スポンサーリンク

都市ガス自由化とは?いつから?素朴な疑問を徹底解説

スポンサーリンク

都市ガス自由化に先立ち、2016年、電力自由化が行われました。その結果多くの新電力会社が電力市場に参入し、電気料金が引き下げられました。同時に様々な割引きサービスや特典も導入され、私達消費者には多くのメリットがありました。

ガスコンロ ガスの火

そして2017年、今度は都市ガスが自由化されます。都市ガスは電気と並び、私たちの生活を支える重要なライフラインです。しかしまだ、都市ガス自由化は消費者への認知度も低く、メリット・デメリット等がよく分からないという方も多いと思います。

そこで今回は、この都市ガス自由化とは何か、いつから始まるのか、その仕組みは?などの素朴な疑問を徹底解説したいと思います。都市ガス自由化をしっかり理解して、お得に利用しましょう!

スポンサーリンク

都市ガス自由化とは?

従来消費者は、その地域を独占しているガス会社としか契約できませんでした。東京に住んでいたら東京ガス、大阪に住んでいたら大阪ガスですね。しかし都市ガス自由化によって、消費者は好きなガス会社を選べるようになります

都市ガス自由化は、電力自由化に似ています。
2016年に電力自由化が行われました。この自由化では多くの新電力会社が市場に参入し、消費者が電力会社を自由に選べるようになりました。例えば関東エリアでは、東京ガスやソフトバンク、ケーブルテレビなど、「えっ?」と思うような会社が新規参入しました。

その結果、電気料金自体の値下げだけではなく、セット販売商品の料金を割り引くなど、様々な割引サービスや特典が登場しました。例えば東京ガスの電気を契約すると、水回りや鍵のトラブルなどに対応する24時間駆け付けサービスが無料で付いてきます。

電気代が安くなって、おまけに特典まで付いてくるのならと、少なくない消費者が新電力会社に切り替えました。

都市ガス自由化でも、電力自由化と同じようなことが起きると予想されます。

例えば、東京ガスが電力事業に参入したように、今度は東京電力がガス事業に参入するでしょう。そもそも東京電力は、発電用に天然ガスを大量に安く仕入れていますから、文字通りガスは売るほど持っています。
売るほどあるガスに電気のセット割を付けて、さらに+αの特典を追加してくるでしょう。消費者としては楽しみですね。

LNGタンカー

都市ガス自由化はいつから始まる?

都市ガス自由化で新しくガス会社を興す場合、経産省への登録が必要です。この登録受付が2016年8月から始まっています。

都市ガス自由化によるガス供給開始は、2017年4月1日にスタートの予定です。電力自由化と同じく、年明けから激しい広告合戦が始まると思われます。

自由化のメリット

都市ガス自由化のメリットは、何と言ってもガス料金が下がることです。多くのガス会社で競争原理が働き、ガス料金を下げる企業努力が期待できます。

また、電力自由化と同じように、各種サービスとのセット販売による様々な特典も付くでしょう。

自由化のデメリット

デメリットは、自由化の恩恵を受けられるのは都市部だけ、ということです。人口が少ない地方では、新ガス会社が参入しない可能性が高まります。

デメリットとして、輸入する天然ガスの高騰に伴いガス料金も値上がりし、ガス料金の不安定さにつながるという指摘もあります。しかしそれは現行の状況でも本質は変わりません。ガス料金の変動幅が問題なら、法律により変動幅を制限すればいいので、これは制度設計の問題でしょう。

都市ガス自由化の仕組み

自由化によって消費者が好きなガス会社を選べると言っても、よく分からない点があります。

私は東京に住んでいるんだけど、
大阪ガスと契約したら、ガスはどうやって送られてくるの?
確かに、それは鋭い質問だね~。
でも大丈夫! ちゃんとうまい仕組みが出来ているんだよ。

例として、東京在住の消費者Aさんが大阪ガスと契約した場合、ガスはどのように流れるのでしょうか。Aさんの自宅には東京ガスのガス管しか来ていないので、大阪ガスからはガスを流せません。

この場合、Aさん宅へは東京ガスからガスが流れてきます。そして、大阪ガスがその分のガスを東京ガスへ送ります(もしくはそのガス代に相当するお金を東京ガスに払います)。こうして間接的に、Aさんは大阪ガスからガスを購入します。

大阪ガスは東京ガスからガス管を借りる形になります。ガス管を持っている会社は、「ガス管を貸してくれ」と頼まれたら嫌と言えないルールになっています。また、ガス管の使用料として法外な請求ができないルールです。

こうやってガス管を貸し借りすることで、ガス会社が新たにガス管を敷設することなく、ガス事業に参入できるようになっています。

昼寝 猫

プロパンガス(LPガス)はどうなる?

プロパンガスは今回のガス自由化の対象外です。都市ガスのサービスエリアは容易には広げられないので、都市ガスご利用中の方は、残念ながら上記のメリットを受けられません。(プロパンガスとLPガスは同じ意味です)

ただ、プロパンガスの料金も下げられないわけではありません。プロパンガスの料金を安くする方法については、こちらから。
 → 都市ガス自由化のプロパンへの影響は?ガス料金を下げる方法とは

ガス会社乗り換えのポイント

ガス会社は、美味しそうな特典やサービスを用意して私たちを勧誘します。例えば、携帯電話やインターネット契約とのセット割とか、有料ウェブサービスの無料使用権などです。
しかし、それらの特典をどれだけ利用するのでしょうか。毎日のように使うのなら価値がありますが、使わない特典は意味がありません。

本丸はガス料金を下げることです。ガス料金が実質どれだけ下がるのか、この点が一番大事です。特典に惑わされないようにしましょう。

ガス会社乗り換え時の注意点

ガス会社は顧客獲得のために、さまざまな特典やサービスを提供するでしょう。しかし、これらの特典・サービスを受けるための条件として、『○年縛り』が付けられる可能性があります。例えば、契約後2年以内の解約時には違約金が発生する、などです。

転居や様々な理由で解約することはありますので、解約時の条件はしっかりと確認しましょう。

あとがき

都市ガス自由化とは何なのか、電力自由化になぞらえて解説しました。この自由化によって、ガス料金が下がり、さまざまな新しい特典やサービスが生まれることが期待されます。

都市ガス自由化の最大のメリットは、ガス料金が下がることです。デメリットはあまりありませんが、強いて言えば、大都市以外の地方ではサービスが提供されにくいことでしょうか。

ガス会社の乗り換え検討時には、ガス料金が実質どれだけ安くなるのかを重視し、特典に惑わされないようにしましょう。

また、『○年縛り』などの、解約時の条件・違約金については注意が必要です。『綺麗なバラには棘がある』ですよ。

とは言え、都市ガス自由化は消費者へのデメリットはほとんどないので、積極的に乗り換えを検討して良いと思います。
あなたに最適なガス会社が見つかりますように!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索