スポンサーリンク

敬老の日の定番の花は何?花言葉も気になります。

スポンサーリンク

9月の第3月曜日は敬老の日。敬老の日は目上の方の長寿を祝い、感謝の気持ちを伝える日です。目上の方を敬う日本人らしい祝日ですね。

みなさんは敬老の日に、どんなプレゼントを贈っていますか?

keirou_couple_flower-%e6%95%ac%e8%80%81%e3%81%ae%e6%97%a5

母の日はカーネーション、父の日にはガーベラかひまわりを贈ります。敬老の日にも、プレゼントに贈る定番のお花があります。

今回は敬老の日の定番のお花を紹介します。
今年はお世話になっているお爺さん、お婆さんに、素敵なお花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

敬老の日、定番の花は「リンドウ」です

リンドウの花をご存知でしょうか?
とっても美しい紫色のお花です。

リンドウ 敬老の日プレゼントの定番

なぜリンドウのお花が選ばれたかと言うと、この紫色に関係があります。
その昔「冠位十二階」という制度があったのは有名ですね。
人々の能力によって位をつけた制度です。その最高位だった「紫」がもととなっています。

尊敬するほどすごい人に紫の冠が送られていた。
 ↓
ならば、尊敬する先人に紫の花を贈ろう。

というように転じたのでしょう。

そのリンドウの花言葉には、「誠実」「正義」「勝利」「あなたの悲しみに寄り添う」「悲しんでいるときのあなたを愛する」などがあります。

花言葉を添えて送ると、さらに喜んでもらえそうですね!

リンドウ以外の定番はこちら

リンドウのほかにも定番のお花を紹介します!

バラ

高貴な花と言えば「バラ」ですね。

いつまでも「上品」「おしゃれ」でいてほしい、そんな願いを込めて贈る方も多いです。

バラ。敬老の日のプレゼントに。

「紫のバラ」を贈る習慣が出来てきており、敬老の日用に売り出されています。

バラの花言葉は「愛」や「美」ですが、
紫のバラの花言葉
「尊敬」「誇り」「気品」
です。敬老の日のプレゼントにぴったりですね!

胡蝶蘭

「幸福をもたらす花」と言われる胡蝶蘭。おめでたい日に贈る定番の花と言えば、「胡蝶蘭」ですよね。

胡蝶蘭。敬老の日のプレゼントに。

どの花より目を引く、と言いますか、そこにあるだけで“豪華さ”が溢れ出るお花です!
お値段もそれなりに高いですが、先様にはとても喜ばれます。
もっと長生きしたい!と思ってもらえそうですよね♪

胡蝶蘭の花言葉は、「安定」「上品」「高貴」「繁栄のシンボル」です。

白寿という花

初めにリンドウを紹介しましたが、リンドウの品種に「白寿(はくじゅ)」という白い花があります。99歳のお祝いである「白寿」と同じ名前です。

白寿の花言葉は“健康と長寿を祝う”です。
この白寿も、敬老の日のプレゼントにぴったりですね。

まとめ

敬老の日プレゼントの定番の花として、

  • りんどう
  • バラ
  • 胡蝶蘭
  • 白寿

をご紹介しました。

渡すお花は決まったでしょうか。

今年の敬老の日のプレゼントは、これでばっちりですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索