン注入の苦労話がたくさん出てきます。

20160618_013216 クーラーボックスにウレタン材を注入
出典:てきとうすぎる日常。。。

そこまで労力と時間をかけるのであれば、保冷力の高い、高級なクーラーボックスを購入した方が、コストパフォーマンスは高いと思われます・・・

保冷力をアップする使い方

ハードウェア的に保冷力をアップしたら、次はソフトウェア的(使い方)で保冷力をアップしましょう。

使い方に気を付けるだけで、中身の冷たさは長持ちします。

  • 大きな冷蔵庫があれば、使用する前夜からクーラーボックス自体を冷蔵庫で冷やしておきます。大きな冷蔵庫があれば、ぜひ。
  • 大きな冷蔵庫が無い場合、前夜から氷や保冷剤をクーラーボックスに入れて、クーラーボックス自体を冷やしておきます。
  • 保冷剤としては、-16度まで冷えるアウトドア用の超強力タイプがあります。これを使います。ただし、氷点下まで冷えるので、食品と密着させると食品が凍ってしまうことがあるので注意です。
     → キャプテンスタッグ スーパーコールドパック S M-6928
  • 保冷材だけを入れるサブのクーラーボックスを用意します。食品を入れているクーラーボックスの保冷剤がぬるくなったら、サブの保冷材と交換します。

まとめ

クーラーボックスの改造により、保冷効果を高めることができます。

さらにクーラーボックスの使い方に、ちょっと気を配ることより、さらに保冷効果を持続できます。

工夫して効果を高めるのは、なんか楽しいですね!

それでは冷たいクーラーボックスで、夏のアウトドアレジャーをたっぷりとお楽しみください。