スポンサーリンク

自宅にたまった小銭を銀行に預金する方法。両替も出来ます

スポンサーリンク

生活していると、知らない間に財布に小銭がたまってしまいます。

財布が小銭でパンパンになると、なんか格好悪いです。扱いにくいし・・・

ということで、私はたまった小銭は自宅の空き瓶に移しています。みなさんはどうしてます?

先日この空き瓶もフルフルになってきたので、どうしたもんかと考えた末、溜まった小銭を銀行で入金してきました。

この際、ATMと窓口でそれぞれ入金してみました。
思った以上に簡単に入金できたので、その方法を紹介しますね。

また、銀行に預金する以外にも、余った小銭を一気に使う方法もお伝えしますよ。

スポンサーリンク

どこの銀行で入金したのか

私が入金したのは、三井住友銀行です。

その他多くの都市銀行や、ゆうちょ銀行でも入金できます。

「私の銀行は小さな信用金庫なんだけど、大丈夫かな?」と心配な場合、事前に電話で確認してみて下さい。

ただしATMの場合、無人店舗やコンビニでは硬貨の入金に対応していません。そもそも硬貨を扱っていないのです。この点はご注意下さいね。

ATMでの入金

うちの近所の三井住友銀行は無人店舗だったので、そこのATMは硬貨を扱っていませんでした。そこで有人店舗まで出向いてATMを使いました。

ATMを操作して、硬貨の入金を選択すると、投入口が開きます。

そこにジャラジャラと硬貨を投入!
 ↓
銀行ATMに硬貨を入金

500円硬貨5枚、100円硬貨3枚、50円硬貨3枚、10円硬貨3枚を投入してみました。

仕様上は、同時に100枚くらいまでの硬貨を投入できるようです。100枚以上の小銭を入金したい場合、何回かに分けて操作することになります。

投入後の計数処理は速かったです。待ち時間は合計1分もかからないほど。
あっさり無事に入金できました。

計数に何分もかかってしまい、後ろに並んでいる人から無言の圧力を受ける・・・プレッシャーだー、なんてことはありませんでしたよ。

100枚とか大量に投入すると時間がかかるのかもしれませんね。

窓口での入金

次は窓口での入金方法です。

まずは案内の人に「硬貨を入金したいのですが」と告げたら、入金依頼の用紙に氏名を書かされました。用紙には硬貨の合計金額を記入する欄もありますが、そこは未記入でOKです。

窓口では出されたプラケースに、持参した硬貨をジャラジャラと入れました。そうそう、窓口で通帳も渡します。

後は行員さんが機械で計数して入金、記帳してくれます。

約10分ほどで記帳まで完了しました。

無料なの?

無料です。

入金に手数料はかかりません。

紙幣への両替は?

銀行で硬貨を紙幣に両替してもらえます。

ただし有料です(一部無料。無料となる条件は銀行ごとに異なります)。

手数料はこちら
  ↓
 ・三菱東京UFJ銀行
 ・みずほ銀行
 ・三井住友銀行

いったん口座に入金して、それをATMから引き出せば、実質無料で両替できます。ちょっと面倒ですけどね。

ゆうちょ銀行は無料で紙幣に両替してもらえる、という話も聞きましたが、管理人は未確認です・・・

入金する以外の処理方法(使い方)

入金するのは面倒だ!
たまった硬貨を一気に(大量に)使いたい!
という方もいらっしゃるでしょう。

小銭を一気に使う方法としては、次のような方法があります。

  • Suica / PASMO のチャージ
    1円玉、5円玉は使えない
  • セルフレジの支払い
  • セルフのガソリンスタンドの支払い
  • GEOの自動貸出機の支払い

Suica / PASMO のチャージだけは、1円玉、5円玉は使えません(投入しても返ってきます)。

スーパーのセルフレジで小銭をジャラジャラ使うと財布がスッキリ。気持ちもスッキリです (^^)

あとがき

銀行で小銭を入金する方法を紹介しました。
ATMでも窓口でも、無料で入金できます。
ATMでもそれほど待つことなく、数分で記帳まで終わります。

ただし無人店舗やコンビニのATMでは硬貨に対応していません。ご注意くださいネ。

紙幣への両替は有料(一部無料)です。

私は財布に小銭がたまるのが嫌なので、できるだけSuicaやクレジットカードなどで支払うようにしています。便利ですよね、電子マネーさまさまです。

おかげで財布の小銭はだいぶ減ったのですが、時々困ることも。それは自動販売機です。

電子マネー非対応の自販機があるんですけど、小銭もないので結局千円札で缶コーヒーを買うことになるんですよね。そうするとお釣りで大量の小銭が・・・orz

多少の小銭は財布に入れておいたほうがいいみたいです。

何事もやり過ぎは良くないってことなんでしょう (^^;

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索