スポンサーリンク

がっちりマンデー 2017/12/03 業界新聞の記者に聞いた!せまい業界トップニュース2017(後編)

スポンサーリンク
番組名:がっちりマンデー!!
サブタイトル:業界新聞の記者に聞いた!せまい業界トップニュース2017(後編)
放送局:TBS
放送日時:2017年12月03日 07:30(30分)

がっちりマンデー!!の恒例企画、2017年 せまい業界トップニュース!です。

がっちりマンデー ロゴ

先週の前編に続く後編です。

今回も興味深い会社が紹介されてます。
コレは地味だけど儲かるやろな~、と唸る製品も。
株買っといたらいいかも知れませんね。

番組ゲストは、前回に引き続き次の6名です(順不同)。

  • 月刊食堂 編集長、通山茂之氏
  • 月刊 食品工場長 編集長、木下猛統氏
  • 月刊総務 編集長、豊田健一氏
  • 月刊食品包装 編集デスク、吉沢文雄氏
  • LBM 編集長 中澤孝治氏
  • ブライダル産業新聞 記者、遠藤和博

では、狭い業界のトップニュース(後編)を見てみましょう。

スポンサーリンク

ヨーグルトだけじゃない!○○がつかないフィルムが誕生!

食堂包装業界での2017トップニュースを紹介してくれたのは月刊食品包装 編集デスクの吉沢氏文雄氏です。

『月間食品包装』は、樹脂キャップ検査機を刷新とか、パッケージに抗菌フィルムを採用など、包装業界のマニアックな話題でてんこ盛りな業界紙です ^^
月刊食品包装 (amazon)

吉沢氏が紹介してくれたのは、以前番組で紹介した「ヨーグルトがくっつかない蓋」の進化版です。

そう言えばありました、ありました。
昔はヨーグルトを開けると、蓋の裏にヨーグルトがくっついていて、もったいないので舐めたものです。
それが今では、いくらヨーグルトを振っても、それがくっつかない蓋になってるんです。

その技術を開発したのが東洋アルミニウムという会社です。

東洋アルミニウムは、今回それを進化させて、ケーキの側面に巻く新機能フィルムを開発しました。

ホールケーキを買うと、その側面をぐるっとフィルムで巻いてありますよね。食べるときにはそのフィルムを剥がすわけですが、剥がすとフィルムにクリームがべったりくっついています。これ、嫌ですよね。

東洋アルミの新機能フィルムを使うと、このケーキのクリームがフィルムにくっつかないのです。

番組で実際にケーキを巻いたフィルムを剥いでみても、その裏面はちょーきれい。開発担当者さんが「ついてなーい!」とどこぞのカミソリCMみたいにテンション上がっていましたけど、その気持分かります (^^)

まるで魔法みたい、地味にスゴイです。

剥いだフィルムにクリームがついていると、小さい子供が舐め回したり、テーブルや床になすり付けたりといろいろ気を使いますが、これならばストレスフリーです。

その仕組は?

ヨーグルトがくっつかない従来のフィルムは、素材の表面に微小な凹凸を作り、それが水を弾くという仕組み(蓮の葉の原理)を使っていました。

これはこれでスゴイのですが、実は油分を弾けませんでした。

新フィルムは、従来フィルムに油分を弾く新成分を組み込みました。これによって、脂分の多いケーキのクリームもくっつかなくなった、というわけです。

この『油分を弾く新成分』が何なのか気になりますが、当然、企業秘密! 東洋アルミが5年もかけて開発したとのことです。そうやすやすとは明かせませんね!

ちなみにこのフィルムは山崎製パンとの共同開発ということです。ということは、山崎製パンの今年のクリスマスケーキには、このクリームが着かないフィルムが採用されていそうですね。

いろいろ応用が利きそう

このフィルム、いろいろと応用が利きそうです。

 ・コンビニ弁当のシート
  タルタルソースとかくっつかなくなる
 ・キッチン周りの汚れ防止シート
 ・チューブの裏面
  ケチャップ・マヨネーズなどをキレイに使い切れる
 ・換気扇
  掃除が楽になりそう

その他、スマホのディスプレイなどに使えば脂でギトギトを防止できるかも。

一見地味な技術ですけど、ほんとがっちり稼げそうですね!

■ 会社情報
 東洋アルミニウム株式会社
 本社:大阪府大阪市中央区久太郎町三丁目6番8号
 創業:1999年5月12日
 株式:未上場
  日本軽金属ホールディングスの100%子会社

さて次は、コインランドリー業界のトップニュースです。

コインランドリーメーカのTOSEIがスゴイ!

