スポンサーリンク

運転用サングラスのおすすめは?夜間用もご紹介!

スポンサーリンク

車を運転していて困ることの一つが、眩しさです。
この眩しさは、光の反射が原因です。

サンタ サングラス

  • 対向車のフロントガラスのギラギラ、
  • 先行車のリアガラスのギラギラ、
  • 交通標識が光を反射していて見えにくい、
  • フロントガラスにダッシュボードが映り込んで見えにくい、

などなど・・・

まぶしい中で運転すると、前方がよく見えないのでとっても危険!
歩行者や対向車が見えなかったりして、ヒヤッとした経験も少なくないことと思います。
そこでお役に立つのが、偏光サングラスです。

偏光サングラスというのは、偏光レンズという特殊なレンズを使ったサングラスのこと。偏光サングラスをかけると、あ~ら不思議、まぶしかった視界がぐっと落ち着いて、物が見えやすくなります。

今回は、この偏光サングラスについて、おすすめを紹介します。車を運転する方のサングラス選びの参考になれば幸いです。

さて、おすすめサングラスの前に、偏光サングラスの効果をご紹介しますね。こちらをご覧いただければ、偏光サングラスの威力がわかります。

スポンサーリンク

偏光サングラスの効果

偏光サングラスの効果は、次の画像を見てもらえば一目瞭然です。

次の画像は、『車の運転には偏光レンズ』で紹介されている、偏光サングラスの有無による違いです。

偏光レンズなし
偏光レンズなし
偏光レンズあり
偏光レンズあり
出典:http://m-takeuchi.thanksblog.jp/article/14570452.html

偏光サングラスを使うと、道路からの光の反射がぐっと抑えられ、視界がかなりクリアになっています。反射光をカットする効果がよくわかりますね。

偏光サングラスをかけると、あまりに効果が絶大なので、もうそれなしには戻れません!

では次に、選び方とともに、おすすめの偏光サングラスを紹介しますね。

偏光サングラスのおすすめは?

では早速ですが、どんなサングラスを選べばいいのでしょうか。

偏光サングラスもピンキリです。
1,000円くらいのものから、何万円もするものまであります。
高額のブランド品は、やはりしっかり反射光をカットしてくれます。

例えば、タレックス(TALEX)というブランド品はおすすめです。約2~3万円と高価ですが評判が良いです。

お金なんていくらでもあるワイ。

という方は、迷わずタレックスを買いましょう。

ですが、安物はダメなのかというと、実はそうでもありません。
安くっても評判の良い偏光サングラスもあるんです。

例えばコレ。

他にもアウトドア用品で有名なコールマンからも安価な商品が発売されています。

それなりに名の通ったメーカーのものであれば、デザイン重視で選んでも良いと思います。

夜間のサングラス

一般的には、夜間のサングラス着用は危険です。偏光サングラスも同様です。

実はJIS規格により、視感透過率が75%未満のレンズは夜間の運転に不適切と規定されています。
視感透過率がさらに低いレンズでは、運転不適合と規定されています(細かい数字は割愛)。

夜間にこれらのサングラスを着用していて事故を起こした場合、多分保険金はおりないでしょう。ヤバイですよね。

とは言え、対向車のライトが眩しく感じることもあります。

そんな場合には、夜間用のサングラスがありますので、そちらをどうぞ。

まとめ

運転を楽に、そして安全にしてくれる偏光サングラスを紹介しました。

視感透過率が75%未満のレンズは、夜間の運転に不適切とされていますので、夜間には夜間用のサングラスがおすすめです。

私たちは毎日何気なくクルマを運転していますが、実は車の運転は、事故と隣り合わせのかなり危険な行為です。ですから、少しでも運転の危険度を下げてくれる偏光サングラスは、とても重要なものなのです。

眩しさが減ると、交通標識や歩行者など周囲が良く見えるようになるので、運転の安全につながります。

偏光サングラスで、あなたの運転がもっと楽に安全になりますように、願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索