『縮小専用』で縮小すると、イラストの背景が真っ黒に。対応方法は?

スポンサーリンク

ブログを運営していて欠かせないのが、フリーのイラスト画像です。

記事のアイキャッチ画像として、
また記事中のワンポイントとして、
私もフリーのイラストをありがたく使わせてもらっています。

そこで欠かせないのが、画像の縮小ツール『縮小専用。』です。
本ツールは、画像ファイルをドロップするだけで縮小処理が完了するという簡便さが魅力です。

愛用されている方も多いのではないでしょうか。

ところが困ったことがあります。

それは時々、『縮小専用。』を使うと縮小後の画像の背景が真っ黒になってしまうのです。

例えばこんな感じです。
変換前の画像 ↓

変換後の画像 ↓

背景がまっ黒くろすけ・・・(T_T)

特に顕著なのが、『いらすとや』さんの画像を使った場合です。『いらすとや』さんの画像を縮小すると、(経験上)ほとんどの画像で背景が黒塗りになってしまいます。

原因は不明ですが、png形式が関係してるような気がします。

とにかく、『いらすとや』さんには魅力的な画像が多いので、これは大変困ります・・・

私同様、この現象にお困りの方も多いと思います。

ということで、背景が黒くならない画像の縮小方法を調べてみました。

回避方法

方法1:Windowsのペイントを使う

すぐに思いつく回避方法が、Windowsに付属しているペイントツールを使うことです。

これを使って縮小すると、背景は黒くなりません。

ヤッター、メデタシ、メデタシ!

と言いたいところですが、残念ながらそうはなりませんでした。

ペイントを使う場合、いちいち画像ファイルを開いて、サイズを指定して、キャンパスを縮小して、と何手間もかかるのです。

『縮小専用。』なら一手間で済んだのが、ペイントでは何手間もかかるので、非常にストレスに感じます。正直言って、毎日の作業には使えません。

そこでネットを探し回ったところ、いい無料ツールが見つかりました。

方法2:Ralpha Image Resizerを使う

現在のところ、一番のお薦めなのが Ralpha Image Resizer です。
 → Ralpha Image Resizer(Vector)

このツール、インストールしたばかりだと、ペイントと同じく縮小に数手間かかるのですが、ちゃんと設定してあげれば、『縮小専用。』と同じく一手間で縮小できるようになります。

次にこの設定を紹介しますね。

ツールの設定

まず起動直後の画面です。
 ↓

①ファイル名生成規則を図のように「Resized\」とします。
これで縮小後、『縮小専用。』の場合と同じフォルダに出力されます。
②リサイズにチェックを入れます。
③変換後のサイズ(長辺)を入力します。

次にメニューから「設定」→「システム設定」をクリックします。
 ↓

システム設定ダイアログにて、
「変換後にリストから削除」にチェックを入れます。
 ↓

以上で設定は終了です。

これで、Ralpha Image Resizerに画像ファイルをドロップするだけで、画像が縮小されるようになります。

『いらすとや』さんのお気に入り画像

私は『いらすとや』さんのイラストが、けっこう好きです。
 → かわいいフリー素材集 いらすとや

『いらすとや』さんでは優等生的な当たり障りのないイラストが前面に出ていますよね。ですがその一方で、ちょっとクセのある時事的、あおり的なイラストも結構あるんです。

ここでは、そんなちょっとクセのあるイラストを紹介してみたいと思います。

まず最初に、中二病的なやつ。

人材の使い捨て、かなC。

漫画家の使い捨て。
c○mico事件にすぐ対応した模様です (^^;

VRで家族に醜態を見られるところとか。
はずかC。

これはどこぞの国の将軍様ですね。
イラストのタイトルは『マスゲーム』ですが(^^;

社畜のイラストもありますよ。

いかにも悪そうな熊!

さらに悪そうなクマンバチ!!

ほんと、『いらすとや』さんには何でもあります。奥が深い!

まとめ

『縮小専用。』を使った時に背景が黒くなる現象の対応方法を紹介しました。

 ・方法1:Windowsのペイントを使う
 ・方法2:Ralpha Image Resizerを使う

お薦めは無料ツールの
Ralpha Image Resizer
です。
初期設定をしてあげると、ほとんど『縮小専用。』と同じ感覚で使えます。

こんな便利なツール&イラストを無料で使えることに感謝ですね!
いい時代になったものです。