スポンサーリンク

鎌倉・明月院のあじさいが見ごろです。明月院ブルーが目に染みます。

スポンサーリンク

関東地方も梅雨入りしました。

この時期には、雨が嫌でお出かけするのも億劫になりがちなのですが、梅雨には梅雨の楽しみもあります。

それは、『あじさい』です。

@islandseamoが投稿した写真

古都鎌倉では、紫陽花寺の別名を持つ明月院のあじさいが、見ごろを迎えています。

鎌倉には、円覚寺や長谷寺など、あじさいの綺麗なお寺がいくつもありますが、その中でも明月院のあじさいは、ひときわ見事。

周りを青のあじさいに囲まれて、まるであじさいの国に迷い込んだかのようです。

今回は、あじさいの名所・明月院の見どころを紹介ます。
最寄駅や駐車場情報も併せて紹介しますね。

スポンサーリンク

明月院のあじさい、見ごろは?

明月院のあじさいの見ごろは、6月上旬から7月中旬ころと言われています。

ちょうど梅雨まっさかり(と言うのも妙でしょうか)の頃ですね。

梅雨の晴れ間に行くも良し、しっとりと雨降る中で愛でるも良し。

いつ行っても、明月院のあじさいは 優しく迎えてくれます。

明月院の見どころ

明月院の見どころは、何と言っても、『明月院ブルー』と呼ばれる、透き通るような青いあじさいです。

yasuさん(@yasusann)が投稿した写真

入り口から山門にかけての『紫陽花の参道』では、参道の両脇で明月院ブルーのあじさいが咲き誇っています。

透き通るようでいて、鮮やかで柔らかいブルー。

全部で2500株はあると言われるあじさいが、この明月院ブルーに染まる様には息を呑みます。

青々と繁るあじさいの葉の緑と、とてもよく混じり合っています。

あじさいの色は、その土地が賛成かアルカリ性かによるそうです。

土地が賛成なら青、アルカリ性なら赤に染まります。まるで生きたリトマス試験紙です。

明月院のあじさいの品種は『ヒメアジサイ』です。
ヒメアジサイに、明月院の土地の酸性度合いがちょうど良くマッチしたのでしょうね。

明月院へのアクセス

  • 最寄駅:JR「北鎌倉」駅下車、徒歩約10分
  • 参観時間:9:00-16:00(6月8:30-17:00)
  • 拝観料金:300円(ただし6月は大人500円)
  • 奥庭園の拝観料金:500円
  • 所在地:〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内189
  • 電話番号: 0467-24-3437

明月院の地図・行き方

北鎌倉駅から明月院へは、徒歩で約10分です。
お散歩気分でのんびり歩くのも、また楽しいと思います。

(※)地図の左肩をクリックすると、地図の説明が表示されます。

明月院の駐車場

残念ながら、明月院には駐車場はありません。

どうしても車で、という場合には、北鎌倉駅周辺の有料駐車場が利用できます。

あじさい d5df88e9298fd7a96278570c9f487fde_s

日帰りバスツアーでも行けますよ → ぽけかる倶楽部

あじさい散策コース

北鎌倉には、あじさいが咲いているお寺が多数あります。

それぞれのお寺の趣を味わいながら、お散歩を楽しんでみてはどうでしょうか。

コースは以下の通りです。
全部歩いても、3時間程度に収まりますよ。

■ 北鎌倉駅
 ↓
■ 円覚寺
国宝・仏舎利があります。妙香池も見事です。
(参観料:大人300円、小人100円)
 ↓
■ 東慶寺
わびさび漂う山門の左右にあじさいが咲き誇ります。
(参観料:大人200円、小・中学生100円 )
 ↓
■ 浄智寺
山門に至る石の階段に歴史を感じます。
(参観料:大人200円、小人100円)
 ↓
■ 明月院
院全体に咲き誇る明月院ブルーが楽しめます。
(参観料:300円(ただし6月は大人500円))
 ↓
■ 海臧寺(かいぞうじ)
品よく整えられた庭園が魅力です。岩穴はくぐっておきたい。
(参観料:無料。十六井戸のみ100円)
 ↓
■ 浄光明寺
推定樹齢750年のイヌマキの大木からパワーをもらいましょう。
(参観料:無料。一部のエリアは200円)
 ↓
■ 小町通り
 ↓
■ 鎌倉駅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索