スポンサーリンク

お盆休み2017の期間、いつから いつまで?

スポンサーリンク

日本の勤労者にとっての3大休暇の一つがこれ、お盆休みです(ちなみに他の二つは、ゴールデンウィークと年末年始)。

お盆休みは日本の勤労者にとっては、とっても貴重な休みです。

田舎に家族で帰省したり、ご先祖様のお墓参りをしたり、自分自身の慰安のために旅行に出かけたり・・・

家族であれば、子供さんも夏の旅行を大変楽しみにしていることでしょう。

suikawari 夏休み スイカ 海

思いっきりのんびりして、リフレッシュしたいところです。

充実したお盆休みを過ごすには、事前にしっかり計画を立てておくことが大切です。

ですが、実際のお盆休み期間は、会社や業種によって微妙に異なります。
本記事では業種ごとにお盆休み期間の概要をまとめました。

お盆休みの計画にお役立てください!

スポンサーリンク

2017年お盆休みは、いつから いつまで?

2017年の8月のカレンダーを見てみましょう。

多くの会社ではお盆休みは8月13日~16日が一般的です。8月13日は『お盆の入り』、16日は『お盆の明け』です。

2016年から8月11日に『山の日』という祝日が追加されました。
2017年の8月11日は金曜日ですので、11日~16日まで、うまくいけば6日間の長期休暇となります。

8月16日がお休みではない会社でも5日間の連休です。
ちょっとゆっくりできそうですね。

なぜに山の日が追加された?

聞くところによると、「海の日があるのに山の日がないのはおかしい」という日本山岳会・登山関係者からの陳情があったとか。

当初は8月12日を祝日にする案だったのですが、その日は日航機123便墜落事故の日でもあったため、事故の日を祝日とするのはいかがなのものか、という指摘があり、11日になりました。

まさに『政治とは妥協の産物である』という言葉を彷彿とさせる裏話です(^^)

それでは次は『川の日』の制定でしょうか??? 日本山岳学会ならぬ日本河川学会(あるのか?)の出番ですね。

お盆休みは業種で違う

お盆休みの期間は、業種毎に違っています。

お役所や郵便局、銀行など

カレンダー通りのお休みで、お盆休みはありません。

なので、8月15日、16日ともに営業しています。

郵便局、銀行のATMも通常通り稼働してますので、お金の引き出しも可能です。

病院

公立病院は基本的にカレンダー通りの営業です。
2017年は8月15日、16日ともに平日なので営業しています。

個人病院の場合は、院長さんが自由に休みを決めますので、お盆期間は休みになるところもあります。

公立・個人問わず、詳しくは個々の病院にお問い合わせください。

メーカー

よほど注文が溜まっていない限り、お盆期間中はお休みです。
メーカーではお盆休みを長めに設定するところも多いです。

例えば2017年、トヨタ系のお盆休みを探してみると・・・

出典:www.denso.co.jp

8月12日~8月20日まで、9日間のお盆休みがあります。
お盆休みというか、夏休みという位置づけでしょう。

実はこれはトヨタの関連企業デンソーの稼働日カレンダーですが、ほぼトヨタカレンダーと同じです。

旅行代理店・観光施設

お盆期間中も元気いっぱい営業中です。

というか、かき入れ時なので休めません^^

人様が遊んでいるときにこそ働いて稼ぐ、というのは商売の基本かもしれませんね!

IT企業

私が勤めていたIT企業では、カレンダー通りのお休みで、お盆休みはありませんでした。

その代わり、夏休み・夏季休暇と称して、別途1週間ほどのお休みが奨励されていました。社員各自が時期をずらして、業務に支障が出ないよう工夫していました。

7月に入ると、社内システムに夏休みの予定を書き入れる画面が準備され、社員はそこに希望する夏休み期間を登録する仕組みです。

早い人で7月、遅い人は10月ころに夏休みを取っていました。

最近ではこのように、お盆に一斉に休むのではなく、社員が時期をずらして夏休みを取る会社も増えているようです。

まとめ

お盆休みがいつからいつまでか、紹介しました。多くの会社では8月13日~16日頃です。

2016年から8月11日(山の日)が国民の祝日になりましたので、休みが長くなる傾向にあります。

あなたの会社のお盆休みはいつからいつまででしょうか。

充実した休暇がすごせるよう、十分に計画を立てて下さいませ。

お休みのご利用は計画的に・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索