スポンサーリンク

足の裏が痛い!土踏まずが朝に痛む原因は?

スポンサーリンク

アイタタタ・・・

朝起きて立ち上がろうとすると、足の裏が痛い
土踏まずがビリビリする・・・どうしたんだろう。

昨年の秋、そういうことがありました。

足の裏 痛い-2

しばらくの間、足の痛みは放置してたんですけど、
全然良くならなかった、
というか徐々に痛みが増していきました。

「この痛み、やばいかも・・・」

と不安になって、病院で診てもらいました。

その時のお医者さんの診断を含め
「なぜ朝の寝起きに足の裏が痛いのか」その原因と対処をお伝えしますね。
同様の症状でお困りの方の、お役に立つと思います。

ではまず、痛みの症状から見ていきましょう。

スポンサーリンク

足の裏の痛みの症状(私の場合)

去年の秋、その痛みは突然やってきました。

朝起きたとき、立ち上がると足の裏から踵(かかと)にかけてが痛いのです。
ビリビリっとくる感じ。

でも顔洗ったり着替えたりしているうちに、痛みは次第に弱まっていき、出かけるころにはあまり気にならなくなっていました。

動けなくなるほどの痛みではなかったので、しばらくは痛みを放置していました。
「放っておけば、治りそう」
という根拠のない思いもありました。

しかし、日を追うごとに朝の痛みは徐々に増していきました。
しばらくすると、オフィスで歩き回るときにも、足の裏が痛むようになりました。

「んー、やっぱちょっとヤバいかも・・・」

ということで、ある日、近所の形成外科で診察を受けました。
そこでお医者さんに言われた、痛みの原因とは・・・

寝起きに土踏まずが痛い原因とは

レントゲンを撮影し、軽い問診と触診のあと、お医者さん曰く。

お医者さん
足底腱膜炎(そくていけんまくえん)』になったと思われます。
足底腱膜炎?
お医者さん
多分ですね、足が耐用年数に達してしまったのです。
耐用年数・・・?
お医者さん
足の裏にある『筋』に寿命が来た、ということです。早い話が、老化ですね。
老化!?

老化、と聞いて、泣けました。
まだ人生の折り返し地点にも来ていないのに・・・

先生がおっしゃるには、足の裏の筋には遺伝子で決まった寿命があり、私の足の裏はその寿命に達したようだ、ということでした。

その寿命は、人によってさまざまで、中学生くらいで寿命になる人もいるんだとか。
足をよく使う人は、この寿命が早まることも考えられるそうです。

私の場合は、軽い山登りやハイキングにはよく出かけていました。
ジョギングも、3~5Kmくらいですが、週に2~3度は走っていました。
ここ数年は、毎年夏に富士山に登っており、特に下山時に、足に非常に負担がかかっていました(富士山は登りより下りが辛いです)。

こういったことが影響したのかもしれません。

お医者さん
しかし、よく足を使うからといって、必ず足底腱膜炎になるとは限りません。
ならない人は、死ぬまでなりませんから。

すべては遺伝子の定めによるのだそうです。

足底腱膜炎の治療法

足底腱膜炎の治療方法は、主として痛みへの対処療法しかありません。

  • 湿布で痛みをやわらげる。
  • 靴のかかとにクッション材を入れる。
    お医者さんに、足底腱膜炎用のクッションを作っている靴屋さんを、紹介されました。
  • 放置する。
    たいていは数か月~3年程度で痛みは消えますので、運動を控えたり、靴のクッション材を使ったりして、足への負担を減らします。
  • 注射や手術
    痛みがひどくて我慢できない場合には、痛み止めの注射があるそうです。
    また、3年ほど経っても症状が改善しない場合、痛みを除去する外科手術もあります。

私の場合は、放置しました。

その結果、半年ほどで、朝の痛みはほぼなくなりました。
ですが、長距離を歩くとやはり足の裏に痛みが出ることがあります。

運動する量を調整しながら、この痛みとは一生のお付き合いになりそうです。

病院へ行こう!

足の裏には、心臓、腎臓、肝臓など、いろんな内臓のツボがあると言われています。

なので、足の裏が痛くなると
「内臓のどこかが悪いんじゃないか?」
と疑心暗鬼になりませんか。

私は内心、それを心配していました。

そんな不安があるのなら、ぜひ病院で診察してもらって下さい。
ちゃんと診断してもらえば、痛みの原因がわかって、不安がなくなります。

何が悪いのかわからずに、不安と痛みをこらえるのは大変ですよ。

お医者さん 看護師さん

足の裏の痛みのまとめ

私の場合、起き抜けの土踏まずの痛みの原因は、足底腱膜炎でした。

足裏の腱が寿命になりました。
老化です。

と、お医者さんに言われた時にはびっくりしましたが、
まあ、生きてるんだからしょうがないですね。
受け入れるしかありません。

これからは足の裏をいたわりつつ、適度に運動していきます。
歩けなくなったわけじゃありませんから、問題ありません!

足の裏が痛くて悩んでいる方は、ぜひ病院で診察を受けてください。
原因がわかれば、気持ちが楽になりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索