スポンサーリンク

義理チョコ、職場での渡し方。お配りチョコなら面倒なし!

スポンサーリンク

当初のバレンタインデーは純粋に恋愛イベントでしたが、徐々に変化し、最近では職場や学校で義理チョコを贈ることもごく普通のこととなりました。

ですが、職場での義理チョコは少々物議を醸しています。曰く、「面倒くさい」のです。「業務の邪魔だ」と言う人も。

『バレンタインデー禁止』な職場も現れていますが、「禁止は寂しい。バレンタインデー気分を楽しみたい」とお感じの方も少なくないと思います。

そこで今回は、職場での義理チョコの面倒でない渡し方(配り方)を紹介します。業務への影響や職場の逆風を最小限にできると思いますよ。

ではまず、職場での義理チョコ問題について見てみましょう。問題の理解が、解決への第一歩です。

スポンサーリンク

職場での義理チョコ問題

最近は職場での義理チョコを禁止する会社もあるようです。なぜなら、男女双方から「面倒くさい!」「業務の邪魔」「職場での義理チョコはやめて欲しい」等の声が出てきたからです。

男性にしてみると「お返しを考えるのが面倒」、女性からは「チョコを準備するのが面倒」ということです。

更には男性社員の妻からも「面倒だ」と言われます。なぜなら、義理チョコをもらった夫から、お返しの用意をお願いされるからです。

妻にしてみると面倒なだけでなく、お返しは大体は貰ったものより高額になりますから、家計的には持ち出し(赤字)になるんですよね。家計を預かる主婦としては、これがまた気に障る (-_-;

あとね、義理チョコとはいえ、
うちの旦那にチョコ渡したのがどんな子なのか、すごく気になるのよね!
いや、それ、ちょっと考え過ぎだから!

さらに義理チョコを配るのは業務中なわけです。「ただでさえ忙しいのに、そんな遊んでる暇があるか!」とお怒りの方も (^^;

そんな訳で、最近は職場での義理チョコ配布を禁止する会社もあるわけです。この流れは非常によく分かります。

ですが義理チョコには、職場のコミュニケーション促進や、女性社員からの季節のプレゼント、日頃の感謝をあらわすみたいな面もあります。また、義理チョコすらない職場は殺風景過ぎる、と感じる男性・女性もいます。一概に「職場の義理チョコは悪」とまでは言えません。

義理チョコを禁止はしないけど、できるだけ簡素化したいという職場もあるでしょう。

であるならば、義理チョコを渡す方法を工夫して、従来の義理チョコの欠点をカバーすればいいんじゃないでしょうか。

義理チョコの無難な渡し方・配り方とは?

先に書きましたように、職場の義理チョコの問題は、

  • 男性からは「お返しが面倒」
  • 女性からは「チョコの準備が面倒」
  • 職場としては「業務時間がもったいない」

ということです。

これを解決する義理チョコの渡し方(配り方)とは

  • 休憩室にチョコを箱置きして自由に取ってもらう。

です。
これがベスト!

これなら男性は個別にお返ししなくても良いですし、女性はチョコ準備の手間を最小限にできます。さらに業務中に配って回らなくてOKです。

箱置きするチョコは、いわゆるお配りチョコです。
例えばこんなチョコレートです。

その他のお配りチョコ → おすすめお配りチョコ (楽天)

個別包装の小さなチョコが大量に入ってますので、これを箱ごと、休憩室のテーブルにドーンと置くだけで、配布完了!
個別になんて配りません (^^)

この方法なら、職場での義理チョコ配りも最小限の労力で済みますね。

しかし、「義理チョコと言えどもやっぱり手渡ししたい」という方もいらっしゃると思います。それはそれでOKですよね。手間はかかりますが、心を込めて渡すとやはり喜んでもらえますから。

ではその時の、配る順番はどうします?
やはり偉い人から先に、でしょうか。

義理チョコを配る順番

義理チョコを手渡しで配る時に、地味に悩むのが配る順番です。やはり偉い人(職位が上の人)から先に渡すべきでしょうか。

でもそうすると、部長さん、課長さんなどが、フロアのあちこちに分散してた場合に、配って回るのが大変ですよね。

そういう時は、次のような順番でOKです。

  1. まずはそのフロア(部屋)で一番偉い人に最初に配る。
  2. その後は、その偉い人の近くの人から順番に配っていく。

チョコを配る時に、「あっちの人の方が偉いから」と飛び越して配るのはNGです。飛び越された人は、いい気持ちがしません。これは忘れないようにしましょう。

あとがき

職場で義理チョコの、迷惑に思われない渡し方・配り方を紹介しました。
 ↓

  • 休憩室にチョコを箱置きして自由に取ってもらう。

ポイントは
 ・男性がお返しを考える手間
 ・女性がチョコを準備する手間・配る手間
を最小限に押さえることです。

そうすれば、職場の義理チョコへの拒否感も減り、バレンタインデーを職場のコミュニケーションの活性化などに活かすことができるでしょう。

職場は働く場所なのですが、イベント事等の『潤い』があった方がやる気も出るというもの。バレンタインデーなどのイベントを有効に活用して、明るい職場にしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索