スポンサーリンク

がっちりマンデー 2017/11/26 業界新聞の記者に聞いた!せまい業界トップニュース2017(前編)

スポンサーリンク
番組名:がっちりマンデー!!
サブタイトル:業界新聞の記者に聞いた!せまい業界トップニュース2017(前編)
放送局:TBS
放送日時:2017年11月26日 07:30(30分)

がっちりマンデー!!の恒例企画、2017年 せまい業界トップニュース!です。

がっちりマンデー ロゴ

こういった企画が出てきますと、
「ああ、今年ももう年末なんだな~」と
しみじみ感じますね。

今年も早かった・・・ (^^;

ということで、2017年の「コレは!?」と思わず唸ってしまう話題の技術、お店などが紹介されました。

番組ゲストは、次の6名です(順不同)。

  • 月刊食堂 編集長、通山茂之氏
  • 月刊食品包装 編集デスク、吉沢文雄氏
  • 月刊総務 編集長、豊田健一氏
  • LBM 編集長 中澤孝治氏
  • 月刊 食品工場長 編集長、木下猛統氏
  • ブライダル産業新聞 記者、遠藤和博

今回はトップニュース2017の前編として、上記6名の前半3名がトップニュースを紹介してくれました。

では、狭い業界のトップニュースを見てみましょう。

スポンサーリンク

食堂業界:○○酒場が熱い!

食堂業界での2017トップニュースを紹介してくれたのは月刊食堂 編集長の通山茂之氏です。

『月間食堂』の発行部数は82,000部/月。
内容は繁盛メニュー表の法則、引きがある看板、食いつくポップ傑作選など、飲食店経営者が食いつきそうな話題満載です^^
 → 月刊食堂 (amazon)

その通山氏によると、今『大衆酒場』が激アツなのです。特にエスニック料理がビンビンに盛り上がっているのだとか。女性受けがよく、エグいほど儲かっているらしいです。

その一例として番組で紹介されたのが、渋谷・恵比寿のタイ屋台『ラオラオ』。社長は福永巧氏です。
 → 恵比寿 タイ料理 ラオラオ

店内映像では、お店は20~50歳くらいの女性でぎっしり! これは儲かってますやろ、って匂いがプンプンしてます。

月間売上は450~500万円、利益率はなんと脅威の38%! 

家電メーカーなど製造業からみたら、夢のような数字・・・まさに怪物店です。

エスニック屋台はなぜ儲かる?

ラオラオのコンセプトは屋台です。よって、店の内装・外装はいい感じにチープです。灯りは裸電球、椅子は丸椅子。安い部材ですんでいます。というか、むしろ安い部材を使った方が屋台感が出て良いのだそうです。
なるほどねー

また、屋台ですから高級食材は使っていません。

例えば、お店の一番人気メニューであるヤムパクチーは価格520円ですが、その原価率は・・・なんと3.37%。約20円なんです。

そしてエスニック料理と言えば、ピリ辛。
ピリ辛なのでアルコールが進むんです。

女性向けのおしゃれなアルコールを充実させたこともあり、ドリンクも売れる売れる。売上のドリンク比率は一般的には35%程度のところ、ラオラオでは52%! めっちゃ売れてます。

これは儲からないワケがない!

実際のところ社長の福永氏も「笑いが止まらない・・・ダメダメ!印象悪い!」

いやー、印象悪くないですよ。
儲かるのは良いことです。

さらにラオラオでは、自社農場でパクチーを栽培しています。原価低減しまくりです。

通山編集長によると、エスニック屋台は「原価が上がりようがない業態」とのことです。儲かるワケですね~

番組では、その他のエスニック料理店として
 ・999 カオカオカオ(新宿)月商730万円
  → タイ屋台料理999
 ・アガリコ(池袋)月商1280万円
が紹介されていました。

■ タイ料理ラオラオを経営している会社
 株式会社 だるまてんぐ
 本社:東京都渋谷区恵比寿1-7-2オークビル2
 創業:2009年8月24日
 株式:未上場

エスニック料理

さて次は、食品包装業界のトップニュースです。

食品包装:○○をバラバラ冷凍

食品包装業界の2017トップニュースを紹介してくれるのは、その名も『月刊食品包装』の編集デスク、吉沢文雄氏です。

月刊食品包装は発行部数49,000部。
全国の工場長へのインタビュー記事や、最新の食品加工機械などを紹介する、食品工場の今を扱う専門誌です。
 → 月刊 食品包装 (amazon)

