スポンサーリンク

花園神社 酉の市2016!熊手の買い方は?縁起物で福を集めよう

スポンサーリンク

明治時代に始まった新宿・花園神社の酉の市(大酉祭)
毎年60万人ものお客さんが押し寄せる、年末の大きな祭りに育ちました。
今では関東の三大酉の市の一つとされています。

私も毎年、花園神社 酉の市に出かけては年末の雰囲気を味わっています。
大小きらびやかな熊手を見たり、あちこちから聞こえる手締めを聞いていると、「ああ、今年も年の瀬だな~」と思います。

7eff2f4be1fdc88e5afdf8825516964f_m 酉の市-2

酉の市の目的(見どごろ)は、多くの場合は熊手の購入です。
ですが、怪しい雰囲気満点の見世物小屋もとても人気があります。
酉の市と言えば見世物小屋、と言われるほど有名ですね。

そこで今回は、2016年花園神社 酉の市の日程や熊手の買い方、そして見世物小屋について、まとめてみました。
特に今年初めて花園神社の酉の市に出かける方には、お役に立つと思います。

では早速、熊手の買い方を見てみましょう。

スポンサーリンク

熊手の買い方

熊手の買い方には、いろんな『しきたり』があります。
知ってると、酉の市をもっと楽しめますよ。

去年より高価なものを

熊手は、買い替えるたびに高価なもの(大きなもの)にしていきます。
例えば、去年3,000円の熊手を買ったら、今年は5,000円のものにする、という具合です。
これには『自分の商売や、かき集める福を、毎年少しずつ育てていく』という意味があります。

ですから初めて熊手を買うときには、安くて小さいものにしましょう。
熊手の価格は、高いものは数十万円にもなりますが、安いものは数百円からあります。

かわいい 招き猫 熊手

熊手は値切ろう

熊手を買うときには、これを値切るという慣習?があります。
そして、値切って安くなった分は、ご祝儀としてお店の主人に渡します。

え? それって意味あるの?

そう思いますよね。
はい、意味はあるんです。

お客としては、値切って安く買えたのでお得な気分になれます。またご祝儀を渡すので、儲かってる旦那の気分になれます。
お店としては、ご祝儀を貰えたので、これまた得した気分になれます。

このように、お客もお店も win win な関係になれるのです。
面白いですね。

商売を続ける上では、自分だけが得してはダメ。
常に win win で、みんなが得して楽しい気分になれなきゃいけない。
江戸商人の、そんな粋な気質が感じられます。

熊手

手締めをしてもらおう

熊手を買ったら、商売繁盛を祈願して、お店の人に『手締め』をしてもらえます。

「皆さま、お手を拝借~」パンパン!

みたいな、アレです。
(実際には、セリフはもっと長いです)

手締めしてもらうと、気分がアゲアゲになっていい気分です^^

ですが!!
誰でも手締めしてもらえるわけではありません。

ある程度の価格の熊手を購入しないとダメなのです。
その価格とは・・・最低ラインが1万円と言われています。そこはお店によっても変わりますし、常連さんならもっと安くても良いようです。

熊手

さて、次はお待ちかねの見世物小屋についてです。

見世物小屋は今年もあります(多分)

花園神社の酉の市の名物と言えば、そう、見世物小屋です。

今年で最後」と毎年宣伝してます。
今年もまた、「今年で最後」という宣伝文句で元気に営業することでしょう^^

実際のところ、あのきわどい演目を演じられる芸人さんは、日本広しと言えども多くはありません。
明日にでも芸人さんがいなくなり、上演できなくなる可能性は十分にありえます。

興行する会社も、大寅興行社、ゴキブリコンビナート、デリシャスウィートスなどと、年により移り変わっているみたいです。
栄枯盛衰なのでしょうか。

そういう意味では
「今年で最後」・・・というのは、
あながち間違いとも言えません。

20160805_104830 酉の市 見世物小屋-2

で、その演目なのですが・・・
実は、私は実際にショーを見たことがないんです。
というのも、ああいう血が出たり蛇を食べたりというのが、ほんとダメで・・・
メンタル弱いんです・・・

