スポンサーリンク

お歳暮の時期はいつまで?遅くなったらどうする?

スポンサーリンク

12月になると、クリスマスを控えて、街の様子が少しずつ華やかになっていきます。
街によってはイルミネーションのイベントが開かれたりして、日本中がウキウキしてきますね。

そんな年の瀬に忘れてはならないものが、お歳暮です。
今年一年の感謝を込めて、お世話になったあの人へ、お歳暮を贈ります。

お歳暮 お中元

でもこのお歳暮、時期的にはいつまでに贈ればいいのでしょうか。

早すぎると「もう?」
遅すぎると「今頃?」
なんて思われそう。

お歳暮はいつからいつまでに贈ればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

お歳暮の時期はいつからいつまで?

お歳暮は、12月初旬から20日ころまでに相手方に到着すれば良いでしょう。

あまり遅くなると年末で相手方も忙しくなりますので、その前に、って感じですね。

また20日を超えてきますと、クリスマスプレゼントの関係で物流システムもいっぱいいっぱいになります。
物流が混雑しすぎると遅配する恐れもありますので、混雑緩和の意味も込めて、12月20日くらいまでには届くように手配しましょう。

宅配便

お歳暮の時期を逃してしまったら?

何かと忙しい年末。
お歳暮は12月20ころまでに、とは言っても、ついつい手配が遅れて(忘れて?)しまうこともあります。

うわー、お歳暮贈るの忘れてた! どうしよう!!

そんな場合はどうすればいいでしょうか。

困った-2

大丈夫です。
お歳暮を忘れてしまった場合は、新年の挨拶として贈ればOKです。
お年賀』ですね。

ただしお年賀は、正月三が日の間に贈ります。
遅くとも松の内(1月7日まで)です。

では、松の内も過ぎてしまったら??

その場合には、寒中見舞いとして贈りましょう。
寒中見舞いは立春(2月4日)までなら贈れます。

これなら、どんな忘れん坊さんでも大丈夫でしょう。

以上で、お歳暮を贈る時期については、バッチリですね。
あとは忘れないように手配するだけです!

じゃあ、何を贈りましょうか。

お歳暮には何を贈る?おすすめは?

今はインターネットで手配できるので、本当に手軽に贈れます。
また、「贈れないものは無い」と言えるほど何でも贈れます。
便利ですよね。

そんな中でも、やはり定番があります。
お歳暮の定番は、食料品です。
いわゆる『消えもの』ですね。

食料品の中でもおすすめは、日持ちのするものです。
例えば、缶詰やコーヒー詰め合わせなどです。
せんべい・羊羹などの和菓子も日持ちしますね。

ケーキなどのスイーツ類ももらってうれしいのですが、日持ちがしないと急いで消費しないとなりません。
これは結構大変です。

何を贈るか決められない場合には、カタログギフトがおすすめです。

ただし、食料品が選べるカタログギフトにしましょう。欲しいと思える商品がカタログに載ってない場合がありますが、食料品があれば、とりあへずどれかは選べます。

お歳暮の相場は?

お歳暮の価格は5千円前後が良いでしょう。
特別にお世話になった方には5千円~1万円くらいでしょうか。

あまり高価な品物を贈っても、もらう側が負担に感じます。
お財布に余裕があっても、あまりに高額なお歳暮は控えましょう。

お歳暮

お歳暮の時期のまとめ

お歳暮を贈る時期についてお伝えしました。
お歳暮は、12月上旬~20日ころまでに相手方に到着するように送りましょう。

お歳暮は、一年の感謝を込めて贈り物をする日本古来の慣習です。
自分の周囲を見渡し、お世話になった人に心を込めて贈り物をする・・・素晴らしいと思います。

そういう意味からいうと、妻から夫へ夫から妻へ、一年の感謝を込めてお歳暮を贈るのもいいですね。

自分の周りの人に感謝する気持ちを、絶えず忘れずにいたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索