スポンサーリンク

DMM mobile 使用1カ月レビュー。データ量も無事に繰り越しました。

スポンサーリンク

DMM mobile の格安SIMを使い始めて、1カ月がたちました。

7月分の料金が確定して、請求額が確定したのでレビューします。

毎月の請求額は、DMM mobileのマイページで確認できます。

それによると、7月分の使用料金は1,363円でした。

20160705_213354 DMM mobile 明細

内訳:
月額基本料 1,260円
消費税 100円
ユニバーサル料 3円

合計:
1,363円

プランは、通話SIM、1GBプランです。

通信データ量も無事に繰り越されていました。

20160705_213354 DMM mobile データ量

先月6月に日割りで支給?されたデータ量は760MBでした。

そこから通信速度の測定に30MB使用し、残りの760MBが7月分に繰り越されました。
 → DMM mobile 通信速度の測定結果

そして7月分の通信データ量として1GBが支給されました。

よって今月の通信データ残量は、合計1.73GBです。

多分、今月も使い切れないでしょう ^^

スポンサーリンク

侮れない!低速モードは実用的!

6月の通信データ量は760MBを支給され、そのほとんどは使いませんでした。

これはスマホを使っていない、という意味ではありません。

スマホは普通に使っているのですが、スマホを『低速モード』に設定しているので、使用したデータ量はカウントされないのです。

つまり、低速モードなら、通信し放題ということです。
昔の表現を使うなら、パケ放題です(懐かしい)。

ところで、低速モードというと、
通信速度が遅くて使い物にならないイメージもありますよね。

でも、そんなことありません。

低速通信ではあるけれど、メールやネットサーフィンするには十分な速度です。
LINEもLINE電話も普通に使えます。
ヤフージャパンのトップページは2秒程度で表示されます。

通信速度の切り替えはアプリから簡単!

DMM mobile が提供するアプリを使うと、このアプリから簡単に『低速モード』と『高速モード』を切り替えられます。

モードを切り替えると、即時に切り替わります。
一日に何度切り替えてもOKです。

私はほとんど低速モードで使用しています。

自宅ではWi-Fiですが、それでも低速モードのままです。
なぜなら、低速モードのままでも十分に使えるからです。

外出時に Googleマップの更新が遅いとか、暇だからYoutubeでも見るか、みたいなときにしか高速モードにしません。

ほんと、低速モードは使えるヤツです!

友人にも薦めたい格安SIM

DMM mobile にして、今のところ不便はありません。

月額1,360円(通話SIM, 1GBプラン)で済んでいるのがうれしいです。

かなり満足度は高いです。

格安スマホ、格安SIMとしてはかなり優秀だと思います。

もし友人に格安SIMについて相談されたら、迷わずDMM mobile をすすめるでしょう。

 → DMM mobile の詳細はコチラから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索