スポンサーリンク

ハウステンボスのイルミネーション!効率的な回り方はコレ

スポンサーリンク

冬はイルミネーションが美しい季節です。空気が澄み渡るからでしょうか、LEDの光が透き通るように感じます。

そのイルミネーションの名所が、九州・佐賀県のハウステンボスです。ハウステンボスは、国内・海外から多くのお客さんが押し寄せるオランダ風の街並みの巨大テーマパークですが、イルミネーションもすごいんです。

Saeri mさん(@saeri_m)が投稿した写真

一口にイルミネーションと言っても、ハウステンボスは敷地がとても広いので、園内のあちこちで多くのイルミネーションイベントが行われます。この全てをじっくりと見ようとすると、時間がいくらあっても足りません。

そこで今回は、広いハウステンボスでイルミネーションを効率的に見て回るポイントを紹介しますね。

「今年初めてハウステンボスのイルミネーションを見に行くの!」という方は必見ですよ!

それでは、まずは基本情報として、2016年冬のイルミネーションの期間と点灯時間を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

ハウステンボスのイルミネーションの期間と点灯時間は?

ハウステンボスのイルミネーションは、実は冬だけではなく一年中行われています。季節ごとにイルミネーションの内容が一新されます。10月からは冬のイルミネーションが始まります。

  • タイトル: 花と光の王国
  • 期間: 2016年10月29日~2017年4月17日
  • 点灯時間: 日没~営業終了まで
    日没が遅くなると、点灯開始も遅くなります。
    長崎県の日の入り時刻
     11月1日 → 17時30分ころ
     12月1日 → 17時15分ころ
     日の入り時刻の詳細はこちら
  • 営業時間: 9時~22時(若干の変更あり)
  • 定休日: なし!

ハウステンボス イルミネーションのLEDの数は、なんと1,300万個と言われています。もちろん日本一の規模です。
(ちなみに2位はどこ? → ココです)

それでは次に、効率的に見て回るポイントを紹介します。

ハウステンボスのイルミネーション、効率的な回り方は?

効率的に回るポイントは、レンタサイクルを使うことです!

イルミネーションの多くの見どころは、アートガーデン、アトラクションタウン、フラワーロードに集中していますので、比較的見て回りやすいです。しかしながら、一つだけ、ポツンと離れた場所に見どころがあります。それは・・・パレスハウステンボスです。

どれくらい離れているかと言いますと、入場ゲートから約1.5kmも遠くにあるのです。歩くと約30分くらいでしょうか。単純に往復するだけで1時間ですから、途中でパレードを見たり道草したりしますと、簡単に3時間は超えるでしょう。

パレスハウステンボスは、中世の宮殿や庭園を模しています。昼間に見てもその美しさにうっとりしますが、夜のライトアップは、それを何倍にも増幅させてきます。恋人と行けばムード盛り上がりまくり・・・イチャコラせずにはいられない、そんな感じです。
絶対思い出に残ると思いますので、鑑賞必須。おすすめです。

そういうわけで、イルミネーションを堪能するには、広い園内を移動する必要がありますので、レンタサイクルが便利というわけです。

注意 ワンポイント 038564ハウステンボスは広いです!
面積にして152万平方キロ。ディズニーランドの3倍ほどもあります。
そもそも住所が、長崎県佐世保市 ハウステンボス町です。つまり、ハウステンボス自体が町なのです。

レンタサイクルはどこで借りる?料金は?

レンタサイクルは園内2か所で借りられます。一か所は入場ゲートから園内にちょっと入ったところにあります。もう一か所はハーバーゲートの近くです。

自転車には一人乗り、二人乗り、四人乗りのタイプがあります。
料金は、3時間で
 ・一人乗り → 1,500円
 ・二人乗り → 2,500円
 ・四人乗り → 3,500円
です。

移動にパークバスは使える?

移動するには園内を走るパークバスも使えます。
ただし!
光の王国パレードの時間帯(18時~19時台)には事故防止のため運行が停止されます。
よってイルミネーションを鑑賞するなら、バスはあまり当てにはできません。

注意 ワンポイント 038564パークバスは、パスポート、パスカード、満喫チケット、散策チケット所持者だけが乗れます。
現金では乗れません。

運動靴で行こう!

