スポンサーリンク

内之浦宇宙空間観測所ロケット打ち上げ見学場所は?ライブ中継もあり!

スポンサーリンク

内之浦は、日本初の人工衛星を打ち上げたロケット発射場として有名です。

内之浦宇宙空間観測所

その内之浦からの前回の打ち上げは、2013年9月14日、新型ロケット・イプシロンでした。あの時も、JAXAの新世代ロケットとして大きく報道され、多くの見学者が内之浦を訪れました。

その後も、2016年、2017年と打ち上げが予定されています。「次のイプシロン打ち上げはぜひ見学に行きたい!」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

今回は、この内之浦宇宙空間観測所のロケット打ち上げの見学場所についてお伝えします。最近は内之浦の人気も高まって、駐車場なども大混雑します。事前の情報収集が大事です!

スポンサーリンク

内之浦ロケット打ち上げ見学場所

公式見学場所は、現地に複数ヶ所用意されています。

直接発射場が見えるのは、宮原ロケット見学場のみです。他の場所からは、発射後に轟音とともに上昇していくロケットを見学できます。

また、宮原見学場のみ、事前抽選により入場者数が制限されます。他の見学場では自由に入場できます。

  • 宮原ロケット見学場
  • 内之浦漁港
  • 内之浦小学校
  • 内之浦中学校
  • 岸良海岸(きしらかいがん)
  • 岸良小学校
  • 岸良中学校

地図はコチラです。
(※)地図の左肩をクリックすると、地図の説明が表示されます。
 ↓

次に、それぞれの見学場所について紹介しますね。

宮原ロケット見学場

  • 入場制限: あり。見学者数2,000人。
    事前抽選にて決定します。
    抽選には、近畿日本ツーリストから申し込みます。
    イプシロン発射見学バスツアー
    電話:06-6535-8604
  • 入場料: 2,000円(+シャトルバス代)
  • 駐車場: なし。シャトルバスで入場。
  • 発射場は見えるか: 見える

宮原からの見学風景です。
ここからだと流石に間近に感じられますね! よく見える!
 ↓

内之浦漁港

  • 駐車場: 850台。運営協力金300円/台
  • 発射場は見えるか: 見えない

内之浦漁港からの見学風景です。
相当な人数が集まってますよ~
 ↓

内之浦小学校

  • 駐車場: 250台。無料
  • 発射場は見えるか: 見えない

内之浦中学校

  • 駐車場: 200台。無料
  • 発射場は見えるか: 見えない

岸良海岸(きしらかいがん)

  • 駐車場: 100台。無料
  • 発射場は見えるか: 見えない

岸良小学校、中学校からも見学できます。

■ 駐車場
 岸良小学校: 140台。無料
 岸良中学校: 200台。無料

こちらの動画では、いろんな場所からの発射の様子が見られます。
26秒からの空撮シーンは迫力ありますよ!
 ↓

ライブ中継あります

JAXAの打ち上げは、Youtubeでライブ中継されます。
→ 内之浦宇宙空間観測所ロケット打ち上げ見学場所は?ライブ中継もあり!

現地に行けなくても、こちらから応援できますよ!

次に、内之浦宇宙空間観測所がある肝付町への行き方を紹介します。

肝付町へのアクセス

肝付町は、交通の便があまり良くありません。
現地の肝付町に着いてから、各見学場まではクルマ(タクシーかレンタカー)での移動が便利です。

関西からフェリーで入る

大阪からフェリー『さんふらわあ』で志布志港に入ります。
→ フェリーさんふらわあ

志布志→肝付町のバスはありませんので、志布志でレンタカーを借ります。
志布志から肝付町まで、クルマで約40分です。

飛行機で鹿児島空港から入る

鹿児島空港からリムジンバスで鹿屋に入ります(約100分)
鹿屋でレンタカーを借ります。
鹿屋から肝付町まで、クルマで約20分です。

鹿児島市からフェリーで入る

これは、九州新幹線などで、既に鹿児島市に到着している場合などですね。
フェリーは2経路あります。

  • 鹿児島港→桜島港(桜島フェリー使用、15分)
    錦江湾を桜島フェリーで渡ります。
    → 桜島フェリー
    桜島港から鹿屋までバス90分です。
  • 鴨池港→垂水港(垂水フェリー使用)
    錦江湾を垂水フェリーで渡ります。
    → 鴨池・垂水フェリー
    垂水港から鹿屋までバス40分です。

両経路とも、鹿屋でレンタカーを借りて肝付町まで20分です。

鹿児島市からバスで入る

鹿児島市内から鹿屋市までバスで約120分です。
鹿屋でレンタカーを借ります。

レンタカーのススメ

レンタカーは鹿屋市ではなく、肝付町でも借りられます。ですが、肝付町には多くの観光客が集中しますので、レンタカーが払底するおそれがあります。よってレンタカーは、鹿屋や志布志で借りるのが良いと思います。

  • 鹿屋・垂水のレンタカー
  • 志布志市のレンタカー
     (有)志布志中央レンタカー 電話:099-473-2419
     (有)モリ交通 電話:090-2518-1734
     ニコニコレンタカー志布志店 電話:099-477-2308

ホテル・民宿に泊まってゆっくり見学!

肝付町へは鉄道も届いていないし、高速バスも走っていません。県外などからの日帰り旅行ですと、かなりの強行軍になると思います。

幸い、肝付町周辺には多くのホテル・民宿がありますので紹介しますね。

大きめのホテルをお探しならこちらです。
→ 宇宙空間観測所の周辺のホテル

国民宿舎ボルベリアダグリは料金もお手頃で、立地が素晴らしいです!

国民宿舎ボルベリアダグリ

民宿をお探しなら、こちらです。
→ 肝付町観光協会公式サイト > 泊まる-内之浦エリア

せっかく鹿児島の肝付町まで来たのなら、周辺も観光したいですよね!
→ 肝付町の観光情報
→ 宇宙空間観測所の口コミとか

最後にちょっとだけ、内之浦のみなさんがどれだけロケットを愛しているのか、というお話を紹介しますね。

内之浦のロケット愛

日本のロケットの父・糸川博士が内之浦を初めて訪問したのは1960年(昭和35年)。鹿屋市でタクシーに乗ろうとするも、運転手に「あそこは道が悪い」と乗車拒否をくらいます。しかし糸川先生は運転手にサラリと一言、「ならば私が運転する。君は助手席に座りなさい」。かくして糸川先生は自らタクシーを運転して内之浦を訪れたのでした。

内之浦で久木町長に候補地を案内されたその帰り、糸川先生は、峠の県道沿いで広大な太平洋を眺めながら小用をたしていたところ、「ここだ!」と閃いたのだそうです。ニュータイプのようです (^^) やはり頭のなかであの効果音が鳴ったのでしょうか。

発射場建設が始まると、内之浦の人達は作業スタッフを家族のように迎え入れてくれたのだとか。スタッフの宿の手配をしたり、婦人会54人が調理師免許をとって仕出しに協力したり。圧巻なのは、人手不足から土木工事が遅れた時には、婦人会のメンバーが土方作業をボランティアで手伝ったというのです・・・すごいですよね。

ほかにも、多くの胸が熱くなるお話が残されています。
続きはこちらで。
→ ロケット愛紹介記事 | ウチノウラキモツキ共和国

あとがき

内之浦宇宙空間観測所の、ロケット打ち上げ見学場についてお伝えしました。

  • 宮原ロケット見学場
    メインの見学場。抽選による入場制限あり。
  • 内之浦漁港
  • 内之浦小学校
  • 内之浦中学校
  • 岸良海岸(きしらかいがん)
  • 岸良小学校
  • 岸良中学校

宮原見学場以外は、入場に制限はありません。
ですが駐車場は満車になりますので、早めの移動がおすすめです。

日本最初の人工衛星『おおすみ』は、内之浦から打ち上げられました。名前の『おおすみ』は、大隅半島に由来しています。

最近は種子島宇宙センターの陰に隠れてしまいがちな内之浦ですが、イプシロンロケットの発射場として注目度が上昇中です。皆で応援して、日本の宇宙開発を熱く盛り上げて行きたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索