スポンサーリンク

追突された!事故の扱いは人身にする?物損のまま?保険会社に聞いてみた

スポンサーリンク

先日赤信号で停車中に、後ろからドカンと追突されました。
 → 赤信号で停車中に追突された!その後の事故処理や治療費は?

長いこと運転していますが、初めての交通事故ということもあって、当時はアタフタと警察の誘導のままに事故処理しました。幸い怪我はなかったので、事故は物損扱いとしました

交通事故

相手の保険会社とも連絡をとりあい、クルマの修理の支払いもスムーズに進みました。

自分の保険会社、相手の保険会社、クルマのディーラーなどとの調整・連絡で2日ほどかかりましたが、ようやく全ての事故処理が終わりました・・・

ですが、
「あああ、やっと事故処理終わった、疲れたぁ・・・」
と安堵したのも束の間の安息。

後日、首筋に鋭い痛みが出たのです。
びっくりしました。

「これが事故の後遺症?」と思いまして、急いで病院にいきました。診断の結果は『全治2週間のムチウチ』。

当日の治療費は、相手の保険会社が支払ってくれました。ですが、そこで疑問が湧いてきました。

その疑問とは、
物損事故として処理したんだけど、今後通院が続いた場合も、相手の保険会社が治療費を払ってくれるんだろうか」ということです。

事故を人身事故にしてなかったので、保険の対象になるのか不安になったのです。

今回この件について保険会社に問い合わせてみましたので、その回答を紹介しますね。

スポンサーリンク

物損事故で治療費は出るのか?人身に切り替えないとダメ?

物損事故として処理した交通事故において、病院に通った場合の治療費を保険会社は払ってくれるのか?
人身事故に切り替える必要があるのか?

と保険会社に電話で聞いてみました。

その答えはズバリ、
『人身事故で処理していなくても保険会社から治療費が出ます』
でした。

良かった~!!

一安心しました。

物損事故から人身事故に切り替えるには、難しくはないけど時間も手間もかかると聞きましたから、ほんと良かったです。

ですが、保険から治療費を貰うには条件があります。
それは、事故が起きた日から概ね1ヶ月以内に病院で診断してもらうこと、です。

1ヶ月を超えると、体の不調の原因が交通事故なのかどうか、判断できなくなってしまうから、だそうです。

ですから、事故が起きたらできるだけ早く病院で診察を受けましょう。ちなみに私の場合は事故から5日目に病院にいきました。

物損事故で慰謝料も出る?

今回もらった追突事故で、病院に通ったりディーラーと打ち合わせしたりと、時間的にも体力的にもけっこうエネルギーを使いました。

ほんと、事故を貰うと迷惑です。

これに対する慰謝料は出るんでしょうか。

相手方から届いた資料によると、慰謝料としては

病院に通った日数の2倍 X 4,200円

が出るようです。

また相手方の保険会社に電話で確認したのですが、クルマをディーラーに修理に出す手間暇や、慣れない代車で不自由したりという迷惑に対しては、慰謝料は出ないようです。

クルマの修理では、かなり迷惑を被っているんですけどね~

残念です。

ネットは信頼できない?

ネットで調べたり知恵袋を読んだりしてみますと、
人身事故で処理してないと怪我をしていないことになるので、保険会社は治療費を払ってくれない
という旨の意見が大勢です。

保険会社の回答とは違っていますね。
ネットの記事は嘘なんでしょうか。

実はコレ、数年前(十数年前?)までは正しかったのだそうです。

保険会社の担当者の方は、
昔の支払い条件を今でも信じている人が多いです。
ネットでもそういう記事は多いですね。
今では人身事故にしなくても治療費が支払われるようになってます。
ご安心下さい」
とおっしゃってました。

やはり1次情報源に話を聞くって大事ですね。

物損から人身に切り替えるのは、どんな時?

今回は物損事故のままでも 治療費は保険から出る、ということがわかりました。
では、物損から人身に切り替えるのは、どういう場合なのでしょうか。

これも保険会社に質問してみたところ
相手に処罰を望むなら、人身事故に切り替えて下さい
とのアドバイスを貰いました。

人身事故に切り替えると、警察署で調書を取られます。
その際に「加害者に重い刑罰を望みますか」と質問されます。
被害者は
『処罰は望まない』
『法律に基づいた処罰を望む』
『厳罰を望む』
から処罰を選択できるそうです。

今回は相手方も誠意ある対応でしたので、特に処分は望みません。
ということで、物損事故のままにしています。

注意 ワンポイント 038564物損事故の場合、加害者には刑事処分、行政処分はありません。
反則金、減点、罰金などもありません(場合によっては安全運転義務違反として減点などがあるかもしれませんが)。

一方人身事故の場合、行政処分、刑事処分、民事処分を受ける可能性があります。
ひき逃げ、飲酒運転などの場合、刑務所行きになることもあります。

物損事故と人身事故では、加害者への処分が全く違ってくるんですね。

まとめ

『物損扱いの交通事故において、病院の治療費は保険で支払ってくれるのか?
人身事故に切り替える必要があるのか?』

については、
物損事故のままで問題なく保険で治療費が支払われます。
物損から人身に切り替える必要はありません。

ただし、加害者に厳罰を望むのであれば、人身扱いに切り替えなければなりません。

今回のもらい事故は初めての交通事故ということもあり、大変勉強になりました。

あまりこの手の勉強はしたくないですけどね(>_<)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索