スポンサーリンク

出雲大社へのアクセス、東京から安いのはどれ?楽なのはどれ?

スポンサーリンク

縁結びの神様として有名な出雲大社。
日本の神社の中でも、最上級の格式を誇る神社です。

ご存知の通り出雲大社は島根県にあり、東京からはかなり遠い土地です。私も縁結びのお願いに、一度は参拝してみたいと思っているのですが、いまだタイミングが合わず・・・
島根県まで行くのはあきらめて、六本木にある出雲大社東京分祀で満足しておくべきなのか ^^;

出雲大社

いやいや、やはり行きたいなあ。
ということで、東京から出雲大社へのアクセスを調べてみました。

交通手段としては、次の4種類があります。

  • 飛行機
  • 新幹線
  • 夜行バス
  • クルマ

それぞれについて、調べた所要時間、料金、メリット、デメリットなどを紹介しますね。
ではまず飛行機からいきましょう!

スポンサーリンク

飛行機で行く!

4a88d01ab0bbef64ecbff894bd1bbcd2_s 紙飛行機

東京からは、出雲は遠いです・・・遠い遠い空の下。
ならば、最初に検討すべきは飛行機です。

飛行機でのルートは、次のようになります。

羽田空港
 ↓(JAL: 1時間20分)
出雲縁結び空港
 ↓(空港バス:出雲一畑交通 35分、880円)
出雲大社

出雲大社の最寄りの空港は、出雲縁結び空港です。
羽田から出雲縁結び空港に直通便があるのは、JAL(日本航空)だけ。

所要時間は約1時間20分!さすがに速いですね。機内サービスのコーヒーを飲んでいる間に到着してしまいます。

でも速い分、料金も高いです。JALの航空運賃を見てみますと・・・
羽田~出雲縁結び空港 片道34,600円

たっか!

でもウルトラ先得(75日前までに予約)を使うと、ぐっと安くなります。最安の便では、14,600円です。これなら心理的な抵抗感も低いですね。

JALで行くパックツアーを探すと、10月出発、2日間(土日)のツアーで6万円くらいからあります。
パックツアーは飛行機の通常料金を考えると安いですが、ウルトラ先得の価格を考えると高いです。

では、もう少し旅費を抑えて、新幹線で行くとどうでしょうか。

新幹線で行く!

6b62017c16d45c720aa4e874c0566d85_s 新幹線

新幹線の場合、次のような乗り継ぎになります。

品川駅
 ↓ JR東海新幹線 のぞみ(3時間18分)
岡山駅
 ↓ JR山陽本線 特急やくも(3時間4分)
出雲市駅
 ↓ 一畑電車 出雲大社前行(20分)
出雲大社前

全所要時間は約7時間、旅費は約19,500円です。

7時間もかかるわりには、JALのウルトラ前得(14,600円)よりも5,000円も高いです。
正直、微妙ですね。

でも、特急やくもで駅弁食べながらのんびりするのも魅力的です。
電車の旅が好きな方にはいいかもしれません。

電車の旅が微妙なので、次は高速バスを見てみましょう。

夜行バスで行く!

554cc43dc10f98814288ac5fdc7ffc6f_s バス

東京から島根へは、直行夜行バスがあります。1つはJRバスのスサノオ号。もう1つはウィラートラベルです。

  • スサノオ
  • 東京駅八重洲口19:10 → 出雲大社 07:41
    12,500円

  • ウィラー
  • バスタ新宿19:40 → 出雲大社(神門通り)09:00
    12,030円

この夜行バスは、約12時間もの旅です。
長時間の移動ですが、しかしその半分以上は寝ていますから、時間を有効に使えます。それに比べると、新幹線での移動は、7時間も昼間の時間を移動にとられます。
かなり時間がもったいないですね。

ですが、夜行バスとは相性の良い人・悪い人がいますから、一概に薦めにくいのが難点です。夜行バスで揺られていると眠れないとか、そもそもバスの座席では寝られないとか。
こればかりは相性なので仕方ないです・・・

ちなみに、私は毎年一度は新宿から和歌山まで夜行バスで移動します。毎度ぐっすり眠れます。夜行バスとの相性はバッチリです。

バスの次は、クルマ(マイカー)での移動を見てみましょう。

クルマで行く!

