スポンサーリンク

赤信号で停車中に追突された!その後の事故処理や通院は?

スポンサーリンク

先日、赤信号で停車中に追突されました。

その衝撃は突然やってきました。

いきなりドカン!という衝撃が・・・体全体を揺すぶられるほどの、驚くほどの衝撃です。

追突事故

最初は何が起きたのか、分かりませんでした。

「???」って感じ。
数秒後になって、「追突、されたのか?」と理解しました。

初めての交通事故なので、かなり気が動転しました・・・

今回は、この追突事故について記録しておきたいと思います。

スポンサーリンク

追突事故の経緯

事故の経緯は次の通りです。

  • 赤信号で停車中
  • 後ろのクルマが勘違いして前進
    スマホをいじっていた模様
  • 私のクルマに追突!

過失割合は、0:10で相手が悪いパターンです。

ヨロヨロとクルマから降りて、加害ドライバーとクルマを確認。

相手のクルマは目立った傷はありませんでしたが、私のクルマは後部バンパーに傷がつき、トランクのドアも大きく凹んでいました。

事故処理

事故処理で行うことは、次の5つです。

  • 警察を呼ぶ
    加害者が呼んでくれました。
  • 現場検証
    警察の現場検証に立ち会います。
    この時、自車の被害を加害者ドライバー、警官とともに確認しました。
  • 保険会社へ連絡
    自分の保険会社へ事故の概要を連絡しました。
    保険会社の電話番号や自分の契約番号などは、メモに書いて車内に置いておくと良いです。
  • 相手の氏名、連絡先の確保
    逃亡する人もいるようですので、名刺をもらっておくと良いです。
    免許証の写真を撮らせてもらうのが一番です。
  • 相手の保険会社名を取得
    自分の保険会社から、相手の保険会社名を聞いておくように言われました。

警官が到着するまで10数分かかりました。
警察は状況の聞き取りと、現場検証(メジャーで測ったり)してました。

追突事故 現場検証

人身事故・物損事故のどっちにする?

現場検証の時、警察に『人身事故にするか物損事故にするか』を尋ねられました。

この判断には迷いました。

どっちにすればいいのか、判断基準が判らなかったからです。

結局、その場では目立った外傷や痛みがなかったので、物損扱いにしました。

これは後日、人身扱いに変更もできます。
その際には、診断書を持って事故処理した警察署に出向き、事故処理を担当した警官と面談する必要があります。ここで調書が取られます。

警察の現場検証が終わったところで、帰宅しました。
(クルマは自走できました)

帰宅後

帰宅後やったことは次のとおりです。

  • クルマのディーラーへ電話
    追突された旨と被害ヶ所を説明し、入庫日時を決めました。
  • 相手保険会社と連絡
    相手保険会社から電話
    事故の内容を確認。
    修理するディーラーの連絡先を伝えました。
    また担当者の電話・氏名をメモしました。
  • 再度、自分の保険会社へ連絡
    自分の保険会社に、相手保険会社の電話番号、担当者名を伝えました。

これで事故の初期対応としては、とりあへず終えました。

疲れました・・・

その後、加害者ドライバーから謝罪の電話がありました。
誠意ある態度でしたので、当方も事を荒立てるつもりはなく、『これからは安全運転でお願いしますね』という話で終わりました。

後日病院へ

ムチウチなどの事故の後遺症は、事故の数日後に出るといいます。

私の場合も、事故の二日後に、首筋に鋭い痛みが数回でました。今までに味わったことのない、ビリビリとした痛みでした。

これが後遺症ってやつか?」という感じ。

その痛みは1日だけだったのですが、仕事の同僚にその話をしたら、
『絶対に病院へ行ったほうが良い』
というか
『絶対に病院へ行けっ!!!』
と強く言われました。

確かに骨に異常があったり、後遺症が残ったりしたら困りますから、一度は検査しておくべきですよね。

『病院に行くべきか迷ってる』と、相手と自分の両方の保険会社電話してみましたところ、どちらも『不安があれば受診してはどうか』ということでした。

特に自分の保険会社からは『受診するならできるだけ早く、できれば今日中に!』と言われました。事故から日が経ちすぎると、痛みの原因が事故だったのかどうか、判断がつかなくなるからだそうです。

ということで、その日のうちに(事故の4日後)に病院に行きました。
科目は整形外科です。

その病院では、通常は初診受付は午前中だけなのですが、事情を話して救急扱いで診てもらいました。

先生には事故の経緯と首筋の痛みの話をしました。

また体の異常の他に、クルマの破損状況(窓ガラスは割れたのか等)をきかれました。衝撃の強さを計るためでしょうか。

レントゲンを撮ってもらい、診断結果は全治2週間のムチウチでした。

病院の費用

受診前に相手の保険会社に病院の連絡先を電話しておきましたので、支払いは全て保険会社がやってくれました。

立替分も含め、私の負担は一切ありませんでした。

また後日、病院までの交通費も出してくれるとのこと。駐車場代も請求しようと思います。

人身に切り替える?

当初は物損で処理した事故ですが、病院でムチウチの診断が出たということで人身事故に切り替えるかどうか、悩むところです。

人身事故に切り替えなくても、治療費やクルマの修理代は全て保険会社から出してもらえます。

先にも書きましたが、人身に切り替えると、現場検証してくれた警察署に出向いて、当時対応してくれた警官に調書を取ってもらわないとならないのです。なんやかんやで、多分まる1日潰れると思います。時間がかかるんですよね。

その後は特に深刻な痛みもありません。
相手方も誠意ある態度でしたので、物損のままでもいいかな、と思っています。

ただ、今後時間がたってから後遺症(と思われる症状)が出た時に、保障を受けられない可能性がありますが・・・

関連:追突された!事故の扱いは人身にする?物損のまま?保険会社に聞いてみた

あとがき

信号待ち中に、クルマの後ろに追突された交通事故の顛末を紹介しました。

追突された時にやるべきことは、大きくは次のとおりです。

  • 警察への連絡
  • 保険会社への連絡
  • クルマの修理屋さんへの連絡
  • 病院での検査

ポイントは、早く相手の保険会社の連絡先を確保することだと思います。

病院へ行く時やクルマの修理をする時は、事前に相手の保険会社に電話して、病院名や修理屋さんを伝えましょう。

そうしておけば、保険会社から病院や修理屋さんに連絡が入り、手続きがスムーズに進みます。

私の場合、支払いを立て替えることも一切ありませんでした。クルマの代車の手配も、保険会社がサクッとやってくれて助かりました。

事故なんて遭わないのが一番。

もらい事故は仕方ないですが、日々安全運転を心がけたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索