スポンサーリンク

Windowsスクリーンショットのやり方!範囲指定もモザイクかけも簡単!

スポンサーリンク

パソコンを使っていて、
「この画面を残しておきたい!」
とか
「この画面をコピーしてブログに載せたい! Excelに貼り付けたい!」
とか、ありますよね。

実はWindowsには、画面を簡単にコピーできる機能が付いています。その名は『スクリーンショット』機能!

今回は、このスクリーンショット機能の簡単な使い方を紹介しますね。画面全体や、範囲を指定してのスクリーンショットも撮れますよ。また、撮ったスクリーンショットにモザイクをかける方法も紹介しますね。

ではでは、始めましょう。

スポンサーリンク

Windowsスクリーンショットの簡単なやり方

スクリーンショットのやり方は、とても簡単です。方法は2つあります。

方法1:『Print Screenキー』を押す

最初の方法は、『Print Screenキー』を押すだけです。

Windowsスクリーンショットの簡単なやり方(1)

それだけで、画面全体のスクリーンショットがクリップボードにコピーされます。
簡単ですね~

注意 ワンポイント 038564クリップボードって?
クリップボードとは、データを一時的に保存しておく(パソコンの中の)場所です。
例えばExcelでセルを選択して『コピー』できますよね。あの時に、セルのデータはクリップボードという場所にコピーされているのです。

クリップボードに保存されたスクリーンショットは、ペイントやExcel、Wordに簡単に貼り付けできます。ペイントやExcelの編集メニューから『貼り付け(P)』を選ぶだけです。

方法2:『Windowsキー』と『Print Screenキー』を同時に押す

Windows10やWindows8/8.1になると、もっと便利です。
キーボードの『Windowsキー』と『Print Screenキー』を同時に押します。

Windowsスクリーンショットの簡単なやり方(2)

上記2つのキーを同時に押すと、画面が一瞬暗くなります。この瞬間に、画面のスクリーンショットが取得されて、ファイルに自動的に保存されます。

Excelとかペイントなどを使わなくても自動的に画像がファイルに保存できますから、何度もスクリーンショットを撮る場合にはとても便利です。

では、その保存先はどこでしょうか。

windowsスクリーンショットの保存先はココ

ファイルの保存先はこちらです。
C:\Users\[ユーザ名]\Pictures\Screenshots

2016-08-30_17h08_53

スクリーンショットを撮るたびに、ここにファイルが追加されていきます。
便利ですね!

注意 ワンポイント 038564 用語について
画面の『スクリーンショットを撮る』のと同じ意味の言葉として、
 ・画面をキャプチャする
 ・画面コピーを撮る
という表現があります。
どちらも良く使いますので、覚えておくと便利です。

では次に、ちょっとした応用編を紹介します。応用編と言っても、簡単ですよ!

windowsスクリーンショットの応用編

ここでは応用編として、次の3つの方法を紹介しますね。

  • 特定のウィンドウだけをキャプチャする方法
  • 範囲指定でキャプチャする方法
  • 画像にモザイクをかける方法方法

特定のウィンドウだけをキャプチャする方法

先に紹介した方法ですと、画面全体がキャプチャされます。しかし場合によっては、特定のウィンドウだけをキャプチャしたい場合があります。
例えば、InternetExplorerの画面だけをキャプチャしたい場合など、ですね。

この場合には、次のようにします。

  1. キャプチャしたいウィンドウを前面に表示させます。
  2. 『Altキー』と『Print Screenキー』を同時に押します。

P_20160830_150505

以上で、そのウィンドウのスクリーンショットがクリップボードに保存されます。
取得したスクリーンショットの画像は、Excelやペイントなどに貼り付けて使います。

範囲指定でキャプチャする方法

画面の特定の場所を切り抜くようにキャプチャすることもできます。例えばYoutubeの動画から、好きなシーンだけ画像として保存する、なんてことができます。

これを行うには、『Snipping Tool』を使います。
ツールの起動はこちらから。

startmenu-snipping-tool

起動するとこんが画面になります。

2016-08-30_18h06_41

ここで、左端の新規作成をクリック。

すると、画面全体が白っぽくなりますので、切り取りたい部分をマウスで選択します。

ren0077

切り取った部分が『Snipping Tool』に表示されますので、ファイルに保存しましょう。

2016-08-30_19h45_03

このようにして、画面上のどこでも範囲を指定してキャプチャできます。

画像にモザイクをかける方法方法

ブログや納品する資料に画像を載せる場合に、画面の一部にモザイクをかけたい場合があります。

その場合には、無料のツール『JTrim』を使います。
ダウンロードはこちらから → JTrim (窓の杜)

JTrimを起動して、モザイクをかけたい画像を読み込ませます。
そして、モザイクをかけたい部分をマウスで(ドラッグして)選択します。
ツールの『モザイク』ボタンを押します。

2016-08-30_19h17_30

モザイクの粗さを設定するダイアログが出ますが、ここは変更なしでOKをクリックします。

2016-08-30_19h17_53

すると、指定した範囲にモザイクがかかります。

2016-08-30_19h18_24

いかがだったでしょうか。簡単ですね!
これで、スクリーンショットを自由自在にとって、見せたくない部分にはモザイクをかけて、安全に利用できるようになりました。

まとめ

Windowsでのスクリーンショットの撮り方を紹介しました。
次の2つの方法があります。

  • 方法1:『Print Screenキー』を押す。
  • 画像データはクリップボードに保存されます。

  • 方法2:『Windowsキー』と『Print Screenキー』を押す。
  • 画像データはスクリーンショットフォルダに保存されます。

どちらもキーを押すだけなので、とても簡単です。

応用編としては、次の方法を紹介しました。

  • 指定範囲をキャプチャするには、『Snipping Tool』を使う。
  • 画像にモザイクをかけるには『JTrim』という無料ツールを使う。
  • 特定のウィンドウをキャプチャするには『Altキー』と『Print Screenキー』を押す。

簡単・便利なので、ぜひご活用ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索