いかんいかん!
と、気を取り直してネットを検索してみますと、いろんな演目があります。

  • ヘビを食べる女
  • ニワトリを食べる女
  • 箱抜けの手品
  • 鎖鼻通し

などなど・・・
どれもこれもインパクトありそうな匂いがプンプンしています。

特に『ニワトリを食べる女』は超スプラッタな演目で、芸人さんが生きてるニワトリの首にかじりつき、周囲には生温かい血しぶきが飛び散るそうです・・・
まさに見世物小屋、ですね。

でも何故にニワトリを・・・酉の市だから、でしょうか?

ところで、2015年はデリシャスウィートスによる興行でしたが、この年は少々芸風が変わったようですね。
ちょっとお色気路線になりました・・・ってこれ、神社で上演して大丈夫なのかな??
 → 参考資料

注意 ワンポイント 038564日本の神様はお色気に対しては、かなり大らかです。
太古の昔、天照大神(アマテラスオオミカミ)が天の岩戸に閉じこもった時に、天宇受賣命(アマノウズメ)が半裸で踊って興味を引き、天照大神を引っ張り出した、という神話もあるくらいですから。

とにかく、花園神社 酉の市の見世物小屋は話題です。

酉の市 Q&A

さて、ここでは花園神社の酉の市について、Q&A形式で細かなことをお伝えしますね。

一の酉、二の酉、三の酉、どれに行けばいいの?

基本、どの市も同じです。
都合の合う日にちの市に行きましょう。

前夜祭と本祭は何が違うの?

本祭では、お囃子演奏や獅子舞演舞が上演されます。
だいたい午後9時ごろからです。

また、本祭の方が混雑します(人出が多いです)。

その他は変わりません。
前夜祭でも熊手を売るお店は営業しています。
熊手を買えればそれでいい、という方は、空いている前夜祭が良いですね。

関東の三大酉の市の、他の2つは何?

浅草・長国寺内の鷲神社と、府中市の大國魂神社の酉の市です。

kumade_syougatsu 熊手

最後に、花園神社 酉の市の日程などをお伝えします。

花園神社 酉の市の日程

酉の市は、11月の酉の日に行われます。
2016年11月の酉の日は2回ありますので、一の酉二の酉という2回の酉の市が開催されます。
酉の日が3回ある年には、三の酉も開催されます。

  • 日程・時間
    一の酉
     前夜祭:11月10日(木) 夕方~翌朝2時ごろ
     本祭:11月11日(金) 昼ごろ~翌朝2時ごろ
    二の酉
     前夜祭:11月22日(火) 夕方~翌朝2時ごろ
     本祭:11月23日(水) 昼ごろ~翌朝2時ごろ

  • 場所
    東京都新宿区新宿5-17-3 花園神社

花園神社へのアクセス

最寄駅(出口)を地図にしました。
(※)地図の左肩をクリックすると、地図の説明が表示されます。
 ↓

最寄駅

  • 東京メトロ 丸の内線、副都心線、都営新宿線
    → 新宿三丁目駅 E2出口

  • JR線、小田急線、京王線
    → 新宿駅 東口

こちらの動画で酉の市の雰囲気がよくわかります。
見世物小屋の呼び込みは4分10秒あたりです。
 ↓

まとめ

新宿 花園神社の酉の市の、日程や見世物小屋について紹介しました。
日程は次のとおりです。

  • 一の酉
     前夜祭:11月10日(木) 夕方~翌朝2時ごろ
     本祭:11月11日(金) 昼ごろ~翌朝2時ごろ

  • 二の酉
     前夜祭:11月22日(火) 夕方~翌朝2時ごろ
     本祭:11月23日(水) 昼ごろ~翌朝2時ごろ

平日ですが、深夜の2時までやってますから、仕事帰りでも十分に間に合います。
見世物小屋も夕方から深夜にかけてやってます。

ぜひお出かけになって、かっこいい熊手を手に入れてください。

さすれば来年も商売繁盛、がっちり儲かること間違いなしです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索