スポンサーリンク

最近の自転車用レインコートは蒸れにくく動きやすい。女性にもお薦めです。

スポンサーリンク

春になると自転車での通勤・通学は気持ちが良いです。

ちょっと汗ばむくらいがちょうどいい。ダイエットにもなります。

ですが・・・
雨の日になると状況は一変します。 
雨の中を自転車で走るのは大変です。

昔は傘をさしての自転車も黙認されていましたが、現在では明確に禁止されています。

お巡りさんに見つかったら、まず確実に説教されます。

説教以前に、傘さして自転車に乗るのは危険かつ違法です。

傘を手で持たずに、自転車に装着した傘立てホルダーを使用していても、違法です。

雨の日に自転車に乗るのなら、レインコート(雨合羽)を着るのが安全かつ合法です。

今回は、雨の日の自転車に便利なレインコート(雨合羽)を紹介します。
この雨合羽があれば、雨の日の自転車も快適です。

スポンサーリンク

自転車用レインコート

最近では、傘をさしての自転車運転への罰則が厳しくなったことを受けてか、自転車通勤・自転車通学用の雨合羽が多く出ています。

快適に自転車に乗れるレインコートには、どんな機能が必要なのでしょうか。

蒸れを防ぐ

代表的な自転車用レインコートの悩みとは、とにかく蒸れるということです。雨の日、ただでさえジメジメしているのにもかかわらず、レインコートの中は通気性が悪いために更にムシムシしてしまいます。気温の高い夏場なら、なおさらです。

そこでお薦めなのは透湿性・通気性がある自転車用レインコートです。透湿性とは、内側に発生した汗や湿気を外に追い出し、レインコートの中の湿度をコントロールするものです。

透湿性がある自転車用レインコートは、比較的高価という難点はありますが、湿気がこもらないというだけで、実に快適です。蒸れによるイラつきも減少するので、安全運転にもつながります。

透湿性のある素材としてはゴアテックスが有名ですが、これは非常に高価です。現在では、もう少し安価な素材があります(後ほど紹介します)。

ズボンのすその濡れ対策

雨の中を長時間自転車に乗るのであれば、レインコートとレインパンツ(雨合羽のズボン)を併用すると良いです。

レインパンツとレインシューズカバーを合わせて着用すると、完璧です。

動きやすいこと

レインコートを着用して自転車に乗るのですから、動きやすさはとても大事です。
安いレインコートやレインパンツは縫製が雑・単純で、動きにくいものがあります。

楽に自転車を漕げる余裕のある作りと、素材が柔らかいことが重要です。

携帯性

自転車用レインコートの場合は、価格や携帯性も大事です。

携帯性に関しては、特にかばんの中や自転車の籠に入れて置けるようなカバー付きのものが便利です。

安全面にも気を配る

雨の夜は、クルマのドライバーからは自転車が見えにくくなります。これは事故の元です。
反射テープが付いているレインコートなら、夜でも自動車から存在を気づいてもらいやすいです。

反射テープは自分で別途購入して、後から貼り付けることもできます。

足元が濡れるのを防ぐ

雨の日の自転車通学・通勤のもう一つの悩みは、足元が濡れることです。自転車用レインコートの中には足元までカバーするものがなく、足元はどうしても濡れてしまいます。また、レインコートにかかった雨粒がそのまま下に流れ落ちるため、足元がますます濡れやすくなります。

長靴を履けば、この問題に対処できます。女性用には、最近はおしゃれな長靴が多数販売されています。そのままビジネスの現場に履いて出ても、まったくおかしくありません。

一方、男性用の長靴は、いかにも『長靴です』という主張が強いものが多く、ビジネスマンには向きません。

靴が濡れるのを防ぐには、レインシューズカバーが役に立ちます。
ちょっと大げさすぎる感もありますが、これなら靴はほぼ濡れません。

レインシューズカバーとは、こういうものです。
 ↓

レインシューズカバー

メンズ レインシューズカバー 【楽天】
レディース レインシューズカバー 【楽天】

お薦めのレインコート

自転車用レインコートとしてのお薦めは、東レ・エントラントレインコートです。


自転車用レインコート

本製品は高い防水性・通気性を持つ素材『東レ・エントラントレイン』で作られています。

さらに背面にはベンチレーション(通気口)もあり、蒸れにくい作りになっています。

背面には反射テープが貼ってあり、ドライバーからの視認性も確保しています。

裾部分には三角マチが作り込まれており、自転車をこぎやすい・動きやすいように工夫されています。

丈もたっぷりありますので、足元までカバーできます。
それでも靴が濡れてしまう場合には、シューズカバーを併用しましょう。

楽天レビューはこちら

ただ、携帯性には少々難ありです。
重量は560gで重くはないのですが、素材がしっかりしているので、小さく折りたたむのは少々骨が折れます。

8012cd26b92a31b3273a9073533ca5f6_s 夏空 雲

管理人まとめ

雨の日も自転車通勤・通学するのなら、自転車用レインコートが役に立ちます。

服や靴が濡れないので、学校や職場でもその日一日快適に過ごせます。
快適なだけではなく、通勤・通学の安全性も向上します。

快適な自転車用レインコートには、買う価値があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索