吉沢編集デスクが紹介してくれたのは、○○をバラバラに冷凍してがっちり!な会社、『こと京野菜』です。

『こと京野菜』は以前にも当番組に取り上げられたことがありまして、その時は『九条ねぎをきざみネギにカットしてがっちり!』という内容でした。

その『こと京野菜』、今回のネタは・・・やっぱり九条ねぎでした^^

そう、『九条ねぎをバラバラにカットして冷凍』してがっちり!なのです。

普通にねぎをきざみネギにしまて冷凍すると、ねぎが固まってしまって、使う時にほぐれず不便なんですよね。カットしたねぎから水分が出てくるので、それで団子状に固まってしまうのです。私も経験ありです。

これでは料理や薬味に使う時に、とっても不便です。

ということで、この問題解決のために『こと京野菜』は新型機械を導入しました。

それが『バラ化冷結装置』です。

この機械のベルトコンベアにきざみネギを載せますと、ベルトコンベアが振動してきざみネギを跳ね上げると同時に、ベルト下から冷風が吹き上げます。

こうやってきざみネギを互いにくっつかないようにして、凍結させます。

バラバラ凍結にかかる時間は約5分。
あっという間です。

機械から出てきたきざみネギは、一片一片がバラバラに凍結されていて、まるでふりかけみたいに使えます。
これは便利です。

この機械のお値段は約7,000万円!

たかっ!!

ですが、それ以上に稼いでくれると、『こと京野菜』の山田社長は満足げでした。

鮮度の問題で従来は京都周辺でしか売れなかったきざみネギが、冷凍したことで日本中に発送できるようになったそうです。そりゃあ儲かりますわね。

■ バラ化冷結装置の開発元は?
このバラ化冷結装置、前川製作所という会社が開発しています。
 → バラ化凍結装置 前川製作所

本社:東京都江東区牡丹3丁目14番15号
創業:大正13年(1924年) 5月15日
株式:未上場

さて最後は新素材についてのニュースです。

総務業界:めっちゃ丈夫な名刺の新素材

最後は総務業界の専門誌『月刊総務』編集長、豊田健一氏が紹介してくれたトップニュースです。

月刊総務は発行部数12,000部。
就業規則の考え方、車両管理のノウハウ、ビジネスに関わる慶長マナーなど、総務のお仕事に役立つ記事を提供しています。
 → 月刊 総務 (amazon)

その豊田編集長の2017トップニュースは、めっちゃ丈夫な名刺の素材についてです。

この名刺は実に丈夫で、手で破ろうとしても破けません。水につけてもふやけません。ソースとかこぼしても染み込まず、拭くだけでキレイになります。

この素材、LIMEX(ライメックス)といいます。
開発したのはTBMという会社です。
 → 革命的新素材LIMEX(ライメックス)- 株式会社TBM
この丈夫さと汚れても拭くだけでキレイになる特性を活かし、名刺の他に飲食店のメニューや屋外ポスターなどに使われています。

ちなみに回転寿司スシローのメニューは、全てLIMEX製とのこと。LIMEXの将来性を感じさせますね。

従来ですと、メニューは紙に印刷した上でプラスチックでラミネート加工する手間がかかりましたが、LIMEXなら印刷するだけです。コストは半分程度に下がるそうです。

しかも、LIMEXの特徴は丈夫さだけではありません。

LIMEXの特徴
 ・主な材料は石灰石。
  世界中どこにでも豊富にある。
  日本で唯一自給できる鉱物。
 ・原料に木材を使わない。
 ・製造工程でほとんど水を使わない。
 ・ほぼ無限に再利用できる。

上記のように、環境に優しいことも大きな特徴です。

日本国内で自給できる点も心強いですよね。

世界中の紙を全て置き換える・・・とはいかないでしょうけど、全世界的に巨大なマーケットがあることは確かです。これから大きく飛躍しそうな感じですね!

■ 株式会社TBM
 革命的新素材LIMEX(ライメックス)- 株式会社TBM
 本社:東京都中央区銀座2-7-17-6F
 創業:平成23年8月30日
 株式:未上場

まとめ

以上、せまい業界トップニュース2017(前編)を紹介しました。

 ・食堂業界では、エスニック屋台がアツい!
  通山編集長「原価率を上げようがない業態」
  エグいほど儲かってます。
 ・食品包装ではきざみネギのバラバラ冷凍がアツい!
  冷凍したことで販路拡大、儲けも拡大。
 ・総務関連では、名刺の新素材LIMEXがアツい!
  丈夫で環境に優しい次世代の紙素材LIMEX。
  マーケットは全世界。
  大化けするかもしれません。

次回は『せまい業界トップニュース2017(後編)』ですよ~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索