スポンサーリンク

七草粥の意味と由来、子供にどう教える?覚えやすい歌もあるよ

スポンサーリンク

松の内も終わると、新年も本格的に始動します。
その松の内の最終日、1月7日は七草粥を食べる日ですね。朝食に七草粥を食べるご家庭も多いと思います。

我が家でも、毎年食べます。目にも緑が鮮やかな七草粥は、お正月休みで緩んだ気持ちをリフレッシュしてくれるのと同時に、ウキウキした春の予感も運んできてくれますね!

七草粥

ところでこの七草粥、日本に古くから伝わる行事食ですが、どんな意味・由来があるのでしょうか。ご存じない方も、意外といらっしゃると思います。子供さんに質問されたら、戸惑ってしまいますね(^^;

今回は、七草粥の意味・由来を、子供さんにも分かりやすいよう簡単に紹介します。子供さんに質問されたら、「待ってました!」と教えてあげてください(^^)

スポンサーリンク

七草粥の意味・由来

七草粥の七草とは、

  • せり
  • なずな
  • ごぎょう
  • はこべら
  • ほとけのざ
  • すずな
  • すずしろ

のことです。

春の七草

1月7日の朝にこれら七草を食べると邪気が払われる、と言われています。
また、昔は冬には野菜が少なくビタミン不足になりがちだったため、新鮮な野菜を食べるとそれを補える、という効果もあったようです。

七草粥の由来には、諸説あります。
一つは、古来より日本にあった『若菜摘み』という習慣が元になったという説です。これは、年の初めに雪の間に生えている若菜を摘むというものです。厳しい自然の中で健気に伸びてくる、若い草の生命力にあやかろうとしたのでしょう。気持ちはわかりますよね。

「君がため 春の野に出でて 若菜摘む
 我が衣手に 雪は降りつつ 」

という歌が古今和歌集(延喜五年、905年)にありますから、平安時代には、若菜摘みの習慣があったということですね。百人一首にも入っています。古いですね~

また中国には、その名も『七種菜羹(しちしゅさいこう)』という7種類の草を入れた汁物があり、これが日本に伝わったという説もあります。

まとめると、由来には諸説あり、例えば

  • 日本古来の『若菜摘み』が元になった。
  • 中国の『七種菜羹(しちしゅさいこう)』が元になった。

などと言われています。

伝統的な行事の意味や由来は、時代が進むとともにあやふやになっていきます。100年後、七草粥はどのように伝えられているのでしょうか。

ところで、七草粥に入っている7種類の草(野菜)にも、それぞれ意味があります。その意味も見ておきましょう。

七つの草にもそれぞれ意味がある!

東北などの寒冷地と鹿児島などの温暖な地域では、生える草も違いますから、七草粥の七草も地方によっては変わってきます。

ここでは、関東地方で一般的な七草について、その意味を紹介しますね。

  • せり
    競り勝てるように
  • なずな
    撫でて汚れを払う
  • ごぎょう
    仏様のお体のこと
  • はこべら
    繁栄がはびこるように
  • ほとけのざ
    仏様のお席
  • すずな
    神様をお呼びする鈴
  • すずしろ
    清廉な白

上記のような願いや聖なるものを食して、この一年の健康や安寧、幸運を願ったのでしょう。

七草粥

歌で覚えよう!七つの草の覚え方

春の七草、覚えていますか?

せり なずな
ごぎょう はこべら ほとけのざ
すずな すずしろ 春の七草

五七五七七の調子で読めば、覚えやすいですね。

別の面白い覚え方として、歌があります。
七草粥の唄』です。
 ↓

誰が作ったのでしょうか、とても親しみやすい曲です。
幼稚園児くらいのお子さんなら、五七五よりも、こんな唄の方が覚えやすいかもしれませんね。

夏の七草もある!

実は七草には、『夏の七草』という夏バージョンもあります。

夏の七草は、第二次大戦中の食糧難の時代に、食べられる野草はないか、ということで日本学術振興会が作り上げたものです。

夏の七草

  • あかざ
  • いのこづち
  • ひゆ
  • すべりひゆ
  • しろつめぐさ
  • ひめじょおん
  • つゆくさ

基本的に雑草ですから、美味しくはないでしょう(^^;

子供さんには
「戦争になると食べ物がなくなって、まずい草を食べないといけなくなる。
だから戦争してはダメだよ」

などと話してあげるといいと思います。

まとめ

七草粥の意味・由来や、各野菜の意味をお伝えしました。

七草粥の七草は、地域により多少の違いはありますが、次の七つです。

  • せり
  • なずな
  • ごぎょう
  • はこべら
  • ほとけのざ
  • すずな
  • すずしろ

新年1月7日の朝食に七草を食べると邪気が払える、と言われています。
その由来には諸説あります。

  • 日本古来の『若菜摘み』が元になった。
  • 中国の『七種菜羹(しちしゅさいこう)』が元になった。

などが一般的な説です。

七草粥は、白いご飯に鮮やかな緑が美しく、私は五月の新緑を思い出します。和食は目でも味わうと言いますが、まさにその通りですね。

今年も1月7日には、ご家族で美味しい七草粥をどうぞ。
その際には、子供さんに簡単にでも、その意味や由来も話してあげて下さいネ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索