ハウステンボスの園内の道路は、ほとんどが石畳です。中世のオランダを忠実に再現しています。石畳はけっこう凸凹していて、足に負担がかかります。

この道路を結構な距離歩きますから、意外に足が疲れます。靴は歩きやすいものを。できれば運動靴が好ましいです。

こちらは過去のイルミネーションの様子です。派手ですよ!
3分59秒あたりからパレードの様子も見られます。
 ↓

では次に、イルミネーションを鑑賞するにはどのチケットがいいのか、そこを見てみましょう。

ハウステンボスのイルミネーション、どのチケットがおすすめ?

ハウステンボスにはいろんなチケットがありますが、ホームページを見てもゴチャゴチャしていて、どのチケットがいいのか非常にわかりにくいです。

ここでイルミネーションの鑑賞に的を絞って、簡単にまとめてみましょう。

  • 光の王国パスポート
    17時以降に入ってイルミネーションを楽しむなら、こちら。
    パレスハウステンボスのイルミネーションも鑑賞できます。ただし本券は期間限定。冬のイルミネーション期間のみの販売です。
    4,300円(大人)
  • アフター4入場チケット
    「パレスハウステンボスは遠いから、見なくていいや」という方にはこちら。
    パークバスには乗れません。
    4,000円(大人)
  • 1DAYパスポート
    やっぱり一日中楽しみたい!アトラクションにも乗りたい!という方へ。
    7,200円(大人)

※パスポートがあれば、パークバスは乗り放題です。

ハウステンボスには魅力的なアトラクションも数多くありますが、イルミもどちらも楽しみたいとなると、時間的に厳しいものがあります。イルミネーションを目当てに行くのなら、イルミネーションの鑑賞に集中したほうが、満足度が高い旅になる、私はそう思います。

ということで、私的には『光の王国パスポート』がイチオシです!

イルミネーションの見どころは?

イルミネーションは、広い園内の各地で展示されています。その中でも、特に私がおすすめするのは、次の4つです。

  • 光のドラゴンロボット
  • 『光のドラゴンロボット』は、2016年に追加された新しいショーです。
    全長13m、高さ6.5m!もの巨大なロボットが登場します。背中にはお客さんが乗れるスペースもついています。
    子供さん大喜び間違いなしです。家族で行くなら外せません!
    (場所:アートガーデン)

  • 光の滝
  • 高さ66mという、大きな滝を模したイルミネーションです。その巨大さは圧巻の迫力。滝の色は七色に変化し、異世界感たっぷりですよ。

  • 光と噴水の運河
  • カナルクルーザーが通るタイミングに合わせて、光り輝く噴水が噴き上がります。噴水と光の競演です。
    (場所:アートガーデン横)

  • 光の王国大パレード
  • イルミネーションの点灯とともに始まります。パレードに随行する電飾された車に乗り、パレードの列に加わることもできます。
    1時間ほどかけて、園内を一周します。

  • パレスハウステンボス 光の宮殿
  • ハウステンボスの奥座敷にある宮殿、パレスハウステンボスのライトアップです。
    バロック式のオランダ庭園がLEDの光につつまれます。

できれば園内の全てのイルミネーションをじっくりと鑑賞したいところですが、園内が広すぎるので、ポイントを絞っての鑑賞をおすすめします!

まとめ

ハウステンボスの冬のイルミネーション『花と光の王国』について、効率的な回り方を紹介しました。

園内は広いですから、レンタサイクルを活用すれば効率的に見て回れます。ぜひご利用ください。

あと、園内の地図は必須です(地図はこちら)。あらかじめ印刷し、行きたいところをマークして、自分のコースを作っておきましょう。そうすれば当日、無駄に歩くことなく、無駄に疲れることもありません。

最後になりましたが、ハウステンボスには多くの運河が流れています。運河を渡ってくる冬の風は、めちゃくちゃ冷たいです。防寒をしっかりとしてお出かけくださいね!

それでは、良いご旅行を!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索