スポンサーリンク

医療保険を見直した!節約効果はどれくらい?独身男性の場合

スポンサーリンク

日本人の死亡原因の第一位は、男女ともガン(癌)です。約1/3がガンで死亡しています。

私もあなたもガンになる確率が高いってことです。他人事ではありませんよね。

ガンに罹ると治療期間も長期化しますし、治療費も高額になります。

ガンになっても治療はしない!という主義の方もおられるようですが、私は治療したいです。長生きして人生を楽しみたいし、痛みに耐えるのも絶対イヤです!

ということで、数年前に第一生命の『ブライトWay』という医療保険に入りました。ガン治療をメインに打ち出した保険です。

今回この保険を見直して不要な保障を外し、保証内容を変更しました。

その結果意外に節約効果がありましたので、紹介したいと思います。電気代やガス代を節約するより、よっぽど楽に節約できました (^^)

スポンサーリンク

保険見直しのポイント

保険の見直しのポイントは、『その保障は必要なのか?』という点です。

今回、私の保証内容でいうと『死亡保障』が不要でした。

私は独身なので、死んでも妻や子供に生活資金を残す必要がないのです。まあ寂しいって言えば寂しいですが。

なので、死亡保障は不要なのです。

この死亡保障、なぜ付けていたかと言いますと、(私の記憶によれば)この保険に新規加入するときは外せない仕様だったからです。

新規加入時、後で外そうと思っていたのですが、すっかり忘れてしまっていて、今回見直したことで気が付きました。

具体的には、死亡保障500万円を外しました。

節約効果はどれくらい?

私は保険料を年払いにしています。その方が若干、保険料が安くなるからです。

これがどれくらい安くなったかと言いますと

保険料の比較(年額)

見直し前:約139,000円
 ↓
見直し後:約11万円

差額: 29,000円

見直した結果、年額で約29,000円の節約効果がありました。

これけっこう大きいと思いません?

クリスマスや彼女の誕生日に、おしゃれなレストランでディナーができる金額です。そこに使うかどうかは別ですが (^^)

見直しの手続きは面倒?

私の場合、保険会社の担当者に電話して、自宅に来てもらいました。

そこで最近の生活環境をお話しして、保証内容をに見直し、不要な保障を外しました。

手続自体は、その場で担当者のタブレットに入力してサインするだけ。サインもタブレット上で行いましたので、ハンコすら不要。

なんだかんだで2時間ほどかかりましたが、さくっと簡単に終わりました。

保険の見直しは必須

定期的な保険の見直しは必須だと思います。

今回私は保険加入時に付けた不必要な保障を除去したことにより、年額3万円近くも節約することができました。

逆に結婚したり子供が生まれたりした場合には、保障を増やさないとなりません。この場合は当然保険料が上がりますよね。財布にはイタイですが。

自分が死んだ時に家族にいくら残せるか? 夫婦でしっかり話し合っておくことが必要です。

今回は同じ保険商品の中で保障内容を見直したわけですが、場合によっては保険商品や保険会社を変える必要もあるでしょう。

保険の見直しは出費に大きく影響するので、できれば専門家に相談するのがおすすめです。最近は無料で相談できる保険の窓口もたくさんありますので、気軽に相談できます。
 ↓
節約主婦の味方!保険マンモス

私も相談したことがありますが、強引に見直しや乗り換えを勧められることはありませんでした。とても丁寧に相談に乗ってくれましたよ。

相談窓口

まとめ

医療保険を見直しました。
見直し内容は、死亡保障500万円の削除です。

その結果、年額保険料で約29,000円の節約効果がありました。

私にとってはかなり大きな金額です。
見直して良かった~(^^)

保険の見直しは少々面倒ですが、保険会社の担当者に自宅に来てもらえば1~2時間程度で終わります。カンタンです。

担当者を自宅にあげたくない場合、近所の喫茶店でも相談できます。

他社にへの乗り換えを検討する場合には、無料の相談窓口を使うと便利ですよ。第3者の視点で的確なアドバイスが貰えます。無料ですからね、気軽に相談できます。
 ↓
節約主婦の味方!保険マンモス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索