スポンサーリンク

【追突事故その後】愛車の修理が終わった。物損の賠償金はいくらになった?

スポンサーリンク

先日赤信号で停車中に、後ろからドーンと追突されました。
→ 赤信号で停車中に追突された!その後の事故処理や通院は?

この事故で愛車の後部が壊れたので、ディーラーに修理に出しておりました。
その修理が終わり、先日愛車が帰宅しました。

軽自動車

修理内容は、トランクのドア交換と、後バンパーの交換。
ボディそのものは歪んでいなかったとのことです。

キレイに修理されたリアをみて、うれしくなりました。

中古で買った激安車とは言え、やはり愛車には愛着があります。
また日常の足として活躍してもらおうと思います。

今回は、この物損の賠償金額が決まりましたので、紹介したいと思います。
私としては、かなり意外な賠償金額となりました。

スポンサーリンク

物損部分の賠償金

修理完了の数日後、相手の保険会社から郵便が届きました。
タイトルは
損害賠償に関する承諾書(免責証書)(物損用)
と書いてあります。

何やら物損に関する賠償金を確定するための書面のようです。

これには次のように書かれています。

上記事故によって乙の被った物損害に対する賠償金として、乙は当事者甲・丙および丁より
 ¥ ○○○
を受領後には、その余の請求を放棄するとともに、上記金額意外に相互に何ら権利・義務関係のないことを確認し、甲・丙および丁に対し今後裁判上・裁判外を問わず何ら意義の申し立て、請求および訴の提起などをいたしません。

要は、○○○円の賠償金で手打ちにしましょう、というお話ですね。

賠償金額は、ざっくり約40万円でした。

愛車の修理代とは別に40万円の賠償金なので、悪くありません。
というか、こんなに出るとは思っていませんでした。

ということで、この金額に同意することにしました。

ちなみに、クルマ本体は中古で、約28万円で購入したものです・・・

治療に関する賠償金は別途

現在、後遺症的に首の痛みが出ており、病院に通っています。

症状は、当初よりはだいぶ改善していますので、あと1ヶ月もかからずに治癒するのではないか、と思います。

この治療に関する賠償金は、治療完了後に相手の保険会社から別途提示されます。

ただし、相手保険会社は賠償金額を最低限にとどめようとします。
そこで活躍するのが、自分の保険会社の弁護士です。

自動車保険に弁護士特約をつけておくと、賠償金額の交渉を保険会社の弁護士がやってくれます。自分で交渉するよりよっぽど有利に交渉できます。弁護士特約は絶対に付けておくべきでしょう。

もちろん私の保険には付けています。

自動車保険の契約、更新や乗り換えを予定されている方は、ぜひ弁護士特約を検討してみてください。オススメめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索