スポンサーリンク

なばなの里イルミネーションの日程と時間。混雑を避ける行き方は?

スポンサーリンク

冬になると、日本各地でイルミネーションの展示が始まります。凛と澄んだ空気に、きらびやかな光が冴えわたります。今や日本各地の風物詩となっていますね。

そのイルミネーションの中で、日本でも指折りの人気を誇るのが、三重県桑名市の『なばなの里イルミネーション』です。プロジェクションマッピングは使わず、全ての演出はLEDで行っているため光の量感が違います。LEDの数は700万個以上!ぜひ一度はご覧いただきたいイルミネーションです。

なばなの里 イルミネーション

今回は、なばなの里イルミネーションの日程・時間、混雑具合や行き方(交通手段)、前売り券などについてまとめました。お役立てください。

スポンサーリンク

なばなの里 日程・時間は?

まずは、なばなの里イルミネーションの、日程と時間を押さえておきましょう。

  • 期間: 2016/10/15 ~ 2017/5/7
  • 点灯時間: 時期により変わります。
    10月は17時30分ころ。
    11月は17時~17時15分ころ。
    12月は17時頃。
    1月は17時~17時30分ころ。
  • 問い合わせ: 0594-41-0787

クリスマスシーズンのみイルミネーション点灯する施設も多い中、なばなの里は翌年の5/7までイルミネーションが続きます。なが~く楽しめるイルミネーションです。

なばなの里イルミネーションの混雑状況は?

なばなの里のイルミネーションは、大変混雑します。

一番混雑するのは、12月の土日やクリスマスです。どこから人がこんなにも集まってきたのかと思うほどに混雑します。

全体的な流れとしては、10月11月はそれほど混雑しません。12月になると次第に混み始め、クリスマスが混雑のピークになります。その後年末にかけて減少します。元旦は比較的空いています。その後バレンタインでプチピークがあって、次は春休みに混雑します。

特に、小さな子供さんと12月に行くのなら、クリスマスと土日は避けたほうが無難でしょう。

園内の混雑を回避する方法

シーズン中、園内は大勢のお客さんで混雑します。特に点灯式の直後は、光の回廊に一気にお客さんが押し寄せるので、通勤時間の駅のホーム並みに混雑します。

しかしこの混雑は、点灯式直後から1時間くらいが山で、それ以降はけっこう緩和されます。よって点灯式を見た後は、レストランなどで夕食をとるなりコーヒーを飲むなりして時間をつぶし、混雑が緩和したころに散策を始めるのがおすすめです。その頃なら光の回廊もスムーズに通れますよ。

なばなの里 イルミネーション

なばなの里の楽な行き方(交通手段)は?

なばなの里へのアクセスは、2つの方法があります。
 ・マイカー
 ・電車&バス

小さな子供さんと一緒の時には、マイカーが安心ですよね。
それ以外は電車&バスがおすすめです。

それぞれの行き方について説明しましょう。

マイカーの場合

12月の週末など、夕方になると、なばなの里のイルミネーション目当ての車で大渋滞になります。最寄りのICとしては、東名阪自動車道の長島ICと伊勢湾岸自動車道の湾岸長島ICが利用できますが、どちらも渋滞します。

また、なばなの里が特に混雑する日は『特定日』と呼ばれ、15時以降、なばなの里の駐車場に入れなくなります。係りの人によって、長島スパーランドの駐車場へ誘導されます。長島スパーランドの駐車場からは、無料のシャトルバスでなばなの里に向かいます。

ということで、マイカーを使う場合には、15時までになばなの里に到着するように計画してください。できれば昼過ぎには、なばなの里に入るようにしましょう。

昼頃に入園してしまうと、イルミネーションの点灯式までには時間がありますが、レストランで食事したり、ベゴニアガーデンを見たり、温泉に入ったりして時間は十分につぶせます。

 なばなの里 イルミネーション

電車&バスの場合

渋滞を避けるなら、電車&バスが最適です。
ルートとしては、大きくは次の2ルートがあります。

  • 関東・関西方面から
  • いったん名古屋駅まで来て、そこから近鉄名古屋線に乗り換え。近鉄長島駅で下車。
    片道400円、所要時間25分。

  • 三重県方面から
  • 近鉄名古屋線に乗車。近鉄長島駅で下車。

どちらも近鉄長島駅からは、三重交通の直通バスを使います。約10分でなばなの里に到着です。

バスに乗車するのは最後の10分だけなので、どの時間帯でも渋滞の影響を最小限に抑えられます。現状、この電車&バスが最良の行き方だと思います。

なお、名古屋駅からなばなの里行きの直通バスが運行されていますが、このバスは、イルミネーションの季節には要注意です。マイカーと同じく、高速道路の渋滞にハマると動けなくなります。渋滞がひどいと、イルミネーションが終わるころになばなの里に到着、なんてこともあります。利用する際には時間に十分な余裕が必要です。

なばなの里の周辺地図はこちらです。
(※)地図の左肩をクリックすると、地図の説明が表示されます。
 ↓

なばなの里に前売り券はある?

なばなの里の前売り券は、セブンイレブンやサークルKなどのコンビニで購入できます。しかし前売り券の特長である割引きはありません
残念です・・・

割引を期待するなら、近鉄が販売する『なばなの里 ウインターイルミネーション 近鉄電車&バス割引セットきっぷ』がお得です。イルミネーションの期間に合わせて、期間限定で発売されます(通年の販売ではありません)。

セット内容は、次の通りです。
 ・近鉄の往復乗車券:近鉄の各駅~近鉄長島駅
 ・バスの往復乗車券:近鉄長島駅~なばなの里
 ・なばなの里入村券(金券1,000円付き)

例えば名古屋からですと、セット価格2,890円です。

別々に購入すると、
 ・近鉄の往復乗車券:800円
 ・バスの往復乗車券:440円
 ・なばなの里入村券:2,300円
合計で3,540円です。
(なばなの里入村券は2,300円に値上げされるという話です)

ですから650円お得になります。大きいですよね!

電車&バスで行くなら、近鉄が販売する『なばなの里 ウインターイルミネーション 近鉄電車&バス割引セットきっぷ』がお得です。

なばなの里 イルミネーション

まとめ

なばなの里の混雑状況や、行き方(交通手段)、前売り券についてご紹介しました。
なばなの里のLED数は700万個で日本では2位です(では1位はどこ? → ココです)。

園内はイルミネーションの期間中混雑します。特に点灯式の後の1時間ほどが一番混雑します。よってこの時間を避けて散策を始めると、比較的にスムーズに鑑賞できます。

交通手段は、電車&バスがおすすめです。特に12月になりますと、マイカーでの来場者により渋滞が多々発生します。渋滞につかまりますと、最悪の場合イルミネーション終了間際に到着ということもありえます。笑えません。
これを避けるには、電車が非常に有効です。

前売り券につきましては、セブンイレブンなどで販売されていますが、割引きはありません。割引きに期待するなら、近鉄が販売する『なばなの里 ウインターイルミネーション 近鉄電車&バス割引セットきっぷ』がおすすめです。イルミネーションの期間に合わせた期間限定発売です。

毎年大勢の観光客でにぎわう、なばなの里。今年も壮大なイルミネーションに期待しましょう。是非皆さんも、一度はご覧になってみて下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索