スポンサーリンク

予備校の費用は浪人するといくらかかる?減免制度で安くなる?

スポンサーリンク

サクラチル・・・
残念ながら力及ばず、大学入試に合格できなかった場合、多くの学生さんは予備校に通うことになります。

そこで気になるのが、浪人生の予備校の費用です。
子供さんの入学試験の前から、気になっている親御さんも多いはず。

大学受験 合格発表 不合格

「入試の前から浪人の費用のことを考えるなんて、縁起でもない!」
なんて子供さんに怒られるでしょうか^^;

でも、予備校に費用がかかるのは現実問題です。
親としては、予備校の費用の概算を予め知っておくべきだと思います。

職場の同僚も、息子が大学受験する時は結構気にしていました。
「授業料が○○円、アレが○○円、加えてソレが○○円・・・金がかかる!」って。

費用の概算がわかっていると、教育ローンをいくら借りてとか、貯金をいくら使ってとか、計画が立てられます。そういう意味で、費用をつかんでおくことは大切です。

今回は、浪人生が予備校に通う場合の概算費用をまとめてみました。
また、費用を削減するための減免制度や教育ローンについても触れました。

これから子供さんが大学受験をする親御さんは、知っておいて損はないですよ。
では早速、概算の費用を見てみましょう。

スポンサーリンク

浪人生の予備校の費用概算

浪人して予備校に通う場合、次のような費用がかかります。

  • 入学金: 10万円
  • 授業料: 60~80万円
  • 夏期/冬期講習: 30~40万円
  • 概算合計(1年間): 100~130万円

医学部など特別なコースの場合、授業料はハネ上がります。
個人指導の講師をつけたりすると、1年で1500万円もするコースもあります(例外的なケースですけど)。
コワイですね^^;

寮費もかかる

上記の授業にかかる費用に加えて、予備校の寮に入ると、寮費もかかかります。
その費用は、だいたい次のとおりです。

  • 入寮費: 5~20万円
  • 寮費(食費込): 11~15万円 x 12ヶ月
  • 概算合計(1年間): 120~180万円

その他に追加で、保証金や光熱費を徴収する寮もあります。
また寮費は、寮の立地などによっても変わります。

寮は予備校の付属寮ではなく、一般的な食事つきマンションを借りると、もう少し安くできます。
例えば、学生会館GUIDEなどで探せば、月々8~10万円程度の学生寮が見つかりますよ。

学生寮

予備校の費用+寮費では・・・

以上で紹介した予備校費用と寮費を合算すると、1年間の費用は
200~300万円
はかかると見ておくべきでしょう。

安くはない費用です。

これらの金額は、高校1,2年生のころから子供さんに説明して、浪人生になるとどれだけ費用が掛かるのか、しっかり認識させてあげると良いですね。
そうすれば子供さんも、受験勉強に、より真剣さが増すことでしょう。

juken_rounin_woman 受験勉強

このように、予備校に通う費用は相当かかりますが、多くの予備校には学費の減免制度があります。この制度はどれくらい使えるのでしょうか。
次にその制度を見てみましょう。

学費の減免制度

多くの予備校では、成績優秀者の学費を減免する制度があります。
特待生制度とか、スカラーシップ制度奨学金制度というものです。

例えば、次のような制度があります。
※以下の情報はネット上の情報や伝聞を含みます。詳細は各予備校にご確認下さい。

  • 河合塾
    ・指定された模試を年2回受け、その成績優秀者に与えられます。
    ・最大で半期分の授業料が全額免除となります。
  • 代々木ゼミナール
    ・最大で年間授業料が全額免除になります。
  • 駿台予備校
    ・実質の免除金額は5万円
    ・審査基準は模試の偏差値ですが、かなり厳しいとのこと。
  • 早稲田予備校
    ・入学選抜試験・特待生試験を受けた、成績優秀者に与えられます。
    ・特待生A~Cのクラスがあり、最高で入学金と年間学費の全額が免除になります。

授業料の全額免除を受けようとすると、東大・京大志望でC判定以上などの優秀な成績が必要です。かなりの狭き門と言えます。

各校とも、自校から有名大学・難関校への合格者数を増やしたいために、成績優秀者には学費減免して生徒を集めています。その分一般の生徒の授業料は高くなりますので、一般生徒が成績優秀者の学費を支えている構図です。
こう見ると、学費減免制度も良いのか悪いのか・・・微妙ですね。

ところで、予備校の費用をまかなう別の手段もあります。
それは教育ローンです。
かなり使い勝手のいいローンがありますので、次に紹介しますね。

国の教育ローンはかなり使える!

予備校の費用をまかなうために、国の教育ローンが使えます。

一般的なイメージでは、国の教育ローンは大学の授業料にしか使えないイメージがあるのですが、実は予備校の授業料にも使えます。

それだけではなく、定期代やパソコンなどの購入費、アパートの家賃などにも使えるんです。もはや万能!

これは国の政策金融公庫の「教育一般貸付」というローンです。
 → <詳細はこちら>

概要は次のとおりです。

  • 融資限度額: 子供一人につき、350万円
  • 金利: 年利1.9%
  • 返済期間: 15年以内

かなりの好条件ですよね。
予備校費用が不安なら、検討する価値は大いにあります。

合格

ところで、ここまでお金を用意してまで、予備校に通う意味はあるんでしょうか。
金額が金額なだけに、疑問に感じることもあります。
予備校に通う価値はあるのか、次はそれについて考えてみます。

予備校に通うべきかどうか

予備校の費用は、授業料だけでも年間80万円にもなります。特別講習や寮費まで入れると200万円~300万円にも・・・この高価なサービス、買う価値はあるんでしょうか。

以下、個人的な見解です。

現役で受験して落ちたのなら、その時点では合格する学力がなかったということです。ですから、なんとかして学力をアップさせなくてはなりません。

もしも予備校に通わないのなら、宅浪(独学)で受験勉強して学力をアップさせます。それで合格する自信があるのなら、それで良し。

しかし多くの受験生は、宅浪では来年の大学受験に不安を感じることでしょう。本当に合格できるのか・・・毎日が不安です。

だったら、合格に向けて、できることは何でもやるべきです。その「何でも」に予備校も入ります。
子供は予備校で一生懸命勉強し、親はかかる費用を工面するのです。

予備校は単に受験勉強を教えてくれるだけではありません。
予備校に通うことで、生活のリズムが生まれます。規則正しい生活と継続した学習活動。これはものすごく大事なことで、生活がだらけてしまっては、大学受験に合格することは困難です。

他にも、毎日ライバル達と接することでやる気を維持できますし、疑問点や困ったことは講師に相談できます。疑問の解決なくして合格はあり得ません

そういった諸々の事を考えますと、大枚をはたいてでも、予備校に通う価値は十分にあると言えるでしょう。

受験勉強

浪人生の予備校費用のまとめ

浪人生の予備校の学費について、いくらかかるのか紹介しました。
授業料だけで60~80万円、夏期講習・冬期講習や寮費まで入れると200~300万円もかかります。
親にしてみると、かなりの負担です。

各予備校には学費の減免制度もありますが、まとまった金額を減免してもらうにはかなりの成績が必要で、狭き門です。

しかし、政策金融公庫の「教育一般貸付」という教育ローンを使うと、最高350万円まで融資を受けられます。金利も低く、使い勝手も非常に良いローンです。

子供が浪人生になると、子供自身も不安ですが、親御さんも不安なものです。
本記事により、費用面だけでも、親御さんの不安感を軽くできればうれしく思います。

子供さんに、桜が咲きますように・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索