スポンサーリンク

七五三のお参りはいつする?衣装はレンタル?

スポンサーリンク

七五三は、これまでの子供の健やかな成長に感謝し、これからの幸せと健康を祈願する日本古来の神事です。

また祖父母や親戚に、無事に成長している子供さんを披露し、日ごろお世話になっていることへ感謝する意味もあります。

shichigosan_torii 七五三 鳥居

しかし、実際に子供さんがその年齢になった時に、具体的にはいつ、何をすればわからない!教えて!という親御さんもいらっしゃると思います。

七五三でやることの中でも、神社へのお参りは絶対に欠かせないイベントです。

今回は、七五三の神社のお参りをいつすればいいのかを、まとめました。
七五三の計画にお役立て下さい。

スポンサーリンク

七五三は男の子と女の子で違う!?

まず最初に、七五三は男女でお祝いする年齢が違う、ということをご存知でしょうか。

男の子は五歳(地域によっては三歳も)。

女の子は三歳と七歳。

この年齢でお祝いをします。

年齢の数え方は、昔は『数え年』の年齢でお祝いしましたが、現代では『満年齢』でOKです。

早生まれも遅生まれも気にする必要はありません。

注意 ワンポイント 038564『数え年』の数え方は、生まれた年を1歳とします。0歳はありません。そしてお正月が来るたびに1歳ずつ年をとります。つまり昔は、お正月を迎えると、日本人が全員いっせいに年をっていました。おもしろいですね。

一方で『満年齢』は、生まれた年は0歳です。そして誕生日が来るたびに年をとっていきます。

では、各年齢でのお祝いの意味を見てみましょう。

三歳・・・髪置きの儀(かみおきのぎ)

江戸時代では、三歳までは子供の髪を剃っていたので、それを終えるという儀式です。
昔は乳幼児の死亡率が高かったので、「よくぞ三歳まで育ってくれた」ことを神様に感謝する意味もあったことでしょう。

五歳・・・袴着の儀(はかまぎのぎ)

この歳から男子が袴を着用しはじめる、という儀式です。

七歳・・・帯解きの儀(おびときのぎ)

この歳から女子が丸帯(大人が使う帯と同じ、幅の広い帯)を使い始める、という儀式です。

五歳、七歳の儀式は、男の子・女の子が、それぞれ大人の世界に一歩踏み出すのをお祝いする、という意味にも取れますね。

昔は大人の階段を登り始める歳が早かったようです^^

神社へのお参りはいつする?

では次に、神社へのお参りをいつするのかを見てみましょう。

七五三の日は11月15日です。

一般的には、11月15日前後の休日など、都合の良い日に参拝されています。11月15日にこだわることはありません。

注意 ワンポイント 038564旧暦においては、毎月15日(鬼宿日、きじゅくにち)は鬼が出歩かない日であり、何かをするには良い日とされていました。また11月は農作物の秋の収穫も終わり、自然の恵みに感謝する月でした。
そこで11月15日に、収穫への感謝と子供の成長への感謝を合わせて、七五三を祝うようになったようです。

一緒にお参りされるご家族や、おじいさん・おばあさんの予定を考慮して、一番良い日を選びましょう。

神社で七五三のお祓いをされる場合には、前もって予約が必要です。有名な神社ですと、七五三の予約は大変混雑しますので、早めに予約された方が良いでしょう。

また、神社に予約する際に初穂料の金額も確認しておきましょう。初穂料はのし袋に入れて準備しておきます。

ちなみに2016年の場合、11月のカレンダーは次のようになっています。

2016 七五三 カレンダー

今年の11月15日は月曜日です。

その前後の週末となると、

  • 11月13日、14日
  • 11月20日、21日

あたりは神社も混雑しそうですね。

なかなかお祓いの予約がとれない場合は、10月や12月でも構わないと思います。

大事なのは、子供さんの幸せを願う気持ちですからね!

注意 ワンポイント 038564お参りを9月にする際には、注意点が。9月はまだ暑い日が残っています。
子供さんに着物を着せるとかなり暑いかと思います。
熱中症に十分注意して、ご参拝ください。

そしてお参りと言えば、衣装も忘れてはいけません。
次は衣装のレンタルについてみてみましょう。

shichigosan_title 七五三

七五三の衣装はレンタル?

七五三と言えば、かわいい衣装も絶対に忘れてはいけませんね。

この衣装をレンタルにするか、購入するかは意見が分かれるところです。

どうせ数回しか着ない(子供はすぐに大きくなる)のだから、レンタルで十分という意見もありますし、孫へのプレゼントとして購入したい、という意見もあります。

ところで衣装をレンタルするなら、お得な方法があります。

それは、七五三の写真を、写真館/スタジオで前撮りすることです。前撮りとは、七五三のお参り当日より前に、写真撮影だけを前倒しで行うことです(写真スタジオによっては、前撮りではなく、早撮りと呼んでいます)。

写真スタジオ・スタジオアリスに電話してみたところ、前撮りすると、後日神社にお参りする日に、衣装をレンタルするサービスがあるとのこと。

そして、この衣装レンタルの料金は、前撮りする時期が早ければ早いほど、安くなります。例えば平日のレンタル衣装代は、0円になります!

とてもお得ですよね。

七五三の写真は将来、結婚式の新婦・新郎紹介で使われることもある、決して疎かにはできない写真です。

大事な写真だからこそ、プロにきっちり撮影してもらって、さらには後日お参りの衣装も割引でレンタルする、というのはとてもお得ではないでしょうか。

shichigosan_chitoseame 七五三 千歳飴

まとめ

初めての七五三ですと、いつ何をすればいいのか、段取りが分からなくて困りますよね。

今回は、七五三のお参りはいつ行けばいいのかと、衣装レンタルについてまとめてみました。

  • 七五三の日は11月15日です。その前後の都合の良い日にお参りしましょう。
  • お参りでお祓いしてもらうなら、神社に予約しましょう。
  • 七五三の写真を前撮りすると、割引料金で衣装のレンタルができます。

また七五三は、子供さんの写真だけでなく、家族写真を撮るいい機会でもありますね。

ご家族みなさんで、どうぞ良い七五三をお過ごしください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索