スポンサーリンク

アルファ碁 vs 人類、次の対局相手はカー・ジエ(柯潔)九段。2016年度末。

スポンサーリンク

アルファ碁は、世界で初めてハンディキャップ無しで、人間のプロ囲碁棋士に勝った人工知能です。

その歴史的な対戦は、2016年3月9日~15日にかけて、韓国・ソウルで行われました。試合は全5局行われ、対戦相手はプロ棋士イ・セドル九段。試合の結果はイ・セドル九段の1勝4敗、人間側の完全敗北でした。

しかもアルファ碁が負けた第4局は、アルファ碁が『暴走した』と表現されるほど、アルファ碁がおかしな手を指していました。アルファ碁が全勝してしまうとイ・セドル棋士の立場がなくなるので、わざと負けるようにアルファ碁が調整されたのではないか、という噂もありました。

それほどまでに、アルファ碁は強かった。

そのアルファ碁の、次の対局が決まったようです。

スポンサーリンク

中国人棋士、立ち上がる

アルファ碁がイ・セドル九段に勝った1局目を見て、『アルファ碁はイ・セドルに勝てても私には勝てない』と豪語した棋士がいました。

それが中国人棋士カー・ジエ九段(柯潔、18歳)です。

カー・ジエ九段は、18歳にして囲碁の世界ランキング1位、現在の世界王者です。その世界王者とアルファ碁が対局することが明らかになりました。時期は2016年度末とのこと。
 → 「アルファ碁はイ・セドルに勝てても私には勝てない」とコメントした世界ランクトップのカー・ジエ九段がAlphaGoと対局

カー・ジエ九段は、さらに「イ・セドルは人類を代表して(アルファ碁と)戦う資格はない」とも言い放っています。彼は、「自分ならアルファ碁に勝てるし、戦う資格がある」と言いたかったのでしょう。若者らしいビッグマウスです。(Record China

この対局もまた、世界が注目する歴史的な試合となりそうです。

igo_set 囲碁 碁盤

アルファ碁は自分で学習して強くなる

次の対局は2016年度末です。
今から半年以上の時間があります。

その間に、アルファ碁はさらにパワーアップします。それは、ハードウェアの向上による計算処理能力のアップだけではありません。

怖いのは、人工知能ならではの自動的な機械学習による性能向上です。

アルファ碁は、イ・セドル棋士との対戦前には、過去の棋譜による学習はもとより、アルファ碁対アルファ碁の対局を3,000万局も重ねて鍛錬を重ねたそうです。

アルファ碁は、自分自身と対局して、良い指し手を自動的に学んでいきます。そこに人が介在する必要はありません。全て自分自身で学んでいきます。

これを3,000万局、こなしたのです。

3,000万局・・・気が遠くなるような対局です。

人間には絶対に不可能な領域。

そんな世界で、人工知能は機械学習を進めています。

この機械学習は、当然現在でも1日24時間、休みなく行われているでしょう。
人工知能に疲れはありません。

すでにアルファ碁は、イ・セドル九段に勝った当時よりも、ずっと強くなっているはずです。

人工知能 人類最悪にして最後の発明

カー・ジエ九段なら勝てる?

カー・ジエ九段は現在の世界ランク1位です。イ・セドル九段よりも強い、人類で一番強いプロ棋士です(ちなみに、イ・セドル九段は世界ランキング4位)。

彼ならアルファ碁に勝てるかもしれません。

カー・ジエ九段は中国人です。ある意味この対局には、中国のメンツがかかっているとも言えます。

となると、もしかして中国側は、アルファ碁にウィルス感染させて乗っ取ってしまう、なんて荒業を考えているかも・・・なんてSFチックな妄想もしてしまいます。

そんな映画があったら面白そうですね。

さあ、アルファ碁 vs カー・ジエ九段の対局は、どちらが勝つでしょうか。

『人工知能 vs 人類』の対決、楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索