スポンサーリンク

トルクと馬力との違いとは?最高速や加速との関係も簡単に説明!

スポンサーリンク

クルマのパンフレットや雑誌でよく見かける『トルク』と『馬力』。これは一体どんな意味なのでしょうか。

「エンジンに関係した数値でしょ?大きい方がいいと思うんだけど」

その通りです。どちらもエンジンの性能を示す数値です。この2つの数値は全然異なる意味でありながら、両者には密接な関係があります。この数値の意味をもっと知れば、エンジンのこと、クルマのことがより深く分かるようになります!

e1a183e22f14d1d44e008af9223765dd_s クルマ

私も以前は両者の違いがあまり良く分かっていなかったのですが、その違いを知ってからは、車雑誌やパンフレットをより深く理解できるようになりました。

今回は、このトルクと馬力との違いを簡単に説明します。トルクや馬力の大小が最高速度や加速の良さとどう関係するのか、また実際のクルマではどの程度の数値なのか、などなど盛り沢山です!

ぜひ最後までお付き合い下さい(^^)

スポンサーリンク

馬力とトルクの違い

馬力とトルクは全く違うものですが、両者には関係があります。

まずトルクから見ていきましょう。

トルクとは?

トルクとは、簡単に言えば、エンジンが回転しようとする力です。つまりタイヤを回そうとする力ですね。

トルクが強いと、重たいクルマでも動かすことができます。ですからトラックやバスなど、重たいクルマのエンジンは、強大なトルクを持っています。

ですが、トルクが強力ならクルマが速く動くかというと、そうではありません。例えばエンジンが毎分1回転しかしなかったら、スピードが出ません。超ノロノロなクルマになります。

注意 ワンポイント 038564トルクの大小については、慣習的に『太い』『細い』と表現しますので、本記事そのように表現しますね。
トルクが大きい → トルクが太い
トルクが小さい → トルクが細い

クルマのスピードを上げるには、エンジンの回転数を上げなくてはなりません。実はエンジンの馬力は、この回転数に関係しています。

次に馬力について見てみましょう。

馬力とは?

馬力とは何かと言いますと、次の式で表される量です。

馬力 = トルク x エンジンの回転数

つまり、トルクが太いほど、エンジンの回転数が高いほど、馬力は強くなります。これがトルクと馬力との違いです。

注意 ワンポイント 038564ちょっと難しい話をしますと、馬力とは、エンジンがどれだけ『仕事』ができるかを表す『量』なのです。具体的には、1馬力とは『1秒間に75kgの重さのものを1m持ち上げる仕事量』のことです。
馬力には『力』という字が使われていますが、力の強さを表すものではありません。紛らわしいですね!

ところで、ちょっと複雑なのは、エンジンのトルクは回転数によって変わるということです。次の図をご覧下さい。

2016-09-04_23h22_59

これはエンジンの回転数と、馬力、トルクの関係です。横軸が回転数です。一般的にトルク(赤線)は、回転数が上がるとともに大きくなりますが、回転数がある程度まで行くと伸びなくなり、最終的には減少します。同様に馬力(青線)も、ある程度回転数が上がると伸び悩み、減少するのです。

ちなみに、クルマのカタログに載っている馬力は、グラフでピークの部分の数値です。

5b4807c3bc91755047bf31a326d3160b_s スピードメーター

ところで、先ほどトルクの説明で、トルクが太いと重たいクルマを動かせるようになると言いました。では馬力が強いとどんなメリットがあるのでしょうか。

馬力が強いと何がいいの?

馬力が強いと、当然メリットがあります。

『馬力 = トルク x 回転数』ですから、馬力が強いということは、エンジンの回転数も高いということです。エンジンの回転数が高くなると、タイヤも高回転で回りますから、クルマのスピードが出ます。

そうです、馬力が強いと、クルマの最高速度が上がるのです。

ですからF1カーの場合、エンジンは15000回転以上も回りますし、馬力は1000馬力以上もあります。普通のファミリーカーですと、エンジンの回転数は最大でも7000回転ほど、馬力も150馬力くらいですから、その差は歴然ですね。

トルクが太いと加速が良くなるの?

これは半分イエスです。トルクが小さいとクルマを動かせませんから、加速するにはトルクが必要なのは明らかです。

ですがトルクが太いだけでは加速は良くなりません。なぜなら、スピードを上げるにはエンジンの回転数を上げて、タイヤをグイグイ回さないといけないからです。よって、加速を良くするにはトルクだけでなく回転数も必要です。

ここで次の式を思い出して下さい。
 → 『馬力 = トルク x 回転数』

つまり、トルクも回転数も必要ということは、ひっくるめて言えば、結局は馬力が必要ということです。よって、馬力が強いエンジンほど加速が良いと言えるでしょう。

7ea73b03e5e350eefdc7c96282085604_s レース F1

ところで、トルクと馬力は、先ほど図でも示しましたが、エンジンの回転数によって変わってきます。トルクと馬力のピークを、どの回転数に持ってくるかというセッティングで、クルマの性格を変えることができます。
次にクルマの性格について、見てみましょう。

クルマの性格(味付け)とトルク・馬力

スポーツカーでは、最大トルク・最大出力(馬力)を高回転で出すようにセッティングします。エンジンの回転を上げてスピードを出さないとなりませんからね!

