スポンサーリンク

岐阜航空祭2016の日程とプログラム!混雑具合やアクセスは?

スポンサーリンク

岐阜基地は、日本で最も古い歴史ある飛行場です。その開設は大正6年(1917年)。2017年には開設100周年を迎えます。これは岐阜基地創立60周年でもあります。

2016-09-03_21h54_08

そんな歴史ある航空自衛隊・岐阜基地にて、2016年も航空祭が開催されます。岐阜基地にしかない飛行開発実験団の所有機を活かした展示飛行など、岐阜基地ならではの特色があります。

今回は、岐阜航空祭の日程・プログラムやその特徴、混雑具合などをお伝えします。基地へのアクセスも紹介しますので、初めて岐阜航空祭に来られる方にはとってもお役に立ちますよ。
それでは始めましょう。

スポンサーリンク

岐阜航空祭の日程・プログラム

2016年岐阜基地航空祭の日程は、次の通りです。

  • 開催日: 10月30日(日)
    雨天決行です!
  • 時間: 8時30分~15時
  • チケット: 不要(入場無料)
  • 場所: 航空自衛隊 岐阜基地
  • 問い合わせ
    航空自衛隊岐阜基地 広報係
    058-382-1101(内線2273)

飛行展示プログラム

2016年はブルーインパルスの展示飛行はありません。残念です。
ですが、岐阜基地名物の『異機種大編隊』の機動飛行は、たっぷり行われますよ!

■ 飛行展示プログラム
時間帯内容
08:30~08:50オープニング F-15、F-4、T-4 (飛行開発実験団)
09:00~09:20捜索救助 UH-60J、U-125A (航空救難団)
09:30~09:45航過機動 C-130H (1輸空隊)
10:00~10:35航過飛行、機動飛行 F-15、F-4、F-2、T-7、T-4 (飛行開発実験団)
10:40~10:55航過機動 KC-767 (1輸空隊)
11:05~11:25アクロバット飛行 F-16 (アメリカ空軍)
13:40~14:30大編隊飛行 C-1、F-15、F-4、F-2、T-7 (飛行開発実験団)

■ 使用航空機
F-2、F-4、F-15、T-4、T-7、C-1、KC-767、UH-60J、U-125A など

飛行開発実験団とは、自衛隊が保有する全ての種類の航空機やミサイル等の試験を行う部隊です。唯一、岐阜基地にのみ存在します。
同部隊は自衛隊が装備する大半の航空機を保有していますので、これらを用いて異機種大編隊の機動飛行が披露されます。壮観です。

異機種大編隊の機動飛行の様子はこちらの動画で。
ブルーインパルスとはひと味違った編隊飛行です。
 ↓

先進技術実証機X-2が来る!

2016年はブルーインパルスは来ませんが、その代わりに先進技術実証機X-2が地上展示されます。

X-2は、次世代のステルス戦闘機の技術を確認するために作られた実験機です。2016年に初飛行に成功し、技術開発が継続されています。

2度めの飛行の様子はこちらの動画で。胸が熱くなりますね!(これは岐阜基地ですよ)
 ↓

岐阜航空祭の混雑具合

岐阜航空祭に行くとなると、まず気になるのが混雑具合ですよね! 人が集まり過ぎると困るのが、トイレの待ち時間・・・切実な問題です。

ところが、岐阜航空祭の場合、それほど心配する必要はありません。混雑しないと言えば嘘になりますが、ほどほどの混雑具合です。エプロンでは余裕で座って観覧できます。地上展示も、比較的ゆったりと観て周れます。

というのも、2016年はブルーインパルスの展示飛行がないからです。ブルーインパルスが来るのと来ないのとでは、混雑度合いが全然違います。

混雑するのは、開場時・退出時の北門、新北門です。この時間には来場者が同時に移動しますので、それなりに混雑します。この点だけ気をつけておけば、問題ないと思われます。

岐阜航空祭のアクセス

岐阜航空祭へは、公共交通機関(電車)で行きましょう。

最寄り駅は次の通りです。

  • 名鉄各務原線・三柿野駅 北門から入場
  • 名鉄各務原線・六軒駅 新北門から入場
  • JR高山線・蘇原駅 新北門から入場

最寄り駅を地図に載せました。
(※)地図の左肩をクリックすると、地図の説明が表示されます。

駐車場は?

岐阜航空祭では、主催者側から駐車場は提供されません。

どうしてもマイカーで行きたい!という場合には、民間のコインパーキング等を利用することとなります。

岐阜基地周辺のコインパーキングは朝から満車になり、競争は熾烈です。マイカーを使うなら、岐阜駅、犬山駅、犬山遊園駅、美濃太田駅あたりのコインパーキングを利用して、基地へは電車で来ることをおすすめします。

どこから観るか。北会場?南会場?

岐阜航空祭では、2つの観覧場所が提供されます。北会場南会場です。

北会場は、エプロンのすぐ近くです。北門から入ったところです。
南会場は、正門から入った近くです。エプロンから遠いので、飛行機が地上で旋回したり離着陸する様子はあまり見えません。飛んでいる様子は見えます。

北会場と南会場の位置は、地図でご覧ください。
(※)地図の左肩をクリックすると、地図の説明が表示されます。

北会場は、すぐ目の前に飛行機が展示されていますし、離着陸する飛行機もよく見えます。ですが逆光になりますので、写真撮影にはあまり向きません。また地面がコンクリートなので、長いこと座っているとお尻が痛くなります。

南会場は地面が草地なので、小さな子供さんをお連れの場合には向いていると思います。また順光で撮影できます。しかしエプロンまで遠いので、撮影するなら500mm程度の超望遠レンズが必要でしょう。

ところで最近のデジカメって、こんな高倍率のものもあるんですよ。
 ↓

わずか5~6万円のカメラなんです。さすが日本製。
 → このカメラです。

望遠レンズをお持ちでないなら、いっそこれを買った方がいいかもしれませんね。

まとめ

岐阜航空祭の日程、プログラム、混雑状況などをお伝えしました。

  • 開催日: 10月30日(日)雨天決行
  • 時間: 8時30分~15時

駐車場は用意されていないので、電車がお薦めです。

ブルーインパルスは来ませんが、異機種大編隊の展示飛行があります。
これは岐阜航空祭でしか観られません!

あと、今年は先進技術実証機X-2の地上展示もあります。
いつぞやのステルス機の展示では、タイヤしか見えないバージョンがありましたが、今度の展示ではちゃんと見えそうです(^^;

ではでは、皆さん、岐阜航空祭を楽しんで下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索