スポンサーリンク

会社の忘年会用ゲーム5選!大人数で楽しめるよ!

スポンサーリンク

「ただでさえ忙しい年末なのに、なんで俺が幹事なんだよ~」
会社の忘年会の幹事さん、お店の手配や参加者のとりまとめ、いろいろお忙しいと思います。
そんな幹事さんが大いに悩むのが、ゲーム(余興)でしょう。

忘年会

ゲームこそが忘年会の成否を決めると言っても過言ではありません。ゲームが盛り上がると忘年会がヒートアップ!終盤に向けてグイグイといい感じに仕上がっていきます。

そこで今回は、職場の忘年会の幹事さん向けて、大人数で楽しめて、準備簡単、宴会を盛り上げるゲームを5つ、紹介します。また、ゲーム用に気の利いた景品も紹介しますよ。
これで熱い忘年会になること間違いなしです!

スポンサーリンク

みんな熱くなる!大うけゲーム5選

忘年会のゲーム企画は、幹事さんの最重要課題です。まさに腕の見せ所。

日ごろ仕事の押し付け合いでギスギスしていても、違う部署で交流がなくっても、一緒にゲームで盛り上がれば、きっと仲良しになれるに違いありません。親睦も深まります。

そう信じて、忘年会にふさわしい、大人数で楽しめて準備も簡単なゲームを紹介しますね。

1.ふうせんバトル

用意するもの

ふうせん(参加者数 X2)
ひも(参加者数X2)

ゲームの内容

  1. 参加者の両足に、膨らませた風船を結びつけます。
  2. 司会者の「始め!」の合図でバトル開始です!
  3. 周りの風船をつぶし合い、最後まで残った人が優勝です!

とってもシンプルなのに、めっちゃ盛り上がりますよ。

実際にプレイする様子はこちら!
 ↓

欠点は、広い場所が必要となることです。
舞台のある宴会場が適しています。

2.あと出しじゃんけんゲーム

用意するもの

ありません!

ゲームの内容

じゃんけんゲームはよくありますが、このゲームはちょっとひと捻りしてあります。
じゃんけんの掛け声の時に、司会者が条件を付けます。
その条件を満たした人がじゃんけんの勝ちになります。

ゲームの流れは、こうです。
 ↓

  1. 司会者が「負けてください、じゃんけんぽん!」と条件を言いながら、グーを出します。
  2. 参加者はじゃんけんをします。
    この場合にはチョキを出せば(条件通り負けなので)勝ちになります。
  3. 勝った人が残り、同様にじゃんけんします。
  4. 最後まで残った人が優勝です。

司会者の出す条件のパターンは、他には
 ・「勝ってください、じゃんけんぽん!
 ・「引き分けですよ、じゃんけんぽん!
などがあります。

実際にプレイする様子はこちら!
 ↓

さらに独自にいろんな条件が作れます。
 ・「右手で出してね、じゃんけんぽん!
 ・「左で出してね、じゃんけんぽん!
 ・「隣の人と握手しながら、じゃんけんぽん!
などなど。

ぜひ独自のパターンを作って、楽しんで下さいね。

3.部課対抗ジェスチャーゲーム

用意するもの

お題を書いた紙

ゲームの内容

部課単位で、5人くらいのチームを作ります。
チームの中の1名がジェスチャー表現の担当です。

  1. 司会者が、お題を書いた紙をランダムに選んで、ジェスチャー担当者に渡します。
  2. ジェスチャー担当者はそれを見て、ジェスチャーで表現します。
  3. 残りの4名がそれが何なのかを当てます。
  4. 正解数の多いチームが優勝です。

お題としては、その年に話題になった事を選ぶと楽しいです。
例えば2016年なら『ポケモンGO』とか、ですね。
どうやってジェスチャー表現するのか、難しいですが^^;

4.ネクタイ早結びゲーム

用意するもの

ネクタイ(男性着用中のものでOK)

ゲームの内容

  1. くじ引きで、男女のペアを作ります。
  2. 男性はネクタイを外し、ペアになってる女性に渡します。
  3. よーいドン!の掛け声とともに、女性が男性にネクタイを結んであげます。
  4. 速く結べた男女ペアが優勝です。

若い人が多い職場では、特に盛り上がりますよ~
司会者は「お、このペアの雰囲気はただの同僚を超えていますね!」などと煽り立てると、さらに盛り上がります。

実際にプレイする様子はこちら!
 ↓

5.回るプレゼント!

