スポンサーリンク

紅白歌合戦2016 出演者・曲目・曲順決定!大トリは嵐!(初出場歌手PVあり)

スポンサーリンク

2016年第67回 紅白歌合戦の出演者・曲目と司会者が決まりました。
先立っていろいろな予想がありましたが、当たるものあり、外れるものあり。
本ブログの予想記事

紅白歌合戦

最大の関心事は、解散するSMAPの動向でしたね。
残念ながら、SMAPは出演しません。デビュー25周年そして解散の花道を飾るには、紅白はまたとない舞台だと思ったのですが・・・メンバー間の確執が深かったのでしょうか。
実に残念でした。

合計10組の初出場の裏には、多くの落選組もありました。
栄枯盛衰でありますね。
ショービジネスは厳しい世界なのです。

では、今年の司会と出演者を紹介しましょう。
まずは司会者から!

スポンサーリンク

2016年、第67回紅白歌合戦 司会者

紅白歌合戦の司会には、総合司会、紅組司会、白組司会の3種類があります。

総合司会

総合司会は、NHK 武田真一アナウンサー。夜7時、NHKニュース7の顔です。
→ 武田真一アナウンサー(画像)
NHK男性アナの出世頭でしょうか (^^)

紅組司会、白組司会

紅組司会 女優の有村架純(ありむら・かすみ 23)
白組司会 嵐の相葉雅紀(あいば・まさき 33)

お二人とも、がんばってください!

第67回 紅白歌合戦の出演者・曲目

紅白の曲目・曲順が決定しました!

出場歌手、()内は出場回数、曲名です。

●前半
1.【白】関ジャニ∞(5)「ズッコケ男道~紅白で夢を歌おう~」
2.【紅】PUFFY(初)「PUFFY 20周年紅白スペシャル」
3.【白】AAA(7)「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」
4.【紅】E-girls(4)「DANCE WITH ME NOW!」
5.【紅】欅坂 46(初)「サイレントマジョリティー」
6.【白】三山ひろし(2)「四万十川~けん玉大使編~」
7.【白】山内惠介(2)「流転の波止場~究極の貴公子編~」
8.【紅】miwa(4)「結 -ゆい-」
9.【白】Sexy Zone(4)「よびすて 紅白 ’16」
10.【紅】天童よしみ(21)「あんたの花道」
11.【白】SEKAI NO OWARI(3)「Hey Ho from RPG」
12.【紅】市川由紀乃(初)「心かさねて」
13.【白】三代目 J Soul Brothers(5)「Welcome to TOKYO」
14.【紅】香西かおり(19)「すき~真田丸スペシャル Ver.~」
15.【紅】椎名林檎(4)「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO 2016-」
16.【白】福田こうへい(3)「東京五輪音頭」
17.【紅】絢香(8)「三日月」
18.【白】郷ひろみ(29)「言えないよ」
19.【白】V6(3)「Smile!メドレー」
20.【紅】水森かおり(14)「越後水原~白鳥飛翔~」
21.【紅】いきものがかり(9)「SAKURA」
22.【白】ゆず(7)「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」

企画「紅白HALFTIME SHOW」渡辺直美・ピコ太郎

●後半
23.【白】RADWIMPS(初)「前前前世 [original ver.]」
24.【紅】乃木坂 46(2)「サヨナラの意味」
25.【白】福山雅治(9)「2016 スペシャルメドレー」
26.【紅】島津亜矢(3)「川の流れのように」
27.【白】RADIO FISH(初)「PERFECT HUMAN」
28.【紅】西野カナ(7)「Dear Bride」
29.【白】桐谷健太(初)「海の声~みんなの海の声バージョン~」
30.【紅】AI(2)「みんながみんな英雄」
31.【紅】AKB48(9)「夢の紅白選抜SPメドレー」
32.【白】五木ひろし(46)「九頭竜川」
33.【白】KinKi Kids(初)「硝子の少年」
34.【紅】Perfume(9)「FLASH」
35.【白】星野源(2)「恋」
36.【紅】大竹しのぶ(初)「愛の讃歌」
37.【紅】坂本冬美(28)「夜桜お七」
38.【白】TOKIO(23)「宙船」
39.【紅】松田聖子(20)「薔薇のように咲いて 桜のように散って」
40.【白】X JAPAN(7)「紅」
41.【紅】高橋真梨子(4)「ごめんね…」
42.【白】THE YELLOW MONKEY(初)「JAM」
43.【白】氷川きよし(17)「白雲の城」
44.【紅】宇多田ヒカル(初)「花束を君に」
45.【紅】石川さゆり(39)「天城越え」
46.【白】嵐(8)「嵐 × 紅白スペシャルメドレー」

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000310-oric-ent
Yahoo!ニュースより

前半・後半の間にあるハーフタイムショーにピコ太郎さんが入ってきました。アメリカでのショーが大好評の渡辺直美さんとコラボです。
渡辺直美さんのダンス(ビヨンセのものまね)はキレキレのダンスで、私も大好きです。
ハーフタイムショーにも注目ですね!