218b4a175fa82a1101f51fd5b9a3cc93_s ミニカー 車

クルマで行きますと、かなり疲れます
・・・ドライバーさんが ^^;

東京駅八重洲口~出雲大社前を走るとしますと、片道800km強。ノンストップで走ったとしても、10時間ほどかかります。現実にはノンストップだと無理ですので、+2時間は必要でしょう。

高速道路料金は片道約18,000円
それにガソリン代がかかります。燃費が15km/L、ガソリン120円/Lだとすると、ガソリン代は片道 800・15*120=6,400円

運転に疲れる上にこの出費。これはしんどいですネ。出雲へのクルマ一人旅はおすすめしにくいです。

ただ、同行者が複数いて、ドライバーも2~3人いるならば、話は別です。

みんなでワイワイしながら、運転も2~3時間ごとに交代すれば、けっこう楽しく出雲まで行けるでしょう。

ガソリン代も高速料金も、みんなで割り勘にできますので、交通費は劇的に安くできます。例えば4人で旅行するのなら、一人当たり片道6,000円ちょっとで済みます。いやいや、マジですか、って安さですね!
旅費が安くなるのは本当に魅力的です。

あと、クルマがあると自由がききますから、出雲大社を参拝した後もあちこち観光できて便利です。

クルマでの移動も捨てたものではありません。

結局どれがいいの?

飛行機、新幹線、夜行バス、クルマと、東京から出雲大社への交通手段を見てきました。
どの手段がいいのか、おすすめなのかは、旅行者が何を重要視するかで違ってきます。
それぞれの交通手段ごとに、こういう人におすすめ!というタイプ付けをしてみました。

  • 飛行機
  • 快適性を求めるあなたにおすすめ。
    そして財布に余裕のあるあなたにも。
    旅費は高額ですが、移動時間は短く快適です。

  • 新幹線
  • 楽して行きたいあなたにおすすめ。
    昼間の7時間を移動に費やしてもかまわない、鉄道好きな方向け。
    時間はかかっても、座って駅弁を食べていれば出雲に着きます。
    楽ちんです。

  • 夜行バス
  • 時間を有効に使いたいあなたにおすすめ。
    約12時間の長旅ですが、寝ている間に出雲に着きます。ただし、バスのシートでは熟睡しにくいのは確かです。バス旅との相性が必要です。
    移動で少々疲れがたまるかもしれません。

  • クルマ
  • 数人でワイワイしながら移動したいあなたにおすすめ。
    運転手が3人いると、とっても楽ちんです。
    現地での足も確保できるので、旅行をより楽しめるでしょう。

私個人であれば、間違いなく夜行バスで行きます。
寝ている間に移動できるというのが、最大の魅力です。
夜行バス、大好きです。
6c3ee11528a0597539933b42f87dedd8_s 出雲大社

まとめ

東京から出雲大社へのアクセスを、交通手段ごとに調べてみました。
飛行機、新幹線、夜行バス、クルマという4つの交通手段があります。

ざっくり片道の所要時間と料金をまとめますと、次のようになります。

  • 飛行機: 1時間20分、
    36,400円(通常)、14,600円(ウルトラ早得)
  • 新幹線: 7時間、19,500円
  • 夜行バス: 12時間、12,500円
  • クルマ: 12時間、6,000円(4名乗車)

クルマで移動すると、交通費が割り勘できるので、やはり激安ですね。
ただしドライバーさんは疲れます。

個人的には夜行バスで、寝ている間に移動するのが好みです。安いですし、時間も有効に使えます。

ところで、2016年11月9日(旧暦の10月10日)は神在月です。
出雲大社には、全国から八百万の神々が集まってこられますので、大社では神在祭という大きなお祭りが催されます。

このお祭りも、一度は観てみたいものですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索