用意するもの

目立つように、大きな袋(箱)に入れたプレゼントを2個用意します。
プレゼント袋はできるだけ目立つようにします。

ゲームの内容

  1. 参加者で大きな輪を作り、参加者の一人がプレゼントを持ちます。
    その対面にいる人も、もう一つのプレゼントを持ちます。
  2. 司会者の合図とともに、プレゼントを持っている人は、左隣の人とじゃんけんします。
  3. 負ければ、その人にプレゼントを渡します。
    買ったら、右隣の人とじゃんけんします。
  4. これを繰り返しますと、次第にプレゼントが輪の中を移動していきます。
  5. プレゼントを持つ人が隣同士になったら終了。
    その時点でプレゼントを持っている人が、それをゲットします。

参加者が多い時は、なかなかゲームが終わりません。
そんな場合には、プレゼントの数を3個、4個と増やすと良いですよ。
いずれかのプレゼントが隣同士になったら、ゲーム終了です。
(参加者10人でプレゼント2個くらいが適量)

093703 プレゼント

さて、ゲームの次に、幹事さんは景品も用意しなきゃいけません。
次は、ちょっと気の利いた(ある意味無難な)景品を見てみましょう。

ゲームの景品はコレがおすすめ

1.カタログギフト

景品には何が喜ばれるのか、それは人によって様々です。
そこで便利なのがカタログギフト。

せっかくゲームに勝っても、いらないもの貰っても迷惑ですから、カタログギフトは一番無難な景品です。
ただし、カタログギフトでは、会場はあまり盛り上がらないのが欠点です!

2.健康グッズ

皆さん日々の業務でお疲れです。
そこでお勧めは、オムロン 低周波治療器 エレパレスHVF128 。

肩や腰に貼れば非常に楽になりますし、値段も手ごろです。

ウケを狙うなら、チープ感を演出して、ピップエレキバンサロンパスでも面白いですよ。

3.ブランド牛のお肉

松坂牛や薩摩黒毛和牛など、有名なブランド牛のお肉も人気です。
なかなか普段、そういう高価なお肉は買いませんからね。

お肉は忘年会当日、現物を用意してはいけませんよ。
二次会もあるでしょうし、持って帰るの大変ですから。
忘年会の後日、お肉屋さんから贈答品として直接発送してもらいましょう。

4.TOEIC等、資格の受験教材と受験料

資格の教材を揃えようと思うと、意外と高額になってしまいますので、なかなか喜ばれる景品です。社員のスキルアップになれば、会社にとっても非常に有益なことです。
人によって必要な資格は違いますので、忘年会の後日に、もらう人に何の教材がいいか確認して贈りましょう。

そして社内報に、何の資格の教材を贈ったのかを掲載しましょう。
さらにその後、試験に受かったかどうか、まで掲載すれば完璧です!

5.自社株

仕事に頑張れば頑張るほど、儲けが出るプレゼントです。
これを喜ばない社員はいない・・・はず!
(ただし経理処理が難しいかも)

忘年会

まとめ

忘年会をグイグイ盛り上げる、ゲームと景品を紹介しました。
ゲームはそのもの自体だけではなく、司会の盛り上げ方で白熱度がかなり違ってきます。そこは幹事さんの技が試されるところです。幹事さん、頑張ってください!

がんばって幹事をやっている姿は、上司や同僚がちゃんと見ています。手を抜かずに真面目にやれば、きっと仕事の評価でもプラスになります
決して損にはなりません。

たかが忘年会、されど忘年会。
幹事役にも全力で臨みましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索