スポンサーリンク

日本五大桜はどこにある?一度は訪れたい、天然記念物の桜たち

スポンサーリンク

私たち日本人は桜が大好きです。春になると、日本各地の桜の名所で多くの人がお花見を楽しみます。桜は日本人にとって、ちょっと特別な花ですよね。

日本五代桜とは、1922年(大正11年)に国の天然記念物に指定された、次の5つの桜です。

  • 石戸蒲ザクラ(埼玉県北本市)
  • 三春滝桜(福島県田村郡三春町)
  • 山高神代桜(山梨県北杜市)
  • 狩宿の下馬ザクラ(静岡県富士宮市)
  • 根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)

どの桜も樹齢が古く、枝ぶりも実に見事。ドッシリとしたその立ち姿には、神さまが宿っているに違いない!と思わせる威厳があります。

日本五代桜は、日本人なら一生に一度は訪れてみたい桜です。私も死ぬまでには、全て見てやろうと思っています (^^)

ということで、今回は日本五代桜についてざっくりと紹介します。詳細な情報へのリンクも付けましたので、旅行の計画を立てる際にはご利用くださいネ。

スポンサーリンク

石戸蒲ザクラ(いしと かばざくら)


石戸蒲ザクラは埼玉県北本市の東光寺境内にあります。樹齢は800年以上とも言われる老木です。
カバザクラとは、エドヒガンザクラとヤマザクラの自然雑種です。自生しているカバザクラは、なんと東光寺のこの蒲ザクラだけ!と言われています。この点でも貴重な桜なのです

石戸蒲ザクラの詳細はこちら!
→ 石戸蒲ザクラの見頃はいつ?アクセスや駐車場なども!

石戸蒲ザクラの地図はこちらです。
所在地:埼玉県北本市石戸宿 東光寺境内

最寄り駅:JR高崎線 北本駅

三春滝桜(みはるたきざくら)


三春滝桜は紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)です。その垂れる様がまるで滝のようであることから、滝桜と呼ばれています。日本三大桜の一つにも数えられています。

樹齢は1000年以上といわれますから、いかにも桜の神さまが棲みついていそうです(^^)
高さは13.5m、根回りは11.3m、枝ぶりの幅は東西25m、南北20mもあります。まさに横綱級の貫禄がありますね!
関連: 三春滝桜の見頃と開花状況、アクセスなど。渋滞を避ける方法も!

三春滝桜の地図はコチラです。
所在地:福島県田村郡三春町

シーズン中はJR三春駅から滝桜までの臨時バス「滝桜号」が運行されます。

山高神代桜(やまたか じんだいざくら)



Photo by 京浜にけ, license:CC by-sa 京浜にけ, Wikipedia

山高神代桜の樹齢は、なんと2000年! 弥生時代のころから日本の歴史をずーっと見守ってきた、最古級の桜です。品種はエドヒガンザクラ。高さ10m、幹周り12mもあります。

幹は木というよりは黒い大きな岩のようであり、2000年という途方もない時間を感じさせます。

関連: 山高神代桜の見頃とアクセス!開花状況は?樹齢2000年の威厳を見に行こう

山高神代桜の地図はこちらです。
所在地:、山梨県北杜市武川町 実相寺境内

最寄り駅:JR中央本線 日野春駅(タクシーで15分)
IC:中央自動車道須玉IC(車で15分)

狩宿の下馬桜(かりやどの げばざくら)



Photo by 京浜にけ, license:CC by-sa 京浜にけ, Wikipedia

狩宿の下馬桜の樹齢は800年を超えるとされており、樹勢はピークを過ぎたようです。とは言え、富士山を借景にした眺めは実に美しく、いかにも日本らしい春を感じさせます。
源頼朝が巻狩をした際に、その美しさのあまり馬を降りて桜を楽しんだことから、下馬桜(げばざくら)の名前が付きました。

関連: 狩宿の下馬桜、見頃と開花状況は? 頼朝も愛でた桜を見に行こう

狩宿の下馬桜の地図はこちらです。
所在地:静岡県富士宮市狩宿

根尾谷淡墨桜(ねおだに うすずみざくら)


花びらが散り際に淡墨(うすずみ)色になることから、淡墨桜と呼ばれています。

根尾谷淡墨桜は推定樹齢1500年! 悠久の歴史を物語るかのように、目通り幹囲は9.9mもの太さです。伝承によると継体天皇がお手植えになりました。
しかし高齢なため幹の内部の空洞化も激しく、健康状態は厳しい状況にあります。

関連: 根尾谷淡墨桜の見頃と開花状況、アクセスは電車がオススメ

根尾谷淡墨桜の地図はこちらです。
所在地:岐阜県本巣市 淡墨公園

最寄り駅:
樽見鉄道・樽見駅(終点)下車、徒歩15分

まとめ

日本五代桜についてお伝えしました。

  • 石戸蒲ザクラ(埼玉県北本市)
  • 三春滝桜(福島県田村郡三春町)
  • 山高神代桜(山梨県北杜市)
  • 狩宿の下馬桜(静岡県富士宮市)
  • 根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)

最後に日本五大桜のまとめ動画をどうぞ。

どの桜も、長い長い歴史を感じさせる風貌です。何百年もの間、静かにそこに立ってきました。何百回もの春を迎え、その花で人々を楽しませてきました。スゴイことです。

特に山高神代桜の樹齢2000年には驚かされます。普通に考えると十分に古い樹齢数百年の桜でさえ、樹齢2000年の前には、まだまだ小僧に感じられます(^^;

どの桜も死ぬまでには一度は訪れたいのですが、桜の開花時期に仕事の休みを合わせるとなると、かなり難しいのも事実。コンプリートするには10年くらいかかりそうです (^^)

もし近くにお住いであれば、かなりラッキーですよ!
ぜひ見に行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索