スポンサーリンク

結婚式の招待状!返信ハガキの書き方、ポイントはココ!

スポンサーリンク

友人から結婚式の招待状をもらったら、それはうれしいものです。

友人の末永い幸せを想う気持ちで、胸がいっぱいになりますね。

結婚式 招待状

でも、それが生まれて初めてもらう招待状だったら・・・

うーん、これ、どう書いて返せばいいんだろう。

書き方が分からないよ。

と悩むのも無理はありません。

でも大丈夫ですよ。
返信のポイントさえ押さえれば、自信を持って返信できます。

では早速、返信の書き方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

返信ハガキの宛名の書き方

まずは返信ハガキの表、宛名の書き方です。

「え?宛名は印刷されてるんだけど?」

はい、でもその印刷された宛名は、「○○ 」となっていると思います。
(「○○ 宛」となっている場合もあります)

そのまま返信すると相手に失礼になります。
宛名の「」を二重線で消して、「」と書き直しましょう。

結婚式の招待状の返信ハガキ、宛名の修正

宛名が夫婦連名の場合

宛名が結婚される夫婦の連名になっている場合があります。

その場合、それぞれにを付けます。

出席・欠席の書き方

出席の場合

 「ご出席」の「」を二重線で消します。加えて、隣の「ご欠席」も二重線で消します。

 「ご出席」の上と下に「慶んで」「させていただきます」と追記し、全体で「慶んで出席させていただきます」と読めるようにします。
 
結婚式の招待状の返信ハガキ、 出席・欠席の書き方

 

家族で招待された場合

 家族の全員が出席できるのか、出席できない人がいるのかを明記しましょう。

 全員出席できる場合には、「家族○名で出席します!」などと書きます。

 出席できない人がいる場合「申し訳ないのですが、○○が事情により出席できません。○名で出席いたします」と書けば明確で良いですね。

欠席の場合

まず「ご出席」を二重線で消します。
次に「ご欠席」の「ご」を二重線で消します。

欠席理由は書いた方が良いですが、書きたくない場合には「事情が許さず出席できません、お許しください」などと書けば良いです。
 
欠席の返事ハガキを出した後に、電話やメールで一言お詫びすればなお良いです。一本の電話があるだけで、断られた方も気持ちがずいぶん違いますよ。

決して「ご欠席」に丸を付けただけの返事は出さないでくださいネ。相手は「私は嫌われているのかな・・・」とモヤモヤが残りますから。

メッセージも添えよう

返信ハガキの空きスペースに、お祝いのメッセージを一言載せましょう。

凝ったメッセージは不要です。祝福の気持ちは1行でも伝わります。

返信メッセージについては、こちらにまとめました。
 →  結婚式招待状の返信メッセージの例文!一言で祝福届けよう。

食物アレルギーがある場合

結婚式の招待状で、食物アレルギーのあるなしを尋ねられることがあります。

その場合の書き方は、別途こちらにまとめました。ご参考になさって下さい。
 → 結婚式への招待状!アレルギーがある場合の返信はどうしよう!?

ボールペンでもOK?

筆記具は、毛筆か黒の万年筆が良いとされていますが、書きなれていないと上手に書けません。その場合には、黒のボールペンで問題ありません。

毛筆に自信がある方は、毛筆がおすすめです。返信ハガキに品が出ますよ!

まとめ

結婚式は人生における大切なセレモニーです。

そのセレモニーの招待状は、失礼のないように丁寧にお返事したいですね。

でも難しく考えないで!

お返事のポイントさえ押さえれば、マナーには自信を持ってお返事を出せますよ。

素晴らしい結婚式になりますように!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索