そして大トリは、予想通りの嵐メドレー。
今や国民的スターであることは間違いないですから。女性陣からは世代に関係なく指示されていますし、楽曲も良い。個人的には満足です!

紅白歌合戦

やはりSMAPの出演はありませんでしたね・・・残念です。
あと、内定と噂されていたピコ太郎もいないようですね。企画枠だと別口なんでしょうか。

初出場の皆さん

紅組の初出場は、市川由紀乃、宇多田ヒカル、大竹しのぶ、欅坂46(けやきざか46)、PUFFY の皆さんです。
白組の初出場は、桐谷健太、KinKi Kids、THE YELLOW MONKEY、RADWIMPS、RADIO FISH です。
みなさん、おめでとうございます!

大竹しのぶさんにはびっくりですね。今年は舞台ピアフでどうどうたる歌唱を披露されたので、その流れかもしれません。
あと、PUFFYとKinKi も目玉ですね。今の若い人たちはPUFFYって知らないかな~ (^^)

初出場の方のPVとか

「初出場の人達のこと、よく知らないわ」という方のために、いくつかPVをご紹介します。
全て公式動画です。

海の声 by 浦島太郎(桐谷健太)

auのCMで流れた曲です。
沖縄っぽいなあ、と思ったら、作曲はBEGINの島袋優さんでした。

前前前世 by RADWIMPS

大ヒット映画『君の名は。』のテーマ曲として大ヒットしました。
映画の名シーンを思い出してしまいます!

サイレントマジョリティ by 欅坂46

欅坂は『けやきざか』と読みます。AKB48系列の少女グループです。

PERFECT HUMAN by RADIO FISH

爆発的にヒットしましたね。
Youtubeでの再生回数は3,500万回を超えています!

これが私の生きる道 by PUFFY

これ、1996年のリリースです。なんと20年前!!!
時代は流れました。

JAM by YELLOW MONKEY

名曲が多いイエモンの中でも、不朽の名作と言われるのが、この『JAM』です。
「外国で飛行機が~」から続く歌詞が胸に染みます。歌詞を全部載せたいくらいです。

残念ながら落選の方

美輪明宏さん(ヨイトマケの唄)、ゴールデンボンバー、藤あや子さん、伍代夏子さんなど、多くのベテラン勢が落選でした。
細川たかしさんは、予め『卒業する』と意思表示されていたので、NHKも声を掛けなかったようです。
和田アキ子さんは、世間でも予想されていた通りとなりました。彼女のコメントは「今回は(紅白を)見たくない。とっとと日本を後にしたい」だそうです。ベテランとして、このコメントはどうかと・・・ホリプロとNHKの間にしこりを残すほどのスッタモンダがあったとも聞きます。この一言のせいで、将来の紅白への復帰は消えたかもしれませんね。

私の大好きな小林幸子さんも、今年はダメでした。昨年は復活しただけに、残念です。
全体的に演歌勢には厳しい結果となりましたが、石川さゆりさんが当選してたのにはホッとしました。津軽海峡・冬景色を歌って欲しいなあ・・・

ちなみに、NHKの選考基準は、
 ・今年の活躍
 ・世論の支持
 ・番組の企画・演出意図に合致するか
だそうです。

出演者情報

PUFFY、奥田民生氏と共演したらいいのに

12月5日のスポニチによると、PUFFYがデビュー当時のプロデューサー・奥田民生氏に、紅白出場の報告をLINE(長文)で送ったら、返ってきた返事がなんと・・・「はーい」の3文字だったそうです。たった3文字(@_@) 奥田民生氏らしいと言えばらしいです(笑)
この際、PUFFYと奥田氏で共演すればいいのに、視聴率アップなのにと思いました。
NHKさん、どうですかこの共演は?

星野源さん、恋ダンスを踊る!?

今年で連続2回めの紅白出場をゲットした星野源さん。今年はTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が大人気となりました。で、本編以上に?人気になったのがエンディングの『恋ダンス』です。Youtubeにも沢山の恋ダンスが上がってますよね。

そこで、紅白での星野さんの歌唱中の応援にガッキーが登場するのでは?というウワサが出ています。ありそうですよね。
この演出は、絶対にお茶の間も盛り上がると思います。お茶の間で踊りだす人も続出でしょう。ピコ太郎さんより盛り上がるんじゃないかな?
他局のネタだからやりにくいんだろうけど、視聴率アップには絶対に貢献しますよね!

