ジューサーの回転刃がなまったので研いでみた。替刃の購入はそのあとで。

スポンサーリンク

夏になると我が家ではジューサーが活躍します。
果物を使ってジュースを作るんです。

我が家のジューサーはamazonで購入した激安品ですが、実によく働いてくれます。
もう3年位つかっていますが安いのに故障知らずで、とても助かっています。

ですが、そろそろ回転刃がなまってきたみたいで、ジュースの舌触りがザラザラするようになりました。

まあそうですよね、果物だけじゃなくて氷までガリガリ粉砕させてますから、回転刃も切れ味が落ちてくるでしょう。

ということで、回転刃を研いでみることにしました。

100円ショップの包丁研ぎ

回転刃を研ぐために、100円ショップ(CanDo)で包丁研ぎを購入しました。

100円ショップの包丁研ぎ

100円ショップの包丁研ぎ

100円ショップの包丁研ぎ

100円ショップの包丁研ぎ

最初はホームセンターで金物用のヤスリを購入しようと思ったのですが、何番のを買えばいいのか迷ってしまいました・・・

だったら100円ショップの包丁研ぎでいいかな、と安易に妥協しましたですよ(^^;

研いでみた

包丁研ぎで実際に刃を研ごうとすると、むむむ・・・ヤスリがでかいよ。うまい具合に刃を研げません。

100円ショップの包丁研ぎ

回転刃が上向きに跳ねてる部分は問題ないです。研げないのは、下向きに跳ねてる部分。ヤスリがでかくて、うまくヤスリを刃に当てれません。

ジューサーの回転刃

まあ仕方ないですね、100円ですからね。
研げるところだけ研ぎましたよ。

でも刃が固くて、ヤスリの方ががボロボロと削れます。そうとう柔らかい砥石みたいです。砥石が削れて細かな粉がけっこう出ました。

研いだあと指先で回転刃を触ってみると、なんとなく鋭くなっているような『気が』しました笑

うーむ、効果は微妙だな・・・

切れ味は・・・

実際に研いだ回転刃を使ってジュースを作ってみましたよ。

材料はメロンです。夕張メロンみたいなネット(網目)があるやつじゃなくて、もっと安い、つるっとしたやつです。

このメロンのヘタとお尻(底部)を除去して、残りの部分を角切りにします。種もそのまま、皮ごと使います(よく洗いましたよ)。これをジューサーに放り込んでジュースにしました。

先週同じ方法で作ったジュースは、美味しくはあるんですけど、メロンの皮がまだ十分に粉砕されていない感じでした。繊維が残ってました。

今回は・・・うーむ、前回よりはなめらかになったけど、まだ繊維質が舌に感じられます。ジューサーの購入直後は、もっともっとなめらかな舌触りでした。研ぎ方が足りないようです。

別のヤスリを購入

今回の100円ショップの包丁研ぎでは 期待していたレベルの切れ味は回復しませんでした。

ということで、もっと細いヤスリを購入することにしました。もうamazonに発注済み!

この新しいヤスリでも一度回転刃を研いで、切れ味回復に挑戦します。

まとめ

うちで使っているジューサーは『FUKAI ジュースミキサー ブルー FJM-601』という製品です。amazonで2,500円の激安品。

なので回転刃がなまったら回転刃を買い替えたり、それこそ製品ごと買い替えでも金額的には惜しくないのですが、それってエコじゃないですよね。なので回転刃は研いで復活させたいのです。それで復活できなかったら、買い替えますかねえ・・・

100円ショップの包丁研ぎではうまく研げなかったので、次は金物用のヤスリセットで挑戦します。

結果はまた追記します。

タイトルとURLをコピーしました