スポンサーリンク

結婚式への招待状!アレルギーがある場合の返信はどうしよう!?

スポンサーリンク

友人知人から届く結婚式の招待状。

大切な人たちからの、幸せの便りはうれしいものです。

花かご 7b47a4ce9173550aff33e02b5fb71ac4_s

最近の結婚式の招待状では、式への出欠だけでなく、アレルギーの有無を尋ねるものも珍しくなくなってきました。

アレルギーは単なる好き嫌いではなく、発症すると生死に関わることもあります。

招待する側/される側の双方にとって、アレルギーへの対応は、決して疎かにはできません。

今回は、結婚式招待状の返信で、アレルギーの有無をしっかりと伝える方法を紹介します。

スポンサーリンク

アレルギーの有無はどこに書く?

結婚式招待状のアレルギーの有無を書く欄には

  • アレルギー等ございましたらご遠慮なくご記入ください。
  • お体にあわない食材がございましたらお知らせください。

などと書いてあります。

この欄にアレルギーのありなしを明記します。

286e675026daa42e01b65177748c4b8d_s 花 窓

アレルギーがない場合

アレルギーがない場合には、招待状の返信ハガキに次のように書けば良いでしょう。

  • アレルギーはありません。お心遣いありがとうございます。
  • 特にありません。ご配慮ありがとうございます。

ただ「ありません」「ないです」と書くと、何だかそっけないですね。一言添えられていると、優しさが伝わります。

アレルギーがない場合にも、「ない」ということを明確に書きましょう。

空欄のままにしておくと、返信ハガキを受け取った側は、「書き忘れかな」と疑問に思ってしまいます。

アレルギーがない場合にも、それをキチンと伝えましょう。

18d1adfd25dc3a5ba96738a677894cb2_s 花 紅茶 ハーブティー

アレルギーがある場合

アレルギーがある場合には、次のように書けば良いでしょう。

  • ○○アレルギーがあります。ご配慮よろしくお願い致します。
  • ご面倒をお掛けしますが、○○が食べられません。ご配慮いただくと助かります。

アレルギーがある場合には、遠慮せずにハッキリと食べられないものを書きましょう。

アレルギーのある食材を食べてしまうと、救急車を呼ぶ騒ぎになったり、最悪の場合、命に関わることもあります。

せっかくの愛でたい門出の日に、そんな騒動を起こさないよう、アレルギーはしっかり伝えましょう。

cac9ec2ab0fab21f8b19226c56fc67b1_s 花

連名の招待状の場合

結婚式の招待状が夫婦連名で届き、そのうちの片方にアレルギーがある場合には、次のように書けば良いでしょう。

  • (名前)は○○アレルギーです。ご配慮よろしくお願い致します。

アレルギーを書く欄がない場合

自分はアレルギー持ちなのだけど、招待状の返信ハガキにアレルギーを書く欄が無い場合には、どうすれば良いでしょうか。

その場合には、返信ハガキに、追伸としてアレルギーの内容を明記すれば良いです。

親しい友人の場合、加えてメールや電話にて、アレルギーがある旨を重ねて伝えれば安心です。

さらに確実を期するなら、結婚式場に直接電話して
「○月○日の××(氏名)の結婚式に出席する○○です。○○アレルギーがあるので、配慮をお願いしたいのですが・・・」と伝えましょう。

アレルギーへの対応は、決して疎かにはできません。ご自身が納得できるよう相手に伝えましょう。

アレルギーじゃないけど苦手な食材がある場合

基本的にはアレルギーがある食材だけを書きましょう。

個人的な好き嫌いまでは、結婚式場も対応できません。

ただし、知らずに食べてしまうとおう吐してしまうなど、式の進行を妨げるような食材があれば、書いた方がいいでしょう。

花とテーブル 24ad885e8fd3ae7a16db336f98d33e4c_s

アレルギーの怖さ

学生時代の遊び仲間に、アルコールアレルギーという友達がいました。
彼は飲み会には出てくるんですが、絶対に酒を飲まないのです。

ある日の飲み会で、ちょっと悪戯心が出まして
「アイツ、本当にアルコールアレルギーなのか試してみよう」
と、お酒を一滴だけ、彼のウーロン茶に垂らしてみました。

彼がそのウーロン茶を飲んでから、数分もしたら、顔から首から腕から、真っ赤になってしまいました。

「誰だ 酒を入れたのは!」
激怒する彼に平身低頭、謝ったのは言うまでもありません。
たった1滴のお酒で、体中があんなに赤くなるなんて、びっくりしました。

アレルギーって、本当にバカにできません。
アレルギーを軽く扱うと大変な事になると、心の底から理解した事件でした。

まとめ

現代では、一昔前では考えられないほど、アレルギーが一般化しています。

アレルギーは単なる好き嫌いではなく、知らずに食べてしまうと人命に関わることもある重大事項です。

結婚式という祝いの席で騒動を起こさないためにも、アレルギーは遠慮なく明確に伝えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索