スポンサーリンク

風水で玄関から運気アップ!観葉植物の葉の形で異なる効果とは?

スポンサーリンク

風水といえば、若い女性がこだわる開運法の一種というイメージが強いですね。
ところがこの風水、会社の社長さんや起業家といった、社会的地位のある男性が取り入れていることも多くあります。

それは、オフィスや会社のロビーに、観葉植物で風水を取り入れているというケースです。責任あるポストに居る人にとっては、運気もまた味方に付けたいと思うのですね。

観葉植物

観葉植物を置くことによって、良い運気を取り入れることができます。また、置く植物によっては、悪い気が入ってこないようシャットアウトすることもできます。
実はこの観葉植物による風水では、葉っぱの形によって開運の効果が違ってくるのです。

そこで今回は、観葉植物を使った風水における、葉っぱの形について紹介します。
「これから職場に観葉植物を置こう」とお考えの方の、参考になれば幸いです。
もちろん、ご家庭での風水でも使える考え方ですよ。

ではまず、風水で観葉植物が使われる理由から見ていきましょう。

スポンサーリンク

風水で観葉植物が使われる理由とは?

室内に観葉植物があることによって、空間がおしゃれに見えたり、気持ちがなごんだりしますよね。
そんな心理的効果の他に、風水で観葉植物は「悪い気を吸い取り、良い気を呼び込んでくれる」という効果があります。

観葉植物は生き物ですから、その呼吸(光合成)が運気を呼び込んだりするイメージに繋がっているのでしょう。

観葉植物の具体的な置き場所としては、事務所の玄関や会社のエントランスなど、人が出入りする場所がおすすめです。人の出入り口に置くことで、運気を呼び込む効果があるとされています。
一般家庭でも玄関は、運気の流れをアップする重要なポイントですね。

観葉植物

葉の形が重要!葉の形で異なる風水の効果とは?

観葉植物と一口にいっても、さまざまな種類があります。風水では、観葉植物の葉の形が特に重要とされています。
そして葉の形によって、風水の効果が違うとされています。

  • 鋭く尖った葉を持つものは鋭い気を発生させます。
    リラックスするような場所には不向きとされています。
    集中して仕事や勉強をする部屋に向いています。
  • 丸い葉のものは穏やかな気を出すとされています。
    人の気持ちをリラックスさせると言われていますから、玄関や商談などの場に向いています。
  • 葉が上向きの植物は活発なエネルギーを発生させます。
  • 葉が下向きの植物は気を静める効果があります。

玄関など、人を迎える場所では葉が丸く上向きの観葉植物を置けば、穏やかな雰囲気で明るく来客を迎えられそうです。

逆に鋭い葉はダメなのか、と言いますと、そうでもありません。鋭い葉の観葉植物は、悪い気(邪気)が入ってこないようにガードしてくれます。

丸い葉にするか、鋭い葉にするかは、何を重視するかで決めればいいでしょう。

観葉植物

次に、具体的にどんな観葉植物があるのか、玄関におすすめのものを紹介しますね。

玄関におすすめの観葉植物を3つ

枯れにくく、穏やかな気を発する『ゴムノキ』がおすすめです。葉は肉厚でふくよか、クセがなく万人受けする観葉植物です。

ゴムノキ

もう少し小さいものが良い場合には、『ガジュマル』はどうでしょうか。
耐寒性・耐陰性ともにあり、乾燥にも弱くありません。比較的育てやすい植物です。

サンゴ砂 ガジュマル

玄関で邪気をシャットアウトしたいなら、鋭い葉っぱの『ユッカ』がおすすめす。

青年の樹 ユッカ

今はネットでいろんな観葉植物を手軽に購入できます。
ぜひ試してみてくださいね!

観葉植物が枯れちゃったら?

観葉植物は生き物ですから、手入れが足りないと枯れてしまいます。
観葉植物を生き生きと保つには、日々のお手入れが大事です。

日光が足りないとか、水が足りなかった(多すぎた)などの理由で、植物は枯れてしまいます。

もしも観葉植物を枯らしてしまったら、すぐに片づけましょう。見た目も悪いですし、枯れたものを放置していると、運気が下がってしまいます。

特に玄関なら、なおさらですよ!

299746 開運

まとめ

風水と観葉植物について紹介しました。
玄関に観葉植物を置くと、良い運気を招き入れたり、悪い気をシャットアウトしたりしてくれます。

しかしながら、観葉植物に興味はあるけれど、枯らさないように世話する自信がない・・・という方もいらっしゃると思います。

ですが現在では観葉植物の改良も進んでいて、昔に比べて枯れにくくなってきました。初めての方でも臆することなく、チャレンジしてみてください。

ただし、開運のためにはフェイク(偽物)の観葉植物では意味がありません。
生きた観葉植物を用意してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索