コインランドリー業界の2017トップニュースを紹介してくれるのは、『月刊LBM(ランドリービジネスマガジン)』の編集デスク、吉沢文雄氏です。

LBMは「広島に女性専用コイン店が登場」とか「洗濯しながらパンケーキが楽しめるランドリー」など、ランドリー業界の最新情報が満載の雑誌です。

LBMはネットで公開されており、無料で読めます。
→ コインランドリー情報誌 ランドリービジネスマガジン LBM

不勉強にして全く知らなかったのですが、今、コインランドリー業界は空前の大人気なんだそうです。その中で洗濯乾燥機シェア40%、日本No1のメーカーがTOSEIです。

人気すぎて、なんと納期は6ヶ月。会社を案内してくれた中村吉孝社長のお話では、月産500台でも間に合わないくらい売れてるそうです (@_@)

人気の秘密

TOSEIのランドリーマシンが人気なのには理由があります。

それは、乾燥速度が速いこと。通常の機械ですと1時間かかるところ、TOSEI製なら45分で終わります。

乾燥が速ければ、コインランドリーはお客さんの回転を上げられるので儲かります。だから売れるんですね。

TOSEIでは、コインランドリーの部品から内製です。スプリングやドラム、モーター、そしてコンピュータ基盤まで内製しています。だからいろんな微調整も出来る。そうやって細かいチューニングをしているから、乾燥速度を上げられるのです。これがTOSEIの強みなのです。

最新型のコインランドリー

TOSEIの最新型コインランドリーの最大の特徴は、集中管理です。

従来型ですと、各ランドリーマシンにお金の投入口がありましたが、最新型では駐車場の支払い機のように1ヶ所なっています。さらに電子マネー対応。

これにより管理・集金の手間を大きく減らせます。
ますます売れそうです。

衝撃の事実

組み立て作業している新入社員19歳に、番組スタッフがききました。

スタッフ「忙しいですか今」
新人くん「大変です」

スタッフ「コインランドリー使ったことあります?」
新人くん「一回もありません

それを聞いた社長さん
「いや・・・
ショッキングな話きいてしまいました・・・」

社長さん、かなり動揺してましたよ (^^;

■ 会社情報
 株式会社 TOSEI
 本社:静岡県伊豆の国市中島244
 創業:昭和25年4月
 株式:未上場
  キョウデングループ

結婚式場で○○する○○大作戦が熱い!

最後はブライダルの専門新聞『ブライダル産業新聞』記者、遠藤和博氏が紹介してくれたトップニュースです。
 → ブライダル産業新聞社

ふくよかで恰幅の良い遠藤記者、番組スタッフに「ブライダルな感じしませんね。月刊力士とかじゃないですよね?」とイジられながら紹介してくれたのは、横浜の結婚式場サービス、『アニヴェルセル』です。

アニヴェルセルは全国14箇所の結婚式場やカフェなどを運営する会社。ここが力を入れているのは・・・プロポーズです

アニヴェルセルの式場には雰囲気の良いチャペルやレストランがあるので、この施設を使ってのプロポーズを支援するサービスを販売しています。

名付けて『プロポーズプラン』!

食事の前にプロポーズするのか、指輪や花束はどうするのか、当日の演出はどうするのか、などの相談に乗ってくれます。お店ではプロポーズを支援する『プロポーズプランナー』という担当者まで作っています。

まさにプロポーズ大作戦、ですね。

番組スタッフ「何も考えずに来る男性が多いってことですか」
お店スタップ「どうサプライズしていいか分からない方が多いです」

なるほどねー、これは儲かりそう。
ゼクシーとかとのタイアップとも相性が良さそうです。

ここで意地悪な質問。
番組スタッフ「プロポーズに失敗したことは?」
お店スタッフ「無いです」キッパリ

まあ、あのキラキラなチャペルで演出されたプロポーズを受けたら、女性も舞い上がって雰囲気に呑まれてしまいますわ・・・いい思い出にもなるでしょう。

全国的に大流行

夜間は空いているチャペルを有効活用できるし、指輪やブーケも売れるとあって、このプロポーズプランが全国的に大流行しているそうです。

プロポーズプランに取り込めれば、そのお客さんの個人情報を集められますし、挙式をセールスする足場に出来ます。その点からも業者にとってプロポーズプランは重要です。

この延長で行くと、デートの段取りしてくれる『デートプラン』などのサービスも出てくるかも・・・そりゃないか。

■ 会社情報
 アニヴェルセル株式会社
 本社:神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央24番1号
 創業:1986年6月19日
 株式:未上場
  株主はAOKIホールディングス

AOKIが親会社なんですねえ。
『快活CLUB』やカラオケの『コートダジュール』とかもAOKIのグループなんですよね。意外です・・・

まとめ

以上、せまい業界トップニュース2017(後編)を紹介しました。

 ・クリームがくっつかないフィルムが誕生!
  地味だけど役に立つ。応用が広そう。
 ・コインランドリーメーカのTOSEIがスゴイ!
  コインランドリー業界が熱いなんて知らんかった。
 ・プロポーズプランでがっちり!
  ジミ婚はやりで結婚式業界は縮小傾向と思ってました。
  まだまだやれることありますネ。

個人的にプロポーズプランが面白かったです。

しかし、これはどこの式場でも始められるサービス。ほかの業者とどう差別化できるかがポイントです。減る一方の若者をどう囲い込むか、業者間の競争は厳しくなるばかりですね・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索