逆に街乗り重視のファミリーカーでは、3,000~4,000回転くらいの低回転で最大トルク・最大出力を出すように作られます。

トラックやバスでは、最高速度はそれほど重要ではありませんので、さらに低回転の1,000~2,000回転で最大トルク・最大出力を出すように作られます。

この傾向が分かれば、クルマのカタログを見た時に、そのクルマの味付け(スポーツカーなのか、ファミリーカーなのか)が想像できますね!

次にトルクと馬力の単位を見ておきましょう。これを知っておくと、クルマのパンフレットのエンジン性能の説明が分かりやすくなりますよ。

トルクの単位、馬力の単位

トルクの単位

トルクとは、エンジンがタイヤを回転させようとする力のことです。
トルクの単位としては、日本ではN・m(ニュートンメートル)kgf・m(キログラムメートル)が使われています。国内でよく使われるのは、kgf・mの方です。

馬力の単位

1馬力とは『1秒間に75kgの重さのものを1m持ち上げる仕事量』のことです。この量の単位として、日本ではKWPSの2種類が使われています。PSはドイツ語のPferde staerke(フェアデシュテァケ)の略です。

国際標準ではKWですが、日本ではなぜか浸透せず、昔からのPSが圧倒的に多く使われています。KWよりPSで表記したほうが数字が大きくなるので、見栄えがいいからかもしれません。

実際のクルマの馬力とトルクはどれくらい?

参考までに、実際のクルマではどれほどの馬力、トルクなのでしょうか。
いくつかの車種で見てみましょう。

車種名最高出力 KW(PS)/rpmトルク N・m(kgf・m)/rpm
トヨタ プリウス72(98) / 5,200142(14.5) / 3,600
トヨタ クラウン149(203) / 6,400243(24.8) / 4,800
トヨタ 86152(207) / 7,000212(21.6) / 6,400~6,800
日産 GTR357(485) / 6,400588(60.0) / 3,200~5,200
スズキ アルト38(52) / 6,50063(6.4) / 4,000
いすず Gカーゴ279(380) / 1,8001,814(185) / 1,000~1,200
  • トヨタ プリウス
  • まずファミリーカーの代表、プリウス。馬力は98PS、トルクは14.5キロです。これだけの性能があれば、日常用途としては十分にキビキビ走行できます。最大トルクを比較的低域の3,600回転で発生させていますので、街乗り用のセッティングだと分かります。

    以下では、プリウスの数値を基準に、他のクルマの性能を見てみましょう。

  • トヨタ クラウン アスリート
  • トヨタの高級車、クラウン。馬力は203PS、トルクは24.8キロとゆったりしています。最高出力の回転数が6,400回転と高めなので、ちょっとスポーティーな味付けなのかもしれません。

  • トヨタ 86
  • これは最高出力の207PSを7,000回転で出すセッティングです。明らかににスポーツカーですね。

  • 日産 GTR
  • これはさすがに別格です。最高出力は485PS!トルクは60キロ! しかもトルクの範囲が3200~5200回転と、実に広い。エンジンは余裕しゃくしゃく、王者の風格です。

  • スズキ アルト
  • 軽自動車の代表格、スズキ・アルトの最高出力は52PS。トルクは6.4キロ。かわいいですね。トルクが小さいので、6,500回転という高回転で最高出力を絞り出しているところが、けなげです。

  • いすず Gカーゴ
  • 最後はいすずの12トントラック、Gカーゴ。馬力は380PSとGTRに負けていますが、トルクはなんと185キロ。GTRの3倍あります。重量のある車体を動かすためには、巨大なトルクが必要なのです。

    15138c3836e27c23d5e0423e21f98d0e_s スピードメーター

    まとめ

    エンジンのトルクと馬力との違いについて、紹介しました。

    • トルクとは
      エンジンがタイヤを回そうとする力のこと。
      トルクが太いと、重たいクルマでも動かせます。
    • 馬力とは
      エンジンができる仕事の量。
       → 馬力 = トルク x 回転数
      馬力が強いと、クルマの最高速度が向上します。
    • 加速の良いクルマとは
      クルマを加速させるには、トルクだけではなく馬力が必要です。
    • トルクと馬力と回転数
      トルクも馬力も、エンジンの回転数により変わります。

    クルマやバイクのカタログを見る際にお役立て下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索