スポンサーリンク

クリスマスにチキンを食べる理由!牛でも豚でも七面鳥でもないワケは・・・

スポンサーリンク

もうすぐクリスマスがやって来ますね!クリスチャンが少数派の日本においても、クリスマスは冬の風物詩となっています。今からワクワクしてる人も多いでしょう。

このクリスマスの定番の食べ物と言えばクリスマスケーキですが、その次に来るのがチキンです。特に人気なのが、ケンタッキーフライドチキン。パーティー用のクリスマスバーレルなどは飛ぶように売れていきます。

クリスマス チキンの丸焼き

売れるのは美味しいから、というのもあるのでしょうけど、なぜにチキンなのでしょうか。豚肉や牛肉ではなくて、なぜチキン?

今回は、クリスマスにチキンを食べる理由を調べてみました。子供さんに質問された時とか、教えてあげて下さいね。雑談のネタにも使えますよ。

スポンサーリンク

クリスマスにチキンを食べる理由とは?

クリスマスにチキンを食べるのは、実は日本独特の習慣です。

もともと日本は仏教や神道の国ですから、クリスマスをお祝いする習慣はありませんでした。よってクリスマスにチキンを食べることもなかったのです。

時は1970年、米国のKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)が日本に上陸してきました。場所は名古屋。なぜ東京や大阪じゃなくて名古屋だったのかは不明です(^^)

ところが、KFCもがんばって売り込んだのでしょうけど、ギトギトの鶏肉を両手で手づかみで食べるというスタイルのせいか、日本ではなかなかブレイクしなかったようです。

しかし時代が追い風となりました。1970年からは高度経済成長期となり、米国文化は憧れの的でした。次第にケンタッキーは売れるようになり、支店も増えていきました。

ある日、キリスト教系の幼稚園から、サンタクロースに扮してクリスマス会にフライドチキンを届けて欲しいとの要望がありました。これが子供たちに大受けして、大評判となりました。

サンタクロースとトナカイ

これにヒントを得たKFC経営陣は、「クリスマスにはケンタッキー!」とCMを打ち、大ブレイクへとつながりました。こうして、日本では「クリスマスにはチキン」という習慣ができてしまったのです。

このように、一企業のビジネス戦略で、日本全体の食習慣が形作られてしまいました。CM効果ってすごいのですね。

ちなみに、KFCは一年の売上の30%~40%をクリスマス時期に売り上げると聞いたことがあります。それくらい、クリスマスにはチキンが売れます。おかげでケンタッキーは大混雑です!

クリスマスリース

ところで、本来クリスマスはキリストの誕生を祝う特別な日です。その特別な日に、ケンタッキーフライドチキンというファストフードを食べるのは、キリスト教圏の国々から見ると、かなり不思議な光景のようです。
クリスマスは特別な日なのだから、特別に手をかけた料理を食べるべきだ、という考え方なのですね。

では、諸外国では何を食べてるんでしょうか?

外国ではクリスマスに何を食べているの?

クリスマスに何を食べるかは、国ごとにいろいろ違うようです。

例えば、アメリカではローストターキー(七面鳥)やローストポーク、ローストビーフなど、イギリスではプティングなどが食べられます。
フランスではウサギ、ヨーロッパでは魚料理も多いそうです。

本当に国によって様々ですが、ポイントは手の込んだ料理を食べる、という点です。キリスト教の国では、クリスマスが持つ意味の重さが、日本人が感じるものよりずっと重いのです。クリスマスは宗教的に特別な日であるから、大切な家族とともに、特別な料理を食べるのです。

では日本もフライドチキンはやめて、クリスマスには特別な料理を食べるべきでしょうか?

個人的にはそこまでする必要はないと思います。

日本人は昔から、外国の文化や知識を輸入して、日本人用にカスタマイズしてきました。クリスマスも同じです。日本人にとって、クリスマスはお楽しみイベントです。宗教的な意味は、ほぼありません。

クリスマスパーティー

クリスマスにはチキンを食べる、という日本独自のクリスマスで良いと思います。

クリスマスのチキン、どこで買う?

クリスマスのチキンはどこで買いますか? 
定番なのはケンタッキーです。クリスマスバーレルとか大人気で、ケンタッキーはめっちゃ混雑します。クリスマスには長蛇の列です。
→ ケンタッキーでクリスマスに予約なしでチキンを買える?

ケンタッキー以外ですと、コンビニがありますね。ファミリーマートのファミチキ、ローソンのLチキ、セブンイレブンの揚げ鶏などです。
コンビニのチキンはかなり美味しく、「たかがコンビニ」とバカにできません。クリスマスムードは不足ですが、補欠選手としては申し分ありません。

またスーパーの惣菜コーナーでも、クリスマス用のチキンが売られています。こちらも美味しいですよ。惣菜コーナーはスーパーの集客装置ですから、味に妥協はありません。

今やネットでもチキンが買えます。しかも、普通のお店では手に入らない、丸焼きチキンが買えます。

ローストチキン丸蒸し焼き

奥さま、いかがですか!
丸焼きチキンなら、インパクトのあるクリスマス料理が作れますよ(^^)

まとめ

クリスマスにチキンを食べる理由は、ケンタッキーがビジネス戦略上、それを売り込んだからです。

もしもマクドナルドが同じようにやってたら、『クリスマスにはハンバーガー』になっていたのかもしれません。

「クリスマスにハンバーガー?」
ピンと来ませんよね、なんか変です。「クリスマスにケンタッキー」と聞いた外国人の感覚も、これと同じなのだと思います(^^)

でもいいじゃないですか。日本には日本のクリスマスがあります。家族と楽しむも良し、恋人とロマンチックに過ごすも良し、仕事で残業するも良し。クリぼっちでも上等です。ひとカラでも一人映画でも楽しめます。

みなさんそれぞれ、素敵なクリスマスをお過ごし下さい・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索