スポンサーリンク

来年2017年の干支、丁酉(ひのととり)はどんな年?

スポンサーリンク

年末が押し迫り、年賀状を書く季節になると、いやでも気になるのが来年の干支(えと)です。
お正月になると、福袋やお年玉袋など、いろんなものに干支が描かれているのを見かけますね。

その干支、2017年は丁酉(ひのととり)です。簡単に言うと、酉年(とりどし)ですね。

鶏

干支は、十干(じっかん)十二支(じゅうにし)の組合せからできています。

十干は、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類。
十二支は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類。

十干と十二支の組合せからできる60種類を干支と呼んでいます。ですから60年たつと一周します。それで、暦がぐるりと周ってきたという意味で、60歳のことを還暦と呼ぶのです。

さて、この丁酉(ひのととり)にはどんな特徴があるのでしょうか。また、2017年はどんな年になるのでしょうか。気になりますよね。

ということで今回は、やってくる2017年の酉年がどんな年になるのか、素人なりに予想してみました。また逆に、過去の丁酉(ひのととり)はどんな年だったのかを振り返ってみました。

ではまずは、丁酉(ひのととり)の意味を見てみましょう。

スポンサーリンク

丁酉(ひのととり)の意味は?

陰陽五行説によると
丁酉(ひのととり)の一文字ずつの意味は、
丁(ひのと): 陰の火
酉(とり) : 陰の金
です。

両者を合わせた意味は、相剋(火剋金)となります。相剋(火剋金)の意味は、火は金属を溶かすということで、『相手を打ち滅ぼす』ということです。

ということは、丁酉(ひのととり)は、眼前に現れる競争相手に打ち勝ち、逞しく生きていく、そんな意味に解釈できます。何か一波乱ありそうな予感が・・・

また『酉』は『緧(ちぢむ)』のことで、『果実が十分に熟した完熟状態』であることを示しています。

物事が『完熟状態にある』とは、それまでに行ってきた仕事や挑戦の結果・果実が得られる、という意味に取れます。

まとめますと、丁酉(ひのととり)の意味としては、『仕事や挑戦してきたことへの結果や果実を勝ち取る』と取れそうです。
以上を踏まえて、2017年を予想してみましょう。

2017年はどうなる?

前年の申(さる)年は『果実が成熟していく状態』を示していました。

そして2017年・酉年は、『果実が完熟した状態』になります。『果実が完熟した状態』とは、『仕事してきたことへの結果、果実を勝ち取る』ことです。

何らかの社会的な課題において、大きな結果が得られるのかもしれませんね。それが良いことなのか、悪いことなのかは分かりませんが、慶事となることを願いましょう。

ではそれは、どんな課題に対する結果なのでしょうか。

現在世界的には、様々な課題があります。例えば、
・IS(イスラミック・ステート)問題
・移民問題
・地球温暖化
などです。

日本国内の課題としては
・デフレ脱却・経済の立て直し
・少子高齢化
・経済格差
などがあります。

これらの課題については、国際的な枠組みや、日本政府レベル、民間レベルなど様々なレベルで課題解決の挑戦が行われています。

これらに対して、何かしら良い結果が出たらうれしいですね。果たして2017年にはどんな『果実』が得られるのか、とても楽しみです。

鶏

ところでで、過去の丁酉(ひのととり)にはどんな出来事があったのでしょうか。簡単に振り返ってみましょう。

過去の丁酉を振り返る

1897年

1897年は明治時代です。この年に、日本で貨幣法が成立しました。
これは金本位法をもとに、日本での貨幣の発行や製造を定めた法律です。

その国独自の通貨を持つことは、近代の独立国家の一つの条件です。

また当時の先進国は金本位制を取っていたことから、金本位法の採用によって、日本も独立国家としての体面が整ったと言えます。

これは、それまでの明治政府の努力が結実した、とも言えます。

1957年

この年には、いくつかの世界初、日本初の出来事が起きています。

  • 日本初の原子力発電に成功。
  • 日本初のロケット発射実験に成功。
  • 英国初の水爆実験を成功。
  • ソ連が、世界初の人工衛星『スプートニク1号』の打ち上げに成功。

当時は、第二次大戦後に科学技術が飛躍的に進化した時代でした。それまでの科学的探究の成果が、数多く結実した年だったと言えます。

eto_mark10_tori 鶏 酉

まとめ

丁酉(ひのととり)の2017年がどんな年になるのか、素人予想してみました。

個人的な予想としては、2017年には、何かしらの社会的な課題についてひとつの結果が得られるのではないか、そんな気がしています。その結果が良い結果であるよう願っています。
さあ、どうなりますか(^^)

ところで、酉年生まれの有名人で、とても好きな人がいます。政治家で芸人の東国原英夫氏(そのまんま東)です。

あるテレビ番組で、自身の数々のしくじり(主として女性問題^^)を、『危機こそチャンス』と考えて乗り切ってきた話を講義されていました。

笑いを交えた氏の講義を聴いていると、人間って大概の危機は乗り越えられるもんだと、感心させられました。

そして乗り切ってしまえば、その危機も笑い話にできるのです。

2017年もいろいろあるとは思いますが、『乗り切れば笑い話だ!』と思って、前向きに行動したいですね。明るくいきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索