スポンサーリンク

BUFFALO WHR-G301N のランプが点滅!原因と修理方法

スポンサーリンク

長らく使用してきた BUFFALO(バッファロー) の無線LAN WiFiルータ、WHR-G301N が故障しました。

一番上の電源ランプと一番下のDAIAGランプが高速に点滅して、ネットに接続できないのです。

困ったときのGoogle頼み、ということで検索してみると、似た症状の故障が出るわ出るわ! 故障の原因は本体ではなく、ACアダプターでした。

みなさん既に遭遇済みの故障だったのですね。

ということで、交換用に、ネットで紹介されていたACアダプターをサクッと購入しました。

そして本日その商品が届いたのですが・・・なんと、プラグの形状が合わない! ACアダプターのプラグがWHR-G301N本体に刺さらないのです。

ガックシ!!

うーん、本当にがっくりきました。が、このACアダプターをお蔵入りさせるのももったいない。

じゃあどうするか、ということで、純正ACアダプターのプラグを切断して、購入したACアダプターに付け替えてみました

結果は大成功!!

今回は、ACアダプターのプラグを交換するDIY的な作業内容を紹介します。専門工具は一切不要(カッターナイフのみでOK)です。

私と同じく、ネットの情報をみてACアダプターを購入したけども、プラグが合わなくて困ったよ、という方もいらっしゃるんではないでしょうか。そういうかたの助けになれば幸いです。

作業は自己責任でお願いしますね。
失敗して損害が出ても当方は関知いたしません m(_ _)m

スポンサーリンク

BUFFALO WHR-G301N の故障内容と原因

先日、WHR-G301Nの電源を入れてもスマホがWiFiに接続できない事象が起きました。

WHR-G301N本体を見てみると、電源ランプと一番下のDAIAGランプが高速に点滅しています。さらに後のLANポートの緑のLEDも全点灯。なんかタダゴトではないな、という印象です。

ネットをぐぐってみると、既に原因が判明しており、ACアダプターの故障ということ。

例えばこちらの記事が大変参考になりました。
WHR-G301N 逝った!?と思ったらACアダプター不良だった
WHR-G301N(バッファロー WiFiルータ)の故障と修理

ほーん、ACアダプターが壊れたのなら、買い換えればいいのだな。

ということで、上記ブログでも紹介されていたACアダプターを購入したのですが・・・先に書いたように、届いたアダプタのプラグ形状がWHR-G301Nの口と合わずに刺さらないという、笑えない事態になりました (^^;

購入したACアダプターは?

購入したアダプタはこちら。
Broadwatchという会社のものです。

Broadwatch ACアダプター(DC12V/1A)[PSE対応] 外径5.5φ(内径2.1φ)、センタープラス

ネットではこちらも紹介されていたのですが・・・

アイコー電子 スイッチングACアダプター 12V/1.2A EIAJ-4プラグ SW-1212E

価格が980円と激安だったので、前者Broadwatch製を購入しました。
これがアダとなりました。

『安物買いの銭失い』ですねー。このままですと購入したACアダプターはムダになります。

ちなみに、WHR-G301N側のプラグは EIAJ-4 という形状だそうです。

Broadwatchのアダプタのプラグを EIAJ-4 に変換する変換プラグもあるようなのですが、これ以上出費するのもイヤというか、超絶ムカつきます。

ということで、ダメ元で、購入したACアダプタのプラグを切断し、純正ACアダプタのプラグに付け替えてみることにしました。

次にその作業手順を紹介しますね。

プラグ交換の作業手順

必要な工具はカッターナイフだけです。

まずは純正アダプタと新規購入アダプタのプラグ部分を切断します。
新規購入アダプタのプラグは、使わないので捨てます。
 ↓

純正アダプタのプラグの電線を剥きます。
カッターナイフを使って被覆に切れ込みを入れ、被覆を剥ぎ取ります。
 ↓

新規購入アダプタ本体の電線も、同様に被覆を剥きます。
 ↓

テストとして簡易的に、純正アダプタのプラグと新規購入アダプタを接続します。
接続と言っても、アダプタ本体とプラグの電線をねじり合わせるだけです。
ショートしないように、片方だけテープで保護しています。
 ↓

試しに通電してみたら、うまく動作してるっぽいです。
 ↓

もし電源ランプが点灯しなかったら、アダプタ本体とプラグの電線の組み合わせを反転してみて下さい。

本来は電線の接続部分ははんだ付けするのが正しいです。が、私はハンダゴテを持っていないので、電線の接続はねじり合わせただけです。

とりあへず、接続部分を荷造りテープでグルグル巻にしてみました。
 ↓

正常にインターネットに接続できることを確認しました。
 ↓

以上で作業は終わりです!

これは応急措置

今回の作業は応急的な措置です。作業して思ったのですが、やっぱ火事とか怖いですので、プラグがきちんと適合するACアダプターを買おうと思います。
この製品のプラグの形状は、純正品と同じです。
 ↓

アイコー電子 スイッチングACアダプター 12V/1.2A EIAJ-4プラグ SW-1212E

無線LANルーターも安いのは3,000円前後から買えますので、いっそ本体を新規に買い替えてもいいですね。
日本メーカー製で2,000円台のものもあります。
 → 格安 無線LANルーター (Amazon)

まとめ

BUFFALO WHR-G301Nの故障の原因はACアダプターでした。

交換用に購入したACアダプターのプラグが適合しなかったので、純正アダプターのプラグを切断して、購入したアダプターに繋ぎ変えました。

作業は(面倒ですが)簡単です。

専門道具は不要。
カッターナイフがあればOKです。

お困りの方の参考になれば幸いです。

なお、作業は自己責任でお願いします!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索