桐谷健太『海の声』出演の舞台裏

12月5日NEWSポストセブンに、桐谷健太さんの出演交渉の舞台裏が明かされていました。
それによると、RADWIMPSと桐谷健太さんは同じ事務所に所属。NHKとしては、何としても『君の名は。』でヒットしたRADWIMPSを出演させたかったようです。しかしRADWIMPSは色好い返事を返しませんでした。
そこで事務所と交渉を重ねた結果、「桐谷さんとセットでなら出しますよ」となったとのこと。
個人的には桐谷さんもRADWIMPSも出演で嬉しいのですが、桐谷さんとしては、気持ちはどうなんでしょうね。
「何だよ、俺は添え物かよ」みたいな思いも、ココロの何処かにあるかもしれませんね・・・

タモリさんとマツコ・デラックスさんがスペシャルゲスト

司会者として予想されていたタモリさんが、スペシャルゲストとして登場します!合わせてマツコ・デラックスさんも。

タモリさんは『ブラタモリ』でNHKに大きく、大きく貢献していますから、NHKとしても何かの枠で出てほしかったのでしょうね。個人的には審査員でもいいんじゃないか、と思います。

マツコ・デラックスさんは、あまりNHKとは絡みはありませんね・・・でもお茶の間に人気があるし、華があります。そして嫌味がない! NHK的には好きなキャラなんでしょう。もちろん私も好きですよ!

スペシャルゲストとして登場なので、二人で何か寸劇?トーク?みたいなものが出されると思います。普段絡まない二人がどんな風に絡むのか、楽しみですね。

石川さゆりの法則

石川さゆりさんの曲目がスゴすぎるとネットで話題になっています。
2007年以降、彼女の曲目がなんと、『津軽海峡・冬景色』と『天城越え』だけなのです。

2007年(平成19年) 津軽海峡・冬景色(5回目)
2008年(平成20年) 天城越え(6回目)
2009年(平成21年) 津軽海峡・冬景色(6回目)
2010年(平成22年) 天城越え(7回目)
2011年(平成23年) 津軽海峡・冬景色(7回目)
2012年(平成24年) 天城越え(8回目)
2013年(平成25年) 津軽海峡・冬景色(8回目)
2014年(平成26年) 天城越え(9回目)
2015年(平成27年) 津軽海峡・冬景色(9回目)
2016年(平成28年) 天城越え(10回目)

これはちょっとひどくない?ひどくない?

2016年も、『女人荒野』『恋しゅうて』という新曲を2曲も出してるんですよ。
なのに、NHKのこの仕打ち。

でも、確かに世間は『天城越え』か『津軽海峡冬景色』を聴きたいと思っていることでしょう。私もその一人 (^^;

なので、NHKとしては世間の需要にしっかり応えているとも言えるでしょう。
さすがNHKと言うべきか・・・

曲順はいつごろ発表?

例年ですと、曲順は12月下旬ころに発表されます。
曲目・曲順ともに、大筋はNHKが決めるらしいです。曲順はともかく、曲目はアーティストが決めるんだと思っていましたが、そうじゃないんですね。

コンセプトや番組構成を考えるのはNHKですから、各歌手に好き勝手に歌われたら番組を作れないですもんね。無法地帯のカラオケ大会になっちゃう (^^;

曲順が発表され次第、本記事も更新したいと思います。

紅白の8Kパブリックビューイング

2016年の紅白歌合戦は、8K品質でのパブリックビューイングが開催されます。
場所は次の4か所です。

  • NHKふれあいホール <東京都渋谷区>
    194席程度 スクリーン450インチ
  • イオンシネマ港北ニュータウン <横浜市都筑区> シアター4
    130席程度 スクリーン350インチ
  • グランフロント大阪 <大阪市北区> ナレッジシアター
    154席程度 スクリーン350インチ
  • NHK熊本放送局 <熊本市中央区> 第1スタジオ
    100席程度 スクリーン300インチ、85インチ液晶モニター

熊本会場を除く各会場では、観覧するには事前申し込みが必要です。
申し込みはこちらのイベントページから。
→ 公開番組・イベント情報の一覧

4Kでも臨場感すごいのに、8Kの映像はどうなっちゃうんでしょうね。
映像の精度が上がると、2Dなのになぜか3Dっぽく見えますから、臨場感がすごそうです!

2016紅白歌合戦のまとめ

紅白の出演歌手、曲順が全て決まりました!

番組スタッフも準備が佳境に入っていきます。
病院送りになる人が出ないよう、願っています。

今年も年越しそばを食べながら、ゆっくりと紅白歌合戦を楽しみたいものです。
12月になって、地震などありませんように!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索