スポンサーリンク

お歳暮のお礼状の文例!ビジネスその他の場合もまとめてご紹介

スポンサーリンク

お歳暮は、今年一年お世話になった方に、感謝の気持ちを込めて贈り物をする慣習です。個人的にもビジネス上でも、お歳暮を贈る慣習は社会に広く根付いています。

ご進物を受け取ったら、お礼を述べるのがマナーです。親しい知人であれば、メールや電話で「気を使わせちゃったね、ありがとう!」と伝えればそれで十分。私も友人に対してはいつもメールでお礼しています。

38bce387bc4f15a73d25998451512430_s お中元 お歳暮

ですが、メールや電話はあくまでも略式です。本来は、手紙を書いてお礼の気持ちを伝えるのが、正しいマナーです。ビジネスであれば、ほぼ100%、手紙でお礼状を送ります。

でも、書き慣れないとなかなか書けないですよね。今でこそ私もサラサラとお礼状を書けますが、昔は「これでいいんだっけ??」と悩みながら書いていました(^^;

今回は、お礼状を書き慣れていない方に向けて、お歳暮を頂いた時のお礼状の文例を紹介します。また、今後のお歳暮受け取りを辞退したい場合の伝え方も紹介しますね。

ではまずビジネスのお礼状から始めましょう。

スポンサーリンク

お歳暮のお礼状の文例。ビジネスの場合

ビジネスのお礼状は、至ってシンプルです。
定型文だけで出来ていると言っても過言ではありません。

パターンはこのようになります。
 ↓

○○株式会社
代表取締役社長 ○○太郎 様

<< ここに本文が入ります >>

平成○○年○月○日

○○株式会社
代表取締役社長 ○○次郎

基本的に、この部分が変わることはありませんから、まずは定形を覚えておきましょう。

次に気になるのは<<本文>>の部分ですね。
どんなことを書けばいいのか、迷いやすいところだと思いますが、これにも基本の構成がありますので、それを紹介しておきましょう。
 ↓

  1. 頭語(拝啓)
  2. 時候の挨拶
  3. お礼を述べる
  4. 先方を気遣う
  5. 結語(敬具)

これだけでは分かりにくいかもしれませんから
実際の文にするとどうなるのか、具体例を挙げておきましょう。
 ↓

文例1

拝啓
貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。(時候の挨拶)
さてこの度は、結構なお歳暮の品をご恵贈頂きまして誠にありがとうございました。
有難く拝受させていただきます。厚く御礼申し上げます。(お礼を述べる)

寒さはまだまだ続きますが、貴社の皆様におかれましては、くれぐれもご自愛下さいますようお祈りいたします。(先方を気遣う)
略儀ながら書中にて御礼申し上げます。

敬具

文例2

拝啓
歳末の候、貴社益々ご盛栄の事とお慶び申し上げます。

この度は ご丁寧にお歳暮のお品をお送り頂きまして、厚く御礼申し上げます。
温かいお心遣いに、社員一同感謝いたしております。

全社員の皆様のご健勝と、貴社の益々のご発展を心から祈念いたします。
まずは取り急ぎ、書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

一度作った会社関係のお礼状はできるだけ使い回すようにすれば、事務のコストを減らせますね。

お歳暮のお礼状の文例。個人の場合

個人のお礼状では、ビジネスのお礼状よりも柔らかい感じに書きます。いただいた品物について(好意的な)感想を書くと、感謝の気持ちがより良く伝わりますよ。

文例をあげますね。

文例1

○○花子 様

拝啓
師走の候、○○様におかれましてお変りなくお過ごしでしょうか。

さて本日は、お心のこもったお歳暮の品を頂き、本当にありがとうございました。
いつもながら細やかなお心づかいに感謝申し上げます。
子供たちも大好きなお菓子なので、家族全員でおいしく頂きました。

寒さはこれからが本番でございますが、皆様どうぞご自愛ください。
略儀ながら書中にてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

敬具

平成○○年○月○日
○○太郎

文例2(本文のみ)

拝啓
年の瀬が近くなってまいりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

さて本日は、心のこもったお品をお送りいただき、誠にありがとうございました。
家族全員○○は大好きですので、大変喜んでおります。

寒い日が続いておりますが、みなさま体調を崩されませんよう、お元気で新年をお迎え下さい。
略儀ながら書中にてお礼申し上げます。

敬具

94f33f7c572402619abe7ccf9ee65ac1_s お中元 お歳暮

お歳暮をいただくと嬉しいものですが、場合によっては負担に感じ、辞退したいこともあります。辞退したい場合にはどうすれば良いでしょうか。

お歳暮のお礼状の文例。お断りする場合

なかなか会うこともない関係が疎遠な方からのお歳暮や、気持ちだけで十分な相手からのお歳暮など、辞退したい場合も結構あります。

そんな場合には
「今後はお歳暮のお気遣いはなさいませんようお願いいたします。」
とお礼状に述べます。

文例
拝啓
年の瀬が近くなってまいりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

さて本日は、心のこもったお品をお送りいただき、誠にありがとうございました。
私どもには過分なお心遣いをいただき、大変恐縮しております。

どうか今後は、お歳暮のお気遣いはなさいませんようお願いいたします。

体調を崩しやすい季節でございますので、皆様どうぞご自愛くださいませ。
略儀ながら書中にてお礼とお詫びを申し上げます。

敬具

いただいたお歳暮にお礼を述べた上で、今後のお歳暮は不要であると伝えます。

先方のせっかくの好意を拒否することは、なかなか言い難いことではありますが、明確に伝えなければ今後もずっと送られてきます。ここはしっかりと辞退の意思を伝えましょう。

注意 ワンポイント 038564高額品を送るという方法
お歳暮には次のような決まりがあります。

  • 自分が贈ったものより高価な品物が贈り返されてきた場合には、それは「お歳暮は不要です」という意味です。

「お歳暮は不要です」と言いにくい場合には、まずはこの方法でやんわりと辞退の意思を伝えてみましょう。
もちろんこの決まりを、先方がご存知でなければ意味がないのですが・・・

これでも翌年も贈られてきた場合には、お礼状にて明確に辞退して下さい。

お礼状+お歳暮のお返しは必要?

お歳暮を受け取ったら、こちらからも何かお返しに贈らなくちゃ。
お礼状だけじゃ、なんだか悪いわ!

なんてお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね(^^;

ですが、一般的にはお歳暮へのお返しは不要です。

と言いますのは、お歳暮は何かの御祝いではなく、日頃の感謝の気持ちを表すものだからです。ありがたく頂戴しておきましょう。

しかしお礼状を書くのはマナーです。お歳暮を受け取ったら、できるだけ早く出しましょう。

注意 ワンポイント 038564それでもお礼の品を贈りたい!
という場合には、お返しを贈ってもマナー違反ではありません。
ただし、いただき物より高額なものを贈ると、それは「お歳暮は不要です!」という意味になりますから、ご注意下さいね。

お歳暮のお礼状の文例まとめ

お歳暮のお礼状の文例を、ビジネス用と個人用それぞれに紹介しました。

どちらも定型パターンがありますので、それを少々アレンジすればご自分のお礼状が作れます。個人用のお礼状には、近況報告を短く入れてもいいですね。

本記事の内容が、みなさんのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索