スポンサーリンク

バレンタインの義理チョコ、職場であげるべき?チョコの相場は?

スポンサーリンク

2月14日はバレンタインデー。
世の中にはいろんな義理チョコがありますが、職場の義理チョコは働く女性たちの悩みのタネでもあります。

ねーねー
職場の男性社員には、やっぱり義理チョコあげるべきだと思う?
その聞き方は、あまりあげたくない、ってことかな。
そうなの。
だって、チョコ代出すのは女子社員なのよ。
買い出しの手間もかかるわ。
だよねー

ということで、今回は職場の義理チョコについてです。職場の男性に義理チョコをあげるべきかどうか、男性目線で私の思うところを書いてみます。私は自称、世間の平均的な男性だと思いますので、多くの職場で通用する考え方だと思いますよ。

ちなみに私の職場では、女子社員による義理チョコ配布はありません!!

スポンサーリンク

バレンタインの義理チョコ、職場であげるべき?

職場で義理チョコをあげるべきかどうか、悩める女性は多いと思います。

悩む理由はいろいろあるとは思いますが、大きくは次のようなものでしょう。

  • あげるとお金がかかる
  • 義理チョコを用意するのが面倒
  • あげないとケチと思われそう

義理チョコをあげるとお金がかかるし、準備が面倒。かと言って、あげないとケチな女と思われそうで嫌ですよね。

OL 不機嫌

とっても良く理解できます。自分が女性だったとしても、そう思うでしょう (^^)
そして多くの男性も、それを理解しています。

ここ、とっても大事なところなので、もう一度言います。

多くの男性は、義理チョコを準備するのが大変だということを、理解しています!

「義理チョコをくれないなんてケチだな」
「女子力が足りない」
なんて思いません。

なので、
職場で義理チョコはあげなくてもいいんです。
職場で女子社員から義理チョコを貰えなくても、男性からは異論はありません。

正直な所、男性は、義理チョコがないと寂しいなあ、とは思います。しかし女子社員にそれを要求することはできません。だって義理チョコを準備するには、時間もお金もかかるんですからね。

中には「え?義理チョコないの?」と真顔で言う男性社員がいるかもしれません。お子ちゃまですね (^^; でもそんなのは極少数派です。サラリと受け流しましょう。

ということで、職場での義理チョコはあげたくないと思っているのなら、あげなくても全く問題ありません。

OL 笑顔

とは言っても、
「バレンタインデーなのに何もしないのも寂しいわ。簡単な義理チョコを渡したいんだけど、何かいいチョコないかしら」
とお思いの慈悲に溢れた方もいらっしゃるでしょう。

そういう方のために、次に、職場用の義理チョコ案を紹介しましょう。

職場で義理チョコ渡すなら。相場はいくら?

職場の義理チョコは、極力簡単なものでOKです。例えば、職場の女子社員でお金を出し合って、チロルチョコを一人に一個でいいんです。
つまり、相場としては10円ですね(コンビニ版のチロルは20円ですけど)。


チロルチョコ詰め合わせ(楽天)

渡し方としては、かわいいバスケットなりお盆なりを用意して、それにチロルチョコを人数分+アルファだけ入れます。そして男性社員の席を戸別訪問して、
「いつもありがとうございます。女子社員からチョコのプレゼントです(ニコッ)」
と声を掛けながら、チョコを渡します。

例えばこんなバスケットを使うと、イベント感が出ますよ。
 ↓

竹製バスケット(楽天)

もしくは、チョコの詰め合わせを休憩室などに置いて、メッセージを添えておけばいいですね。メッセージは
「日頃の感謝を込めて、バレンタインのプレゼントです。女子社員一同より」
くらいの簡単なもので構いません。
ただし、メッセージは手書きですよ。印刷物ではいくらなんでも事務的すぎますから!

さて、ここまでは
職場用の義理チョコを準備するのはお金も時間もかかるので、義理チョコはあげなくてもいい。あげるとしても最低限レベルにしたい、という考え方でした。

しかし、職場の義理チョコにはメリットもあります。そのメリットを重視するなら、敢えてお金と時間をかけて義理チョコを渡す意味が出てきます。次に、義理チョコのメリットをお伝えしましょう。

義理チョコをあげるメリットとは

職場の義理チョコのメリットは、潤滑油です。日頃あまり会話することのない男性社員と、「チョコをどうぞ」程度であっても会話することで、心理的なハードルが下がり、ちょっとだけ親しくなれます。

ちょっとだけでも親しくなると、会話をしやすくなります。仕事の情報も入りやすくなり、仕事もしやすくなります。これは大きな収穫です。

さらに、「チョコをどうぞ(ニコッ)」がきっかけになり、恋が芽生えるかもしれません。恋愛なんて、何がきっかけになるか分からないものです。

このようなメリットもあるので、お金と時間が多少かかるのですが、義理チョコを贈る意義もちゃんとあります。

私の職場の義理チョコ事情

先にも書いたように、私の現在の職場では義理チョコ配布はありません。

10年位前は義理チョコがあったそうですが、数年前(私がこの職場に来る前)に廃止になったそうです。

その理由は、
 ・女性陣から「面倒だ!」との意見あり
 ・男性陣から「お返しが面倒だ!」との意見あり

ということです。

当時の職場のリーダーが、みんなの話を聞いて決めたそうです。不文律になっています。

現在では、代わりになのか、職場のリーダー(男)が「何もないと寂しいよね。話題の提供だよ」と、チョコ詰め合わせを買ってきてくれます(笑)

チョコ 詰め合わせ

あとがき

職場で義理チョコをあげるべきかどうか、お伝えしました。

基本的には、義理チョコをあげる必要はないと思います。その準備に、女性はお金も時間も負担しないとなりませんから。

「義理チョコくれないの?」と聞かれたら
「本命にしかあげないの」とでも流しておきましょう。

しかし、義理チョコを頭から否定するものでもありません。

義理チョコには、職場の潤滑油などのメリットがあります。そのメリットに価値があると思えれば、大いに渡す意味があります。

なに事も、考え方次第ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索