スポンサーリンク

AndroidスマホのLINEトーク履歴を引き継ぎする方法は、とても簡単です。

スポンサーリンク

スマホを機種変更するとき、旧スマホから新スマホに、LINEのアカウントを引き継ぎます。

LINEの公式ページにある作業をすれば、LINE自体(自分のアカウントやお友達など)は新スマホに復元できます。

 → 2016年最新版 LINEのアカウントを引き継ぐ方法 : LINE公式ブログ

しかし、公式ページの方法では、トークの履歴は復元できません(トーク履歴は各自のスマホに保存されているので、LINE側はデータを持っていないからです)。

そこで、トーク履歴は各個人個人が引き継ぎの作業をしなくてはなりません。

インターネットには、無料でできる引き継ぎ方法を紹介するサイトが沢山あります。

ですが本記事では、あえて有料(170円)のアプリLINE Syncを使った方法を紹介します。

なぜ有料アプリを使うかというと、作業がとても簡単になるからです。

※ 本記事はAndroidスマホ用です。

スポンサーリンク

LINE Syncを使った方法の利点

インターネットで紹介されている、トーク履歴を引き継ぐ無料の方法は、トーク履歴のバックアップを作成した後、そのバックアップファイルをメールやSDカード経由で新スマホにコピーします。

その際、バックアップファイルの場所が、初心者さんにはわかりにくいのです。

「バックアップファイルって、どこに作成されたんだろう?」

って探し回っても見つけられなくて、結局、トーク履歴はまあいいか、とあきらめてしまうことも。

一方、有料アプリLINE Syncを使う方法では、バックアップファイルがどこに作成されたかを、気にする必要はありません。

淡々と手順通りに操作すれば、トーク履歴のバックアップと復元ができてしまいます。

わずかアプリ代170円の出費で、悩まずにトーク履歴の引越しができれば、安いものだと思います。
しかもこのアプリは、次に機種変更するときにも使えます。

これが、本記事の方法の利点です。

使用するアプリ

トーク履歴の引継ぎには、2種類のアプリを使います。

  1. Dropbox(無料)
    作成したバックアップファイルの一時的な置き場所です。
  2. LINE Sync(有料:170円)
    Dropboxを利用してバックアップファイルを旧スマホから新スマホにコピーし、トーク履歴引継ぎの手伝いをします。

おおまかな引継ぎ手順

大まかな引継ぎ手順は次の通り。
旧スマホにてトーク履歴のバックアップファイルを作り、新スマホでそれをインポートする、という流れです。

  1. 旧スマホにて
    1. アプリDropboxをインストール
    2. アプリLINE Syncをインストール
    3. LINEでトーク履歴のバックアップファイルを作成
  2. 新スマホにて
    1. アプリLINEをインストール、アカウントの設定
    2. アプリDropboxをインストール
    3. アプリLINE Syncをインストール
    4. LIE SyncでバックアップファイルをDropboxから取得
    5. LINEでトーク履歴のバックアップファイルをインポート

次に各手順を詳しく説明します。

旧スマホにて

アプリDropboxをインストール

20160517_233448 Dropbox-01
Google play からインストールします。
インストール時に設定した、メールアドレスとパスワードをメモしておいて下さい。

アプリLINE Syncをインストール

20160517_233335 LINE Sync-01
Google play からインストールします。

Dropboxの初期設定も行います。

i-010 Screenshot_2016-05-17-19-34-46

『Dropboxにログイン』をタップ。

i-020 Screenshot_2016-05-17-19-35-14

Dropboxにログインするメールアドレスをクリック。

i-030 Screenshot_2016-05-17-19-36-11

LINE Sync の初期画面が表示されました。

LINEでトーク履歴のバックアップファイルを作成

LINEを起動して、バックアップを取りたい相手とのトーク画面を開きます。

そのトーク画面の設定メニューを開きます。

o-010 Screenshot_2016-05-17-23-38-00

『トーク設定』をタップします。

o-030 Screenshot_2016-05-17-23-38-04

『トーク履歴をバックアップ』をタップ。

o-040  Screenshot_2016-05-17-23-38-08

『すべてをバックアップ』をタップ。
バックアップファイルが作成されます。

o-050 Screenshot_2016-05-17-23-38-12

確認画面が表示されます。

o-060 Screenshot_2016-05-17-23-38-16

o-070 Screenshot_2016-05-17-23-38-21

送信先の一覧が表示されます。

o-080 Screenshot_2016-05-17-23-38-28

送信先として LINE Syncを選択します。
確認画面が表示されます。

o-090 Screenshot_2016-05-17-23-38-32

Dropboxにバックアップファイルが送信されます。

o-100 Screenshot_2016-05-17-23-41-43

バックアップファイルの作成が完了しました。

新スマホにて

アプリLINEをインストール、アカウントの設定

LINEアプリをインストールします。
公式ページの手順に従って、アカウント情報を設定します。

 → 2016年最新版 LINEのアカウントを引き継ぐ方法 : LINE公式ブログ

アプリDropboxをインストール

Google play からインストールします。
play.google.com/store/apps/details?id=com.dropbox.android&hl=ja

メモしておいたメールアドレスとパスワードを使って、Dropboxにログインしておきます。

アプリLINE Syncをインストール

Google play からインストールします。

play.google.com/store/apps/details?id=no.wunderapps.linebackuprestore&hl=ja
(新スマホへのインストールは無料です)

LINE Syncをインストールすると、旧スマホで作成したバックアップファイルが表示されます。

n-010 Screenshot_2016-05-18-00-23-39

LINE SyncでバックアップファイルをDropboxから取得

LINE Syncを起動します。

n-010-2 Screenshot_2016-05-18-00-23-39

復元するボタンをタップします。

n-020 Screenshot_2016-05-17-23-54-39

復元処理、完了です。

n-030 Screenshot_2016-05-17-23-54-42

以上で、トーク履歴のバックアップファイルが、Dropboxから新スマホにコピーされました。

LINEでトーク履歴のバックアップファイルをインポート

LINEを起動し、トーク履歴を復元したい相手のトーク画面を開きます。
設定メニューを開きます。

n-040  Screenshot_2016-05-17-23-38-00 - コピー

トーク設定をタップします。

n-040-1  Screenshot_2016-05-17-23-38-04 - コピー

『トーク履歴をインポート』をタップ。
確認画面が表示されます。

n-50 Screenshot_2016-05-18-00-00-33

『はい』をタップします。
LINEがバックアップファイルを読み込み始めます。

n-060 Screenshot_2016-05-18-00-00-36

LINEへのインポートが完了しました。

n-070 Screenshot_2016-05-18-00-00-39

以上で、全ての作業が完了です。
バックアップしておいたトーク履歴が、新スマホに引き継がれました。
お疲れ様でした!!

ここまでの説明では、一人分のトーク履歴だけを説明しました。
トーク履歴の引継ぎをしたい人が複数人いたら、すべての相手に対して、同様な作業を行います。

新しいスマホには、新しいケース

スマホを機種変更したら、ケースも新しく。

こちらの通販サイトには、渋い革製品からかわいいディズニー系まで、スマホケースがよりどりみどりです。

ストラップヤ

品のいいケースだと、毎日のテンションも上がります(^^)

まとめ

LINEのトーク履歴を、Androidの旧スマホから新スマホに引継ぎする方法を紹介しました。

細かい設定やファイルの位置は気にせず、単純に作業すれば、トーク履歴が引き継げることが分かっていただけたことと思います。

Androidスマホの買い替えの際には、ぜひお試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索