スポンサーリンク

チョコ賞味期限切れはいつまで食べられる?白いツブツブはカビ?

スポンサーリンク

私はチョコが大好きで、コンビニに行くと必ずといっていいほどチョコを買います。
通販では訳ありの割れチョコを安く買って、冷蔵庫にストックしています。

しかしストックしていると、つい間違えて新しいものから食べてしまうことがありますよね。で、古いものが残ってしまい、賞味期限を過ぎてしまうことも。

同じような経験がおありの方も多いのではないでしょうか。

チョコレート

こんな時、賞味期限切れのチョコの扱いに悩みませんか?
「これ賞味期限切れたけど、食べてもいいんかな」
「表面に、なんか白いツブツブが出てるんだけど!」

今回は、賞味期限切れのチョコはいつまで食べられるのか、白いツブツブは何なのか、等についてお伝えします。食べていいかマズイのか、これでバッチリ分かります。

スポンサーリンク

賞味期限切れのチョコは食べられる?

賞味期限が切れたチョコ、ほとんどの場合は見た目がキレイなので、なかなか捨てられませんよね。捨てるのはもったいなく感じます。

このチョコ、賞味期限切れてるんだけど、
捨てるのは罪悪感あるな~
捨てることを前提にしなくていいんだよ。
ほとんどの場合、食べられるよ!
マジで!?

はい、マジです。

賞味期限とは、メーカーが決めたもので、その商品を美味しく食べられる期限です。食べられなくなる期限ではないのです。保管状態次第では、賞味期限を過ぎても1ヶ月後でも1年後でも食べられます。

チョコレートの場合、カビが生えていなければ(普通カビは生えません)、ほぼ食べられると考えて良いでしょう。ただし、酸化が進みますので風味は劣化します

食べる際には、まずは少しだけ味見して、普通のチョコとは違う嫌な味がしないことを確認しましょう。ここは自己責任になりますからね!

注意 ワンポイント 038564消費期限と賞味期限
加工食品には消費期限または賞味期限のどちらかの期限が表記されています。チョコレートには、賞味期限が表記されています。

賞味期限とは『美味しく食べられる』期限です。一方、消費期限とは、その食品を『安全に食べられる』とメーカーが決めた期間です。両者にはこのような違いがあります。
一般に、消費期限を過ぎたものは、食べない方がいいでしょう。

白いツブツブはカビ?

チョコレートを保存していると、時々表面に白いツブツブ、白い斑(まだら)のようなものが現れることがあります。

これは・・・カビ!?

さかなクンじゃないけど、ギョギョっとなりますよね。

いえいえ、これはカビではなく、ファットブルーム現象と呼ばれるものです。
→ チョコレート ファットブルーム現象の画像

単にブルームと呼ばれることもあります。

チョコレートの主原料であるカカオ豆には、ココアバター(カカオバター)という脂肪分が含まれています。このココアバターは、28度前後で溶け始め、さらに温度が高くなるとチョコの表面に表出してきます。これがその後冷えて固まると、白くなるのです。

なので、これはカビではありません。
食べても問題はありません。

ですが、チョコに溶け込んでいた脂肪分が表面に出て固まっているので、メーカーが作ったチョコとは既に違うものになっています。風味もメーカーが意図したものとは変わってしまっているので、美味しくないかもしれません。

食べても問題ないのね!
じゃあ溶かしてバレンタインの義理チョコにしようかな?
オイオイ・・・

それ チョコレート ロンダリングです・・・

チョコレートの賞味期限はどれくらい?

一般的売られているチョコの賞味期限はどれくらいなのでしょうか。
普段はあまり気にせずに買いますが、ちょっと気になりますよね。

いくつかのチョコの賞味期限を近所のコンビニで調べてみたところ、8ヶ月~10ヶ月ほどの余裕がありました。これならしばらく放置しても、十分に食べ切れますね。

では通販の高級ブランドチョコはどうでしょう。
楽天で調べてみました。



ロイズ(ROYCE’)ピュアチョコレート スイート&ミルク

チョコ 賞味期限 ロイズ
→ 賞味期限:3ヶ月



ゴディバ(GODIVA)ゴールドコレクション12粒

チョコ 賞味期限 ゴディバ
→ 賞味期限: 1ヶ月以上のものをお送りしております。



モロゾフ プレミアムチョコレートセレクション

チョコ 賞味期限 モロゾフ
→ 賞味期限:製造日より240日(最長2017.06.30)

サンプルは少ないですが、有名ブランドの場合、賞味期限は最低1ヶ月です。これは急いで食べないとなりませんね。誰かにプレゼントする時は「賞味期限○○だから、早めに食べて!」なんてお願いした方がいいのかも・・・

通販サイトには、チョコの賞味期限が書いてありますので、確認を忘れないようにしましょう。

ところで、チョコレートは非常に腐りにくいということをご存知でしょうか。

チョコレートは腐らない?

基本的には、チョコレートは水分をごく僅か(1~2%)しか含みません。水分が少ない食品は細菌が活動しにくくなるので、チョコは極めて腐りにくいのです。

しかし永久に何年でも保存できるわけではありません。チョコに含まれる脂質が酸化し、時間とともに風味は落ちていきます。

また、生クリームなどを多量に添加したチョコは、水分を多く含んでいる可能性があります。その場合、腐る可能性は高くなります。

生チョコレートには特に注意が必要です。
生チョコには、重量で10%以上の水分が含まれています。つまり生チョコは腐りやすいのです。早め早めに食べきりましょう。

チョコレート

このように、一般的にはチョコは腐りにくいのですが、保存するのなら上手に保存したいものです。また生チョコは足が早いので、保存には気を使います。どのように保存すればいいのでしょうか。

チョコレートの保存方法

チョコレートの保存方法はシンプルです。

  1. 基本は28℃未満の室温で保存
    28℃を超えるとチョコが溶けてしまうから。
  2. チョコは冷暗所で保存
    湿度や光はチョコを劣化させるから。
  3. 28℃をこえる夏場には冷蔵庫の野菜室で保存
    野菜室は冷蔵庫の中でも温度が高めなので、結露を防げるから。

生チョコは腐りやすいので、気温に関わらず冷蔵庫に入れるのがおすすめです。

冷蔵庫に入れる際は、次の点にも注意するとなお良いです。
 ・ラップで包んだ上で、新聞紙で包む。
 ・さらにジップロックに入れる。

チョコは匂い移りしやすい食品なので、ラップで包むことにより、他の食品からの匂い移りを防ぎます。

また、新聞紙に包んでジップロックに入れることにより、急激な温度変化と結露を防ぎます。温度変化と結露はチョコの風味を落とします。

冷蔵庫で保存していたチョコは、室温に馴染ませてから食べると口溶けが良く、美味しく食べられます。

いろいろ考えると面倒なので、私は次のルールに単純化しています。

  • チョコは冷蔵庫の野菜室で保存する!

これだけでも十分に美味しく保存できてます!

手抜きだけは上手いわね(^^;

チョコの賞味期限のまとめ

チョコレートの賞味期限についてお伝えしました。

賞味期限切れのチョコは、ほとんどの場合は食べられます。ただ、時間とともに風味は劣化していきますので、少し試食してみて、不味かったら廃棄しましょう。

保存していたチョコに出た白いツブツブや斑模様は、成分の脂質が表出したもので、ファットブルームと呼ばれます。カビではないので、食べても安全です。

チョコの賞味期限は、商品毎に違います。簡単に調べた所、最低でも1ヶ月、最長だと10ヶ月程度はありました。購入時には賞味期限を確認しましょう。

私達人類は、なぜかチョコが大好きです。神さまから贈られた不思議な食べ物だと思います。賞味期限を盲信することなく、最後まで美味しく食べ切りたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索