スポンサーリンク

サーキュレーターの掃除、アイリスオーヤマ製は分解できたよ

スポンサーリンク

我が家で夏も冬も大活躍のサーキュレーター。

購入して早や4年。
いや、早や5年??

使っていると、日々ホコリが溜まっていきます。

まあいいか、後でやろう・・・
と放置していたら、さすがに看過できないほど、ホコリが溜まってきました (^^;
 ↓
サーキュレーター、アイリスオーヤマ 分解掃除

むう。
汚い (-_-;

ということで、重い腰をあげてサーキュレーターを掃除してみました。

今回は、サーキュレーターの掃除の仕方と掃除道具について紹介します。

やってみたら簡単でした。
「面倒くさーい」と思ってる方も、重い腰さえあげればチャッチャと掃除できますよ。

スポンサーリンク

準備するもの

今回準備したのは、次の3点です。

 ・雑巾(いらない布切れ)
 ・小さなホウキ(100円ショップ製)
 ・掃除機

掃除の方法

ではでは、掃除の手順を紹介しましょう。

分解します

まずは、サーキュレータを分解します。

「分解しないで下さい」と取扱説明書に書かれているものもありますが、大抵はネジを外すと分解できます。*ここは自己責任でお願いします。

うちのサーキュレータは、アイリスオーヤマのENC-20Kという製品ですが、ネジが見つかりませんでした。なので分解できないタイプだと思っていたのですが、じっくり眺めてみたら、固定用のツメが4ヶ所見つかりました。このツメを押し込んでみたら、前面パネルがあっさり外れました。

ツメはこんな感じ。
 ↓
サーキュレーター、アイリスオーヤマ 分解掃除、ツメ

ツメは2ヶ所はずしたら、後は自然にゆるんだので、前面パネルを外すのは簡単でしたよ。

サーキュレーター、アイリスオーヤマ 分解掃除、汚い

うー、汚ーい!!
羽も汚いよー!!
 ↓
サーキュレーター、アイリスオーヤマ 分解掃除、羽

しかし分解できるのはココまで、でした。

羽や裏ブタは、どうやってもはずせなかったので諦めました。
人生アキラメも肝心ですよね。

掃除します

前面パネルは風呂場で水洗いしました。
使ったスポンジが真っ黒になりました。ゲロゲロ

残りの部分は、まず用意した小さなホウキでホコリを落としました。

小さなホウキとは、これです。
100円ショップ(キャンドゥー)で購入。
 ↓
100円ショップキャンドゥーの小さなホウキ
このホウキ、足が長いので、後面カバーの奥のホコリにも余裕で届きます。助かりました。

ホコリを落とした後は、雑巾で拭き上げます。

普通の布の雑巾でもいいのですが、私はキンチョーサッサを使いました。
水入らずなので手軽に使えます。


キンチョーサッサ 3枚入

この手の雑巾としては、激落ちくんも人気があるみたいです。


激落ちどこでもウェットシート

布の雑巾で拭き上げるなら、重曹(じゅうそう)を使うと良いと思います(私なら使います)。重曹を使うとめっちゃキレイになりますからね。しかも安い!


自然にやさしい重曹 お徳用(1kg)

組み立てます

外した部品を本体に組み付けます。

ツメの位置を合わせて押し込むだけなので簡単でした。

無事に復元、組み立て完了!
 ↓
サーキュレーター、アイリスオーヤマ 分解掃除

ピカピカになりました。
見よこの勇姿!!

得られた教訓

サーキュレーターは、想像以上に汚れます。4年も経つと綿ゴミがたんまりと溜まっています。もちろんこれ、ダニの巣窟になってると思われます。ギョエー

ということで、定期的な掃除は必須なわけですが、掃除するには分解せざるをえません。(何らかの手段で)分解できないと掃除できないのです!

よって、次に買う時は必ず分解可能な製品にします。絶対に、です。

例えばこれ。
 ↓

【前面カバーが外せて羽根が洗える】 ターボサーキュレーター HFT-2114-BK

商品説明を読むと、ワンタッチで前面カバーがはずせて、羽も水洗いできると書いてあります。羽まで取り外せるのがイイですよね。これぞ求めている商品です。

こちらのアイリスオーヤマも前面パネルを取り外せます。
 → アイリスオーヤマ PCF-HD18-B

でも商品ページにはそのことは書かれていません。取扱説明書を読めば書いてあります。
 → www.irisohyama.co.jp/products/manual/pdf/271088.pdf

このように、洗えることを明確に打ち出しているサーキュレーターって少ないです。需要はめっちゃあるんですけどねえ。

あとがき

サーキュレーターの分解掃除の方法を紹介しました。

前面パネルさえ外せれば、雑巾で拭いたり水洗いできます。

私はホコリを払うのに、100円ショップのミニホウキを使いました。これオススメです。

商品によっては『絶対に分解しないで下さい』と記載されているものもあります。でも分解しないと掃除できません。この点、メーカーはどう考えてるんでしょうね?

ということで、サーキュレーターを購入する際には、分解して掃除できるのかを必ずチェックしましょう。

いやー、それにしても汚かったなあ。これからは、年の瀬の大掃除とか年1回くらいは掃除しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索