スポンサーリンク

晦日ってどういう意味?大晦日とどう違うの?

スポンサーリンク

年の瀬が近づくと、なんだかそわそわしてきませんか。

その理由は、『大晦日』がやってくるから!

大晦日とは、言わずと知れた一年の最後の日、12月31日のことです。

大晦日の夜には、家族や気の合った友人らと集まって食事会や飲み会で楽しく過ごします。私はこれがとっても楽しみです。

同じように、大晦日を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
日本人の年末の風習とも言えますよね。

ところで、この『大晦日』に使われている『晦日』には、どんな意味があるのでしょうか。

知ってるようで知らない日本語だったので、その意味・由来をまとめてみました。

年越し・大晦日

スポンサーリンク

晦日(みそか)の意味

晦日(みそか)とは、月の最後の日、という意味です。

ちなみに、現代の暦では月の最後は31日や30日、29日、28日などですが、そのどれも晦日と呼んで構いません(使う機会はなかなかありませんが)。

大晦日と晦日の違い

大晦日(おおみそか)とは12月31日のことです。

一方、月の最後の日は晦日ですから、12月31日は晦日でもあります。

つまり、12月31日は晦日であり大晦日ということです。

この日は一年の最後の晦日なので、特別に頭に大の字を付けて大晦日と呼んでいるのです。

大晦日は晦日のラスボス、みたいな感じですね(^^)

晦日の由来

晦日は『月の最後の日』というお話をしましたが、ではなぜ『晦日』というのでしょうか。

昔の日本は旧暦を使っており、旧暦では月の最後は三十日か二十九日でした。三十は『みそ』とも読みますので、月の最後の日を『みそか』と呼びました。

三十代のことを三十路(みそじ)というのと同じ読み方ですね。

なぜ『晦』という字を使ったかというと、『晦』には『お月さまが隠れる』という意味があるからです。旧暦では月の最終日になると、月が隠れます(新月の前日です)。その意味で『晦日』という漢字表現になったのでしょう。

ちなみに『晦』は『つごもり』とも読みます。これは月が隠れるという意味の『つきごもり』から転じたと言われています。

注意 ワンポイント 038564同様に、大晦日は『おおつごもり』とも読みます。

私が大好きなさだまさし氏の楽曲に『大晦日(おおつごもり)』という歌があります。気持ちがあったかくなる、幸せな歌です。
よかったら、どうぞ。
→ さだまさし 大晦日 (Youtube)

大晦日の過ごし方はどうする?

一年の最後の晦日である大晦日、みなさんはどうやって過ごしますか。

私は一人暮らしなので、大晦日には九州の田舎に帰省します。

飛行機は使わず、新幹線の指定席で駅弁+ビールを飲みながら車窓を楽しみます。(軽い)乗り鉄なので、これは至福の時間です(^^)

実家に着くと、仏壇のご先祖様に挨拶し、ご近所にも挨拶します。

その夜は紅白歌合戦を見ながら、家族で飲み会です。

23時ころになったら年越しそばを食べます。

そして『ゆく年くる年』を見ながら除夜の鐘を聴き、まったりと新年を待ちます。

年が明けたら、家族で「明けましておめでとう!」と挨拶して、幸せな眠りにつきます・・・

これが毎年の年越しパターンです。

皆さんにも、それぞれの年越しスタイルがあると思います。

ゆく年を振り返り、来る年を想う。
年越しの夜は、大切な時間です。

除夜の鐘

まとめ

晦日の意味・由来をまとめてみました。

  • 晦日(みそか)とは三十日、つまり、月の最終日のこと。
    旧暦では月末(三十日)が新月の前日なので、お月さまが隠れるの意味から『晦(つごもり)』の字を当てて『晦日(みそか)』とした。
  • 大晦日(12月31日)とは一年の最後の特別な晦日のこと。

大晦日は一年の締めくくりの日です。
家族や仲間と宴会するも良し、一人で静かに新年を迎えるも良し。

サービス業の方は、お仕事で大忙しかもしれませんね・・・一年最後の稼ぎ時。

大晦日には、人々に幸せをもたらす歳神さまが各家庭にいらっしゃるという言い伝えもあります。

皆様、どうか良いお年をお迎え下さいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索