スポンサーリンク

お守り返納の5つの方法!時期と場所は?初詣でもOK!

スポンサーリンク

古くなったお守り、どうしています?

毎年初詣の時にお守りを購入するんだけど、返納してないものだから、家に大量のお守りがある、なんてことも・・・
また、返納したいお守りがあるのに、返納方法が分からないので、ずっと持ち続けている場合もあります。

お守り

お守りは、モノがモノだけに、変に処分すると災いがありそうで、ためらいますよね。古いお守りはどのように取り扱えばいいのでしょうか。

そこで今回は、古くなったお守りを返納する5つの方法をお伝えします。

ところで、お守りはいつ返納すればいいのでしょうか。そもそも返納しないと、何かマズイのでしょうか。

スポンサーリンク

お守りはいつ(どんな時)返納するの?

お守りを返納するのは、ひとつは願いが成就した時です。例えば合格祈願のお守りは、合格したら役割が果たされたとして、感謝とともに返納します。

また、お正月などにお守りを買い換える時に返納します。
その他には、お土産などで頂戴したお守りが古くなった時にも返納します。

通常、お守りは1年経ったら返納し、新しいお守りに買い換えるものと言われます。しかしこれは、お守りの有効期間が1年だからではありません。

お守りを買い換えるのには、私達が決意を新たにするため、自分自身を見つめ直すため、けじめをつけるため、などの意味があるのです。お正月などにお守りを買い換えるのは、正にこの目的のためです。

また、古くなったお守りを持ち続けていると厄災が起きる、なんてこともありません。

ですから、お気に入りのお守りや、思い入れのあるお守り、大切な人からもらったお守りをずっと持ち続けていても、何の問題もないのです。

ということで、お守りの返納にこだわる必要は全くありません。

では、お守りを返納する理由がわかったところで、返納方法を紹介しましょう。

お守りの返納方法

お守りには、次のような返納方法があります。

  • 購入した寺社に返納する。
    お守りを購入した寺社に出向き、返納箱などに入れます。
    購入した寺社が遠方にある場合、お守りを郵送しても良いです。郵送する前に、相手の寺社に郵送して良いか確認をとりましょう。
  • 最寄りの寺社に返納する。
    購入した寺社が遠くにある場合などに、最寄りの寺社に返します。
  • 初詣の時に返納する。
    初詣の時期には、多くの寺社に返納所・返納箱が設置されます。私は毎年明治神宮に初詣しますが、原宿駅側の大鳥居の横に返納所があります。
  • お正月のどんと焼きで燃やす。
    近所の寺社でどんと焼きがあれば、その際にお焚きあげします。
  • 自分で焼却する。
    お守りを半紙で包み粗塩をかけます。そして感謝の気持ちとともに、焼却します。
    灰は下水に流すか、土に埋めます。

寺社の返納所・返納箱の近くには、お賽銭箱が設置してある場合があります。その際は返納料として気持ち(100円~500円くらい)を入れましょう。お焚きあげしてもらうことに対する、感謝の気持ちです。

注意 ワンポイント 038564自分で焼却が不安な場合
自分で焼却することに「何となく後ろめたい気持ち」や「罰が当たりそう」などの思いがある場合は、やはり寺社に返納しましょう。

後々何か起きた時に、「あの時にお守りを返納しなかったのが悪かったのかも」と事ある毎に思い出すようになると、最悪です。心が安らぎません。返納は気持ちよく終わらせたいものです。

神社で購入したお守りをお寺に返納できる?

旅先の神社で購入したお守りを返納したいんだけど、近所にはお寺しかない・・・こんな場合もありますよね。またその逆パターンも。

多くの場合、お寺も神社も、どこで買ったかは問わずに返納を受付けてくれます。

「これはうちの管轄じゃないから、受け取れません!」なんて狭量な寺社は、ほとんど無いと思いますよ。

日本のお守り 神さまとご利益がわかる (楽天)

阿須賀神社

お守りを賽銭箱に入れない!

時々、返納するお守りをお賽銭箱に投げ入れる人がいるようです。

神さま仏さまは寛大ですから許してくださるかもしれませんが、神主さんや住職さんはいい気持ちはしないでしょう。私だったらムっとします (-_-メ)

人の気分を害するような人に、神仏の加護があるとは思えません。神主さん住職さんの気持ちを考えて、くれぐれも、賽銭箱にお守りを投げ入れないようにしましょう。

お守りの返納方法まとめ

お守りには、次のような返納方法があります。

  • 購入した寺社に返納する。
  • 最寄りの寺社に返納する。
  • 初詣の時に返納する。
  • お正月のどんと焼きで燃やす。
  • 自分で焼却する。

お寺で購入したお守りを、神社に返納するのも(その逆も)大丈夫です。
日本の神さま仏さまは寛容なので、ありがたいですね。

ただ、お守りは1年で返納しなくてはならないものでもありません。思い入れのあるお守りは、いつまでも持っていて構いません。

お守りを時々見ることにより、自分の当初の決心を再確認する、それがお守りを持つ意味だと思います。そして挫けること無く精進していると、神仏の加護や周囲の協力が得られるのではないか